コラム

 公開日: 2012-08-22  最終更新日: 2012-08-24

3・この業界っておかしくない?

 そんな気持ちで始めたこの建築士事務所ですが、お客様をサポートする設計のプロとしてこの住宅建設業界にある多くの工務店やハウスメーカーの仕事を見ていると、

「こんなことしていいの!?」
「これっておかしい!」

と思うことばかり。

本当にこの世界でやっていて良いのだろうか?
自分も同じようなことをやっていると見られているのだろうか?

と、本気で悩んだこともしばしばありました。


私も住宅建設の世界に属している1人なので、あまり同業者や関係者の悪口を言いたくはありません。
しかし、多くの工務店やメーカーは嘘を平気でお客様に言っている。
そして、その嘘のしわ寄せを、結局はお客様がかぶっている場面に出くわすと、悲痛な気持ちになるのです。


工務店やハウスメーカーが言う嘘の代表的なものは以下の2つでしょう。

 
ハウスメーカーの嘘  ―自由設計?

 ハウスメーカーは今やどこも“自由設計”をうたっています。
 おそらくどのメーカーの営業担当者に聞いても「うちは自由設計です!」と自信満々に答えるでしょう。
 しかし、ハウスメーカーの言う自由は、自分達が決めた範囲内での自由です。既成のプランが先にあり、それを少しだけ手を加えるだけです。お客様の要望を聞いて最初からプランを自由に作るわけではありません。
 お客様の多くは、自由設計という言葉をそのまま信じ「自分達の要望に合わせた設計をしてくれる」と思います。
 しかし、実際に出てくるプランはお客様の要望を無理矢理に自分たちの都合に押し込めただけのものでしかなく、そこで失望されてハウスメーカーに依頼されない方も多いのも事実です。

 中には「大手だから大丈夫」と自分を納得させて家をつくられる方もいらっしゃいますが、住めば住むほど「本当はこうしたかった」という気持ちがつのるばかり。そんな時、友人達から「大手じゃなくてもちゃんとしたところに頼めば本当の自由設計でやってくれるのに」と言われ怒りが爆発!
 大げさではなく、本当にそういう方がいらっしゃるのです。

 ハウスメーカーは同じような規格の家を沢山作るからこそ、値段を安く出来るのです。
 だから、本当に自由な設計は望めません。
 だからと言ってそれを知らずに自由設計という言葉に騙されるお客様がいても、その人が悪いとは絶対言えません。

本当のことをちゃんと伝えないハウスメーカーの責任だと思います。


工務店の嘘  ―坪単価が安い?
 
 時々、VANXでプランニングされようとするお客様から「坪単価でどれほどの値段になりそうですか?」と聞かれることがあります。
 おそらく他の工務店、特にFC展開しているようなローコスト系の工務店が出している広告などをごらんになって坪単価を値段の目安に考えられようとしているのだと察しますが
「50万~60万の間です」
と言うと、明らかに「高すぎる」という表情をされる方が結構いらっしゃいます。

 確かに広告などで坪単価30万円前後の値段を出して“安くて良い家”をウリにしている工務店は多いのですが、実はこのような工務店が出す坪単価には嘘があることをご存知の方は少ないでしょう。

 通常、私達のような設計事務所が出す坪単価は、総工事費を延べ床面積で割ったものをお出しします。工事全体にかかる金額を割ったものと理解してくださって良いです。
 
しかし、工務店が広告で打つ坪単価は建築本体合計を施工床面積で割ったもので、簡単に言えば、家本体を作るのにかかる費用以外のものを抜いた金額を割って坪単価として表示しているのです。

 例えば杭工事・エアコン工事・照明器具代金・屋外給排水などの費用を抜いているので、安くなるのは当たり前です。

 VANXが以前設計した総工事費1480万円、坪単価52万円の家の価格をもとに、工務店と同じ算出方法で工務店基準の坪単価を出すと34.8万円という数字が出たことがあります。
 
 そのことをある工務店の経営者に話したところ

「数字の定義の違いじゃないか。別に嘘を言っているわけじゃない。悔しかったら同じ定義で数字を出せばいいじゃないか」

 と言われたことすらあります。

 なんてこった…、です。
 
 家つくりにかかる費用で本当に大事なのは、総額でいくらかかるか?です。
 一部分でいくらかかるか?ではありません。

数字の定義を知らないことを良いことにお客さんを言いくるめて、家が安く出来ると期待させながら、実際にかかる金額はそれほど安くない。

そして、だから満足出来る内容かと言えば、そういう工務店の設計はやはり自分達の都合を優先するものばかり。使う建築素材も既製品ばかり。そして美しいとは言えない。

お客様は素人ですから「プロに任せよう」と判断されても、実際に出来た家を見て「思ったものと違う」と愕然とする。

そんな話は、この業界では日常茶飯事のように転がっています。

そして、「ここが思ったのと違うから直して」と言っても「そこは契約後の変更になるので追加料金をいただきます」と言われる。


「それでいいのか!!」


それで良いとは絶対思えません。
しかし、こういうことが横行しているのが、今の住宅建設の世界なのも事実です。


もしかすると、ここで書いたことを「大げさな」と思われるかもしれません。

しかし、ある調査会社が行ったアンケートで、家を建てた人に「もう一度家をたてるとしたら、現在の家を建てたメーカー、工務店に建ててもらいますか?」という質問に8割の人がNOと答えたという事実があります。

つまり、8割の人が自分達の家つくりに満足出来なかったということなのです。
そしてその人たちは今も我慢しながらその家で生活することを余儀なくされている。

その我慢は、私が子供の頃に経験した嫌な思いと重なる気がするのは、私の感傷でしょうか?


いや、そうではないと思います。


家つくりは一生に一度の大仕事です。
だからこそ、家族全員が「こんな家に住みたい」と思う気持ちを大切にして家を作り、建てた後も家の作りの悪さに我慢することなく、快適に暮らしていただく。

そして、そんなお客様が満足していただける家つくりを心がける。

少なくともVANX一級建築所は、それを基本として、お客様が家つくりにがまんすることなく、そして何よりも住んでいて気持ちが良いと言える美しい家を作るお手伝いをする。

そのような気持ちで、仕事をさせていただいているのです。


「だからこそ私はお客様の100%味方になる」


それが、私・小川修市の決意なのです。

http://www.vanx.jp/

この記事を書いたプロ

ヴァンクス一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 小川修市

岡山県岡山市中区江並428-6 [地図]
TEL:086-276-9320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
小川修市さん

家づくりは施主のもの~家族の思いに100%味方する一級建築士(1/3)

 岡山県三大河川のひとつ、旭川の水がゆったりと瀬戸内海へ注ぐ河口地帯。岡山港の見える場所に、小川さんの設計した木造2階建ての自宅兼事務所があります。木のドアを開けて一歩入ると、そこはふんわりと木の香りがただよう応接スペース。天井にはパイン材...

小川修市プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

事務所名 : ヴァンクス一級建築士事務所
住所 : 岡山県岡山市中区江並428-6 [地図]
TEL : 086-276-9320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-9320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小川修市(おがわしゅういち)

ヴァンクス一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
プラン(間取り) セカンドオピニオンサービス

プラン(間取り)のセカンドオピニオン 「この間取りが本当に一番いいの?」 「私たちの思っているような家には...

6・さいごに ~家つくりに成功するために秘訣

家つくりを始められた人は、いきなり情報の海に投げ出されたような感覚になる人も多いと思います。  そして、...

5・美しい家のお値段

実際問題として、家作りを考え始めたときに一番気になるのがその家の値段の問題かもしれませんね。VANXのHPや、...

4・がまんしない家つくりのために

 しかし、「お客様の100%味方になる」と言っても、そのために具体的に何をしているか?を書かなければ、おそらく...

2・庶民の建築家の誕生

「なんで大工さんは、住む人の気持ちを考えて家を作ってくれないんだ!」そう思ったのは私が小学校に入るか入ら...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ