コラム

 公開日: 2014-04-15  最終更新日: 2014-07-03

奥歯の1本から2本の欠損の入れ歯の気になる点

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。

患者さんの口の中の欠損部位を見ていると、
右上下の臼歯の1本から2本の欠損が以外と多いのに気がつきます。

勿論、個人によって反対側であったりするのですが、
当医院では何時も右上下の人工歯が早く無くなるため、そのように感じます。

少数歯欠損の場合はまだ口の中に多くの歯が残っているため、
できるだけコンパクトで、薄い入れ歯が、
患者さんにとって使い易い入れ歯と感じると思います。

実際お使い頂いている患者さんに伺うと、
「入れ歯の部分(プラスチック)の厚みが気になって、話にくかったり、舌が触ったりして嫌だった」
このようなご意見を聞くことがあります。

ではその入れ歯の気になる点を改善するには、やはり入れ歯の材質を変えて頂く事が一番です。



当医院でお勧めしている「カチッと入れ歯」の金属床タイプですと気になる金属製のバネも見えませんし、
入れ歯の裏側がかなり小さく薄く作られており、随分話易く感じていただけると思います。

勿論入れ歯は欠損部位が多くなると、当然入れ歯も大きくなり、
口の中を入れ歯で占める面積も増えてきます。

その点金属床タイプですと、プラスチック製に比べて入れ歯の厚みの薄さだけでなく、強度もあり、
口の中が広く感じて、食べやすく、話しやすい入れ歯となります。

入れ歯でお困りの方は津谷歯科医院まで、お電話にてご予約の上ご来院下さい。

入れ歯のご相談だけでもお受け致します。



この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

歯が無くなって始めて歯の有り難みが分かりました。

昨年、右上の前歯を折ってしまい、歯を1本抜きました。 口...

S・T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

通院出来ない方のための訪問歯科診療
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。当医院の毎日の患者さ...

[ 訪問歯科診療 ]

入れ歯の痛みの原因は?
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。入れ歯の痛みを訴える...

[ 入れ歯相談 ]

噛んで痛い方のための新しいタイプの部分入れ歯 「やわらかい部分入れ歯金属床タイプ」ができました。
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「やわらい入...

[ やわらかい入れ歯 ]

食べたい物を食べれる幸せ (歯科医師の使命とは)
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。突然の病気によってこ...

[ 健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ