コラム

 公開日: 2015-06-19  最終更新日: 2016-06-08

要介護になるきっかけは骨折と脳卒中が多い、脳卒中にリフォームで備える

倉敷市 黒川浩行

 要介護のきっかけになることが多い、骨折と脳卒中のうち、前回コラムで骨折をコラム投稿したので今回は、脳卒中に住まいで備えるを投稿します。

脳卒中

 脳卒中は高齢期に多い疾病です。要介護のきっかけとなる要因として1位にもなっています。全国に約137万人の患者がいるといわれています。

●脳卒中は高齢期に発症しやすくなります。

脳の血管がつまったり、やぶれるなどして起こる脳血管疾患のうち、急性で現れるものを総じて脳卒中といいます。男女差はあまりなく、高齢期に多く発病します。症状はさまざまですが、一命をとりとめても発症する場所によっては、意識障害、運動マヒなどの後遺症が残ることがあります。
●脳卒中とは、脳梗塞と脳出血(脳内出血、くも膜下出血)
 原因は動脈硬化
●後遺症内容や程度により、介護度はさまざまです。

脳卒中の予防と対処-脳卒中を住まいリフォームで備える

 一般的な対策
・脳卒中の原因の動脈硬化を改善する。
 以前は動脈硬化は改善できないと考えられてきましたが最近の研究で血管は若返り、動脈硬化は改善できることがわかってきました。食事と運動で改善できます。
■食事は野菜を多くし肉類を減らす。野菜を先に食べ、魚、肉、ご飯の順番で食べる。
 ご飯のような炭水化物を先に食べると血糖値が急激に上がり、血管が傷つきやすくなります。
■日常生活で体を動かすことを心がけ、週5回は、1日20分以上続けて早歩きをす。
 ジョギング、水泳など有酸素運動をする。スクワットなどで太ももの筋肉を鍛える。
■日付が変わる前には布団に入り、7時間以上の睡眠が取れるようにする。
■ストレスを貯めない。
■禁煙し、過度の飲酒は避ける。
■適度の飲酒、特に日本酒は、善玉コレステロールを増やす、1日1合程度がよく飲み過ぎるとJカーブで急激に悪化する。

住居リフォームで予防
・各部屋間での温度変化によるストレスを減らす。
■特に冬の浴室の床は冷えて寒く、素足で触れると脳に衝撃が走り、脳卒中を起こしやすいので、滑りにくく、冬場でもヒヤッしない床材を選定する。最近のユニットバスにはそうした床材を使った商品がある。また、在来工法の浴室の床材はセラミックタイルが多く、以前のユニットバスにはFRPの床が多い、これらの既存床の上から壊さず簡単に、短い工期でリフォーム可能な床材があります。

■トイレの便器は和式便器から体制の楽な洋式便器に変える。また、冬、トイレが冷えないように小型の電気ストーブなどをおく
■脱衣室も冬、裸になると冷えるので小型の電気ストーブなどを設置する。
■熱の移動の大きい窓の断熱性能を上げる。ペアガラス、2重サッシ(内窓)遮熱塗料を塗る
■外壁、屋根の断熱性能を上げる。
 寒い東北地方では脳卒中が多く、原因の一つが断熱不足の住まいにあると考え、「寒い冬でも暖かい住まい。そこに住む人の健康で快適な暮らし。何とかしてこの夢を実現したいという思いから、当社は1970年4月山形県東根市に生まれました。」というアイジー工業という金属サイディングメーカーもあります。断熱軽量サイディングを既存壁・屋根の上から施工できます。

 脳卒中が発病し、後遺症により要介護となってしまったときの住まいのリフォーム
・水まわりは寝室近くに設置する
・手すりはマヒしていない側に設置する。
・介助スペースや車いす動線スペースを確保する。
 (寝室から各水まわりへの動線を整備、扉への配慮)

============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

  

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

遮熱シート-断熱リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 遮熱シートは輻射熱をカット  熱の伝わり方で不思議に思うことがありました。太陽か...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

高断熱リフォームの順序等
イメージ

倉敷市  黒川浩行 省エネ高断熱高気密リフォームで快適度が上がる  高断熱に全ての部屋・部位をリフォ...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ