コラム

 公開日: 2014-08-05 

歯ぎしりの治療は歯科医院で!

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



「歯を噛むと痛い」と訴えられる患者さんがよくいらっしゃいます。

歯を診察しても、レントゲン診査をしても、むし歯や歯周病もありません。

しかし歯の摩耗が観察されますので、
やはり「歯ぎしり」、「歯の食いしばり」が原因と考えられます。

歯ぎしりは夜睡眠時によく見られるものですが、歯の摩耗が大きな問題です。

歯周病になっている場合は、歯がグラグラ動く事で、進行に拍車が掛かります。

顎の負担が大きく、顎関節症になることも指摘されています。

勿論日中の歯の食いしばり(歯のコンタクト)の時間や強さが長く多ければ、
一日中強い力が歯に架かり、歯の悲鳴が聞こえてくるようです。

このままでは、歯が欠けるか、割るか、歯が動き出すか、いずれかで早くやめて頂く事が、
体のために一番良い方法ですね。

何れにしても放置するのは良くありません。

その時に対象療法的ですが、歯ぎしりを防ぐためのマウスピースをお勧めします。

ボクサーが試合中につけているものに近いもので、
上の歯につける事で上下の歯の接触を防いで、音が出ないようにします。

勿論健康保険が利用できます。

歯ぎしりや歯の食いしばりの原因はストレスとよく言われますが、
やはり日中は歯を合わせない様にして、
また睡眠中はマウスピースを使用することで歯の負担を軽減して、
嫌な歯ぎしりの音をなくしましょう。

ご相談は当歯科医院までご連絡下さい。

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

父に総入れ歯を作ってもらいました

総入れ歯の83歳の父のことで津谷先生に相談し、新しく入れ歯...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

入れ歯のご相談お受け致します
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。いつもコラムをご覧頂...

[ 入れ歯相談 ]

金属床義歯の大きなメリットは従来のプラスチックの入れ歯を超えます
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。歯が喪失した後のスペ...

[ 入れ歯 ]

噛んで痛い入れ歯の入れ歯サイドの原因は?
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。入れ歯を入れて噛むと...

[ 入れ歯相談 ]

イビキの音 騒音についてお悩みの方へ
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。人は疲れると、またア...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ