コラム

 公開日: 2015-07-04  最終更新日: 2016-06-08

無垢材に米糠油ワックスでリフォーム

倉敷市 黒川浩行

 無垢材へのオイル塗装・ワックスの選定は慎重にしたほうがよい。何年後とかにメンテナンスが必要になり、施工が大変になればプロの職人にお願いしなくてはならず、結構なお金が掛かる場合があります。私、黒川浩行の自宅も杉材の無垢のフローリングで築16年経過しています。ところどころ摩耗で塗ったオイルがはげ、むき出しになった木肌が汚れてみっともない状態で、もうそろそろどうにかしなくてはなりません。

 本来であれば5年ごとにメンテナンスが必要なのですが、5年ごとに結構な金額がかかるのではなかなかできない。したがって無垢材のフローリングは他人にはお勧めできませんでした。しかし、無垢材の良さは十分わかっています。メンテナンスが簡単であれば、お勧めしたい素材です。

 無垢材の良さを残した保護剤にはオイル(塗料の様なもの)とワックス(これも自然素材から抽出したもの)がありますが、、オイルは一度施工して、その上から他のオイルやワックスも塗布が可能ですが、ワックス系は一度塗布したら、ワックスしか使えません。オイルは定着しなくなります。

米糠油ワックス

 マイベストプロ神戸の高岡さんから自身の会社の製品、無垢材のフローリングには米糠油ワックスを塗っておられるとお聞きしました。ご自身の自宅で4年が経過しているが、多少の日焼け以外は新設時とかわりなく、メンテナンスは楽だとのこと。それで米糠油ワックスについて調べてみました。


 日本キヌカ株式会社を参考にさせてもらいました。上記写真のように小さいお子さんがいても安心の天然素材です。米糠ワックス塗布後も、白木っぽく自然な仕上がりで、ワックスですから施工が簡単で素人の主婦でも塗れます。オイルの場合は若干黄色ぽくなります。ワックス系は塗膜はつくりません、オイル系の場合は自然素材ですが、西洋で開発され、土足に耐えるようにようにワックス系より強力で油分が強く素人でもやってやれないことないが、プロの職人に任せたほうが無難です。

 以前、飛騨高山の民家に行ったとき、昔は男衆が糠袋で柱や梁、廊下を磨いたと聞きました。飴色になった木目が印象的でした。米糠の油分を無垢材にすり込んでいたのです。昔から使われていた材料なので安心です。定期的にメンテナンスさえおこなえば無垢材の良さは維持できそうです。日本産の杉やひのきに塗るのであれば、お米からできる米糠ワックスが最適と考えられます。

メンテナンス
1年から1年半で全面塗り直し、素人でもでき、普通のワックスと同じように普段のお手入れのような感覚です。
表面に塗膜を形成しないので普段のお手入れはカラぶきで水ぶきはできません。
無臭で塗った直後でも匂いは残りません。
自然発火の危険性がゼロなので塗布後のウエスなどの処理がらく。(オイルの場合塗布に使ったウエスなどはバケツに水を入れ、その中に保管しておかないと発火の危険性があります。)

メンテナンスはラクなようです。少なくとも私の自宅のようなことはないようです。
 仮にワックスがはげ、無垢材がむき出しになっても安価な材料で素人でも塗れる材料なのですぐに補修すれば無垢材が、汚れた後でペーパーをかけたりの大変な作業しなくてすみます。常時米糠ワックスを保管しておくと安心です。冬場の低温時でも米糠ワックスは固まることがないので安心です。オイル系よりもワックスのほうが白木に近い仕上がりなので白木好みの人にはお勧めです。


============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================
 

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キャンペーン商品の案内・リクシル バスルーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補助の制度...

[ リフォーム ]

既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

遮熱シート-断熱リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 遮熱シートは輻射熱をカット  熱の伝わり方で不思議に思うことがありました。太陽か...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ