コラム

 公開日: 2014-12-23  最終更新日: 2014-12-24

認知症患者の入れ歯新製について

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



訪問歯科診療を行っていると、入れ歯の作製の依頼をよく受けます。

勿論患者さんやご家族の方とよく相談させていただいて、
入れ歯作製に着手するのですが、どうしても上手くいかないケースに遭遇します。

それは認知症の患者さんです。

例えば全くご本人の協力が得られないケースです。

口を開けてくれない人、
逆に口を開けたままで閉じようとしない人、
噛む顎の動きが一定でなく何処で噛んでいいかわからない人、
話しが通じない人、
入れ歯を投げたり行動が不安定な人
などです。

全てがそうではありませんが、何とか入れ歯を作製しても、
使用出来ないケースも経験しました。

この状態では入れ歯作製は無理と判断した場合、
ご家族や施設の職員の方には申し訳ないのですが、
入れ歯作製を中断することもあります。

なかには少数ですが、入れ歯を作って、認知症の方がしっかりしてきたケースもありました。

入れ歯作りは型を取ったり、噛み合わせを取ったりなどの手の抜けない段階がありますので、
どの位置が認知症の患者さんの噛み合わせか判断に迷うこともあります。

入れ歯を使うにも患者さんの体力と入れ歯に対する.理解力、が必要とされます。

その点が認知症患者の入れ歯新製の判断の基準となると思います。

そこでまず今までの入れ歯があると、その入れ歯を修理されて使用することをお勧めします。

一度に入れ歯を新製されても、使っていただけないことが、
程度にもよりますが、認知症の患者さんには多いようです。

お困りの方は当医院までご相談ください。

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

入れ歯で困っていましたが、何でも気持ちよく相談できました

右上の奥歯を1本抜いてから、食事が食べにくくなりました。 ...

Y・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

舌苔(舌の汚れ)について
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。舌の清掃についてご質...

[ 口臭 ]

加齢による口の.中の変化
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。患者さんがよくおっし...

[ 健康 ]

口呼吸は健康の大敵!あなたは大丈夫?
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。朝晩と寒さが感じられ...

[ 健康 ]

食事があなたの体を守ります
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。食べ物が体を作る当た...

[ 介護 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ