コラム

 公開日: 2015-05-21  最終更新日: 2016-07-25

耐震・制震・免震でリフォーム

倉敷市  黒川浩行

日本は地震が多い・・・耐震基準は変わる


 日本は地震の多い国で世界の地震の10%は日本で起こっています。中国地方には活火山がなく、岡山県は比較的、地震が少ない県ですが、阪神淡路大震災のように、思わぬところで地震が発生します。活断層は日本全国いたるところにあります。

 地震に強い建物になるよう建築基準法で耐震基準が定められていますが、1981年(昭和56年)6月1日 - 建築基準法施行令改正(新耐震) が行われ、2000年(平成12年)6月1日 - 建築基準法及び同施行令改正が行われています。最近の建物は地震に強いが以前の建物は現行法で建てられている建物ほど地震に強くないということです。

制震や免震も一般木造住宅でも採用されだした

 さらに最近は耐震だけでなく、制震や免震も一般木造住宅でも採用される例も出てきています。阪神淡路大震災では建物が倒壊しなくても、タンスや本棚が倒れてきて、ケガをしたり、亡くなった方や、さらに家具などの下敷きになりその後発生した火事により亡くなられた人もとても多かったという調査結果が発表されました。耐震で倒壊しなくても安全とは言えないのです。

 新築の場合は制震も免震も採用できますが、リフォームの場合は免震装置は、基礎と建物の間に取り付けるため非常に難しく採用はほとんど無理です。制震は壁の一部に制震装置を取り付けるのでリフォームでも採用できます。免震は地盤の揺れを建物に伝えない装置で制震は揺れを軽減させる装置です。それぞれメリットとデメリットがあります。

           
項目             制震           耐震            免震
ひとことでいうと   揺れを軽減する    地震の揺れに耐える    揺れを伝えない
建物の損傷        軽減        ダメージが残る可能性   大幅に軽減
家具などの転倒      軽減       転倒の可能性        大幅に軽減
コストの目安     50万~100万円                    250万~400万円
地盤の制約        ない            ない             ある 
繰り返しの余震   高い効果       効果が落ちる       震度4~5程度で作動

 地震に余震はつきもので、余震もかなり大きなものもあります。最近起きたネパールの大地震でも倒壊はしていないが亀裂の入った建物がその後の大きな余震で倒壊してしまったという報道がされていました。

 耐震は繰り返しの地震があるごとに強度が落ちます。制震は耐震に比べ建物へのダメージの蓄積が小さく、余震などの繰り返しの地震にも高い効果が期待できます。免震の場合は震度4~5程度以下の中小の地震では作動しないという欠点があり、また液状化をおこすような軟弱地盤には適していません。

 規模の小さい木造住宅では、耐震に制震をプラスした構造が選ばれやすいと思われます。制震はリフォームにも採用可能なので、地震に不安をお持ちの人はリフォーム時にぜひ検討して欲しい。

ページが長くなったので、次回のコラムに続きをUPいたします。

============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キャンペーン商品のご案内・リクシル システムキッチン・アレスタ
イメージ

倉敷市 ㈱ツナシマ 黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補...

[ リフォーム ]

キャンペーン商品の案内・リクシル バスルーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補助の制度...

[ リフォーム ]

既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ