コラム

 公開日: 2015-03-27  最終更新日: 2016-07-25

高齢になる前にバリアフリーのリフォームを考えよう

倉敷市  黒川浩行

歳をとると誰しも身体は衰える。

秦の始皇帝をはじめ、過去の偉人達が不老不死を試みましたが、秦の始皇帝などは水銀を飲んだといいますから、科学が進んだ今の時代からすると「なんてバカなことをするんだ。そんなことをすると早死してしまう。」ということになりますが、人間は誰しも歳をとり、身体が衰え死んでしまいます。
歳をとっても筋トレで鍛えているから大丈夫だという方は別ですが、一般には高齢になり、筋肉が落ちてくるとちょっとした段差でつまずいたり、足元が不安で手摺につかまりたくなります。うっかり、つまずいて転び骨折し、寝たきりなることもよく聞きます。
寝たきりになったのではたいがいの場合、残りの人生がつまりません。本人も辛いし、周りも大変です。筋肉量は80歳代では30歳代の頃の60%程度に減少してしまいます。高齢でも筋肉を鍛えることは非常に意味があります。筋肉量が多いと免疫力はUPし、血糖値を下げて糖尿病などの生活習慣病の予防になります。
とは言っても、高齢で筋肉量を増やすのはたいへんです。転ばぬ先のバリアフリーリフォームを考えてみるのはいかがでしょうか。私などもそうですが、普段は歳をとってもそれほど体力が落ちたようには思いませんが、しかし、身体は確実に歳をとっていることを時々感じます。仕事が忙しくなければほぼ毎日プールで1000m程度泳いでいますが、去年までなかった花粉症が今年は発症したり、よく風邪をひくようになりました。それ相応に歳をとっています。

住宅改修の補助金はあるが要介護や要支援の認定が必要

都道府県の各市町村では要介護1~5、要支援1~2の心身の機能がが低下した高齢者が住宅を安全に使いやすくするため、もしくは介護者の負担を軽減するために行う住宅改修工事の補助を行っています。
補助内容は工事費用20万円を限度に9割分(18万円まで)が補助金となり、払い戻されます。

補助金を最大に使っても18万円ですから、この金額では廊下と各部屋に段差がある場合などは、段差をなくし、バリアフリーにすることはできません。トイレなども 和式便器から様式便器へ取り替えるのは対象になりますが、既存の様式便器への暖房便座や洗浄機能のみを目的とした変更、非水洗式和式便器から水洗式様式便器への変更に伴う水洗化の費用は対象外です。それにこの制度では、要介護や要支援の認定が必要になります。つまり、身体が相当劣ろいてからの補助金制度というこになります。

転ばぬ先のバリアフリー・・・在宅介護が重要視

国の財政は逼迫しています。今後、在宅介護が重要視され、そもそも病気にならないように予防医学も重要視されます。住宅も同じことで予防が重要になります。要介護や要支援を受けなくても健康に暮らせるようにしたいものです。

要介護や要支援の認定を受けなければならないくらい、体力が落ちる前に、身体を鍛えたり、転ばぬ先のバリアフリーリフォームをお勧めします。残りの人生を健康で過ごしましょう。長生きしても楽しくなければ意味がありません。
高齢になると家で過ごす時間が多くなります。リタイヤ後であれば一日中家に居ることも多くなります。安全で気に入った空間で過ごしたいものです。身体的に負担の多い和室を趣味の部屋や洋室にリフォームするのも気分が上がっていいかもしれません。

次回はバリアフリーについて具体的な事例をコラム投稿します。
============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

遮熱シート-断熱リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 遮熱シートは輻射熱をカット  熱の伝わり方で不思議に思うことがありました。太陽か...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

高断熱リフォームの順序等
イメージ

倉敷市  黒川浩行 省エネ高断熱高気密リフォームで快適度が上がる  高断熱に全ての部屋・部位をリフォ...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

マンションの窓も単一ガラスから複層ガラスに簡単リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 マンションなどに使われている窓のガラスは高層の建物になることが多く、低層の木造用窓...

[ 窓のリフォームで省エネ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ