コラム

 公開日: 2015-03-17  最終更新日: 2016-07-25

「エアコンのいらない家」の仕組み・・・窓 【日射対策】

倉敷市  黒川浩行

「エアコンのいらない家」の仕組みは、夏は効率的に日差しをさえぎり、風を呼び込み、湿気をにがす。冬は太陽の熱を取り込んで室内を暖かくする。ということになりますが、前提条件があり、高断熱高気密で窓は高性能ガラスが必要となります。今回は窓の日射対策についてコラムを投稿します。
  著者:山田浩幸 「エアコンのいらない家」より抜粋引用

冬を旨とすべし

窓と日射の関係は、夏と冬で分けて考える必要があります。夏は、室内に侵入しようとする太陽の放射どう防ぐか、冬は、室内を暖めてくれる太陽の放射をどれだけ取り込めるかがポイントです。各々を具体化するのが窓の位置・サイズと庇の出寸法。昔の家屋は「夏を旨とすべし」で軒を深くしていましたが、建築技術の発達した現在は、夏より冬を基準に考えたほうが快適を効果的に手に入れられます。

冬の窓 > 夏の窓

建物南側にスペースを確保し、日差しが取り込みやすい屋根を掛けたら、さっそく南面に大きな窓を設けましょう。10月~3月の寒い時期に太陽の放射を積極的に取り込む窓です。

◆南面の軒や庇は出し過ぎない
南面の窓で重要なのが軒や庇の出寸法です。夏の日射カットを目的に大きく出し過ぎると、大切な冬の日差しが取り込めなくなってしまいます。

◆庇の最適寸法
庇の出寸法は「開口面の高さ×0.3」が目安です。これは夏至(6月22日ごる)の前後1ヶ月半の日射をカットする寸法です。庇だけでは切れない8~9月中旬の日差しは、スダレやヨシズなどを併用して対策とします。窓が大きければ大きいほど、夏の日差しカットが大切になります。

東西の窓も冬を基準に

では、東西の窓はどうするか?「夏は西日が強いから、なるべく西面の窓は小さくするとよいのでは?」これは一理あります。けれど、東西の窓も南の窓と同様、冬の日差しを取り込むという発想で取付るtよいのです。
東西の窓にはスダレやヨシズ、高性能のガラスがなければ日射はカットできません。これは必須の対策です。
◆可能なら南側に
夏の対策はOK。では冬は?10月~3月の寒い時期に東西の窓から日差しを取り込むには、なるべく日が入りやすい位置に窓を設けることです。「できるだけ南側に」

方角別のガラス選び

窓は「エアコンのいらない家」の要ですから、窓ガラスにはなるべく性能のよいものを使います。高性能ガラスの代表といえば「Low-Eガラス」低放射でガラス表面に施された特殊な金属コーティングが放射に対する反射率を高めるのです。

◆東西と南北で使い分け
Low-Eガラスには、断熱性の高い「高断熱タイプ」と、さらに遮熱性能も付加された「遮熱高断熱タイプ」の2種類があります。これらは方角別に使いわけます。

次回は「エアコンのいらない家」の仕組み・・・窓 【通風対策]を投稿します。
============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キャンペーン商品の案内・リクシル バスルーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。同様に岡山県、岡山市にも補助の制度...

[ リフォーム ]

既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

遮熱シート-断熱リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 遮熱シートは輻射熱をカット  熱の伝わり方で不思議に思うことがありました。太陽か...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ