コラム

 公開日: 2015-04-10  最終更新日: 2016-07-25

屋根裏を換気して夏の寝苦しさを緩和にリフォーム

倉敷市  黒川浩行

睡眠不足は生活習慣病の原因

地球温暖化やヒートアイランドで夏の夜は昔より寝苦しく感じます。年によって猛暑のときも冷夏のときもありますが、全体の流れは温暖化に向かっています。

私たちの脳はエネルギーの消費量が大きく、起きて活動している時には全身で使うエネルギーの約20%程度が脳で消費しています。この脳を休息させオーバーヒートさせないのが睡眠です。睡眠が悪いと脳が乱れ体調不良を起こします。睡眠不足は、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病と意外にも深い関係があります。また、うつ病の原因の一つとも言われています。

睡眠は、体温が下がることで眠くなり熟睡できます。ところが、季節の変わり目は体温調整ができにくく、特に梅雨明前後は急激に気温が上がることがあり、体温調整ができず寝苦しくなかなか寝付けず、寝つけても暑さで睡眠途中で目が覚めてししまうことがよくあります。不眠症になるのはこの時期が一番多いそうです。

睡眠中にコップ一杯程度の汗をかくといわれていますが、体温調整のために汗はかきます。汗をかいて体温を下げようとしているのです。

真夏の夜は体温が下がりにくく、たいへん寝苦しくなります。寝苦しいのでエアコンをつけたりしますが、風が当たりかえって体調を崩したり、睡眠の途中でエアコンが切れると目が覚めたり、朝方の冷えで風邪をひいたりもします。また、エアコンは消費電力が大きく電気代が高くつきます。省エネで温度を下げる必要があります。
猛暑の夜でも寝やすい工夫をして睡眠を確保することが、健康維持につながります。

屋根裏換気で室温を下げ猛暑の夜の寝苦しさを緩和

私の自宅では屋根裏に換気扇を取り付けて部屋の高い部分の熱気と屋根裏にこもった熱気を換気しています。屋根裏にこもった熱気は輻射熱になって室温を上げ寝苦しさを増大させます。この熱気を強制換気でとってしまえば寝苦しさは和らぎます。実はこの屋根裏の熱気の輻射熱は夜になって外気温が下がっても室温を下げない大きな原因となります。室内よりも外のほうが涼しいということが起こります。

屋根面の直下に強力な断熱材を入れて外断熱としていますが、日中の外気温以下になることはありえず、いくら断熱材を入れても外気温の影響は受け、屋根裏は密閉空間で空気の移動がなければ、温度が上がり熱気がこもります。断熱材が入っていなければ凄まじい温度になります。

通常、天井の直上に断熱材をいれて屋根裏に換気口をつけるケースが多いのですがこの場合でも、屋根裏に熱はこもり断熱材の厚み・性能・機密にもよりますが輻射熱となり、室温を上昇させ夜を寝苦しくします。また、部屋の高い位置は熱が溜まりやすく不快の原因になります。屋根裏換気を行えば室内と屋根裏を両方とも換気できるので寝苦しさは和らぎます。

屋根裏に換気扇を設置してタイマーをつけて外気温が下がる夜は昼間に溜まった熱気を追い出し、温度の下がった外気を屋根裏に送り込み輻射熱を取り除きます。寝苦しさが緩和させます。エアコンほど劇的に温度は下がりませんが、それでもかなり緩和されます。
 屋根裏に取り付けた換気扇
 天井に取り付けた吸気口
 壁の高い位置に取り付けた吸気口

============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キャンペーン商品のご案内・リクシル システムキッチン・アレスタ
イメージ

倉敷市 ㈱ツナシマ 黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補...

[ リフォーム ]

キャンペーン商品の案内・リクシル バスルーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補助の制度...

[ リフォーム ]

既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ