コラム

 公開日: 2016-07-27 

リノベーションとリフォームの違い

倉敷市  黒川浩行

 「リノベーションとリフォームの違い」についての質問を先日受けました。リフォームは何となくわかるが、リノベーションとは、リフォームする規模が大きくなるという意味かと尋ねられたのです。

 一般的には、だいたいそのように解釈されることが多いが、『Wikipedia』では次のような記述がありました。
リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。


 今の日本には、相続や住み替えによって複数の家を所有して空家が増えています。その空家が危険であるなどの理由で社会問題化してきています。そこで空家をもっと活用しようということになってきていますが、そこでリノベーションということになるのですが、日本人は新しいものが好きで中古住宅を買ってリノベーションしようとはなかなか考えないのが現状のようです。中古住宅でも立地がよく最近のものは売れるが、古い住宅はなかなか売れない。

 中古住宅でも木造住宅では20年もたてば、建物の価値は0で土地代だけというのが現実ですが、アメリカやヨーロッパでは事情が違います。彼らの家は長く住み続けられ100年ぐらい寿命あるのですが、日本では30年ほどしか寿命がありません。アメリカなどでは住みやすいように改造された中古住宅の方が新築より高いこともあるといいますが日本ではありえません。

リノベーションは新築より価格的にメリットがある。


 リノベーションが普及しないのには地震国で法律がよく変わることやタタミの和室から洋間の椅子での生活に家の作りが変わったことなども影響しているようですが、リノベーションには価格的な優位性があります。


 既存の住宅を取り壊し新築住宅を建てたときの工事費を100%とすると、取り壊すのではなく、基礎、柱と梁のみを残し現行の建築基準法に合うように構造補強、耐震補強を行い、時代に合った新たなプランで内外装とも再構築するリノベーションだと新築工事のだいたい70%ぐらいの工事金額でほぼ新築同様に見えます。

 間取りプランの自由度もやや大きく、既存住宅の改良点も把握しやすく、住みやすいように改造することが出来やすいメリットもあります。

 また、既存をいかしながら耐震補強を行い時代に合ったデザインで大規模なリフォームを行っても新築にわりと近く見え、新築工事と比べて50~60%程度の工事費で可能となります。

 人気TV番組 劇的ビフォーアフター なども放送されファンも多く、リノベーションに理解も増えてきています。

============================================
株式会社 ツナシマ
岡山県倉敷市笹沖362-52    TEL : 086-422-8238
倉敷市リフォーム-元気で長生きできそうな気分が上る家作り
マイベストプロ 黒川 浩行
東京の設計事務所勤務を経て、個人事務所を設立。その間「スカイプラザ町田」や湯郷温泉「錦園」をはじめ、ホテルや個人住宅の設計を手掛ける。西日本放送の「アイラブ土曜日」に設計監理の2つの住宅が放送された。
現在㈱ツナシマでリフォームを中心に民間建築を担当
一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級
============================================

この記事を書いたプロ

株式会社ツナシマ [ホームページ]

一級建築士 黒川浩行

岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL:086-422-8238

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
黒川浩行 くろかわひろゆき

住宅リフォームを通じて、第2・第3の人生を豊かに(1/3)

 核家族化の進む日本は、家族を持つと住宅を新築し、誰も住まなくなった親の家は取り壊され、そこにまた新しい家が建てられるー。そんなサイクルにより、世界一優秀といわれる日本の大工職人が建てた家ですら、平均寿命は30年程度。100年が当たり前とい...

黒川浩行プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

健やかな人生を支える、リフォームで健やかな家づくりをご提案。

会社名 : 株式会社ツナシマ
住所 : 岡山県倉敷市笹沖362-52 [地図]
TEL : 086-422-8238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-422-8238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川浩行(くろかわひろゆき)

株式会社ツナシマ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
既存住宅の購入、エコ住宅への建替えの国の補助
イメージ

倉敷市  黒川浩行 株式会社ツナシマはエコリフォーム補助にあわせて水回りのキャンペーンを行いますが、...

[ リフォーム ]

国のエコリフォーム補助金のお知らせ
イメージ

倉敷市  株式会社ツナシマ  黒川浩行 国がエコリフォームに対して補助してくれます。背景にはCO2の削...

[ リフォーム ]

タイル外壁の改修メンテナンスリフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 外壁タイルの剥離脱落  外壁タイルの剥離脱落などはめったにおこらず、あっても1枚...

[ タイル外壁のメンテナンス ]

遮熱シート-断熱リフォーム
イメージ

倉敷市  黒川浩行 遮熱シートは輻射熱をカット  熱の伝わり方で不思議に思うことがありました。太陽か...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

高断熱リフォームの順序等
イメージ

倉敷市  黒川浩行 省エネ高断熱高気密リフォームで快適度が上がる  高断熱に全ての部屋・部位をリフォ...

[ 高断熱高気密にリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ