コラム

 公開日: 2012-01-10  最終更新日: 2014-07-03

歯科医としての一生のテーマ


皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。

入れ歯では硬いものが食べられない。どうしてでしょうか?

それは歯ぐきが、食べ物を受け止める(噛み千切る、磨り潰す)負担力がなくなって、痛くて食べられないのです。

入れ歯には約10㎏の力がかかると言われています。

人間の奥歯では60㎏ですが、約その六分の一の力でさえ歯ぐきは受け止められなくなってしまっているのです。

私事ですが、今から34年前私は歯科大学を卒業して、大学の小児歯科学教室に残っていました。

丁度友人のH先生が、入れ歯の神様と言われた銀座コアビルの河邊清治先生の診療所に勤務し始めました。

普通だったら、河邊先生はお会いすることさえ恐れ多い方ですが、友人のH君に無理を言って見学に何度か伺いました。

その時河邊清治先生の診療所では、当時先生が開発に携わったシリコーンで、「ネオスナガー」を歯ぐきや骨の状態の悪い方のために使用しておられました。

しかし今と比べると、物性が安定しないため、半年で劣化してしまいます。

でも当時は画期的なものでした。

それから、私も入れ歯で食べたい物も食べられない患者さんのために、
入れ歯にかかる咬合力を緩衝する材料を使用しての入れ歯作りが、歯科医としての一生のテーマとなりました。

今では材料も進歩し、遜色なく使用でき安心、安全な材料が使われています。

当医院での患者さんによると、8年以上使用されていても(患者さんの清掃、取り扱いにもよりますが)
良好の方もいらっしゃいます。

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「カチッと入れ歯」を作りました

前歯の入れ歯を作ったのですが、金属製のバネが口もとに目立...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

歯を抜けたままにしておくと、大変な事になります。早期の治療を受けて下さい!
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。もし皆さんの中で歯が...

[ 健康 ]

入れ歯作りの難しさについて
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。総入れ歯作りについて...

[ 入れ歯 ]

定期的な歯科メインテナンスこそ口腔内の健康のカギ
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。フッ素クリーニング(...

[ 歯のクリーニング ]

家庭でできる簡単ないびきの改善方法について!
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。いびきでお悩みの方は...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ