コラム

 公開日: 2011-11-15  最終更新日: 2014-07-03

餅による窒息事故に注意!

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。

だんだん寒くなってきましたが、風邪などひいてはいませんか?

あっという間に11月ですね。

そしてもうすぐ年の瀬です。



そして高齢者による餅などの食べ物の窒息事故が多い時期ですので、
食べ方や注意事項について、お知らせします。

そもそも餅などが詰まりやすいのは、唾液の分泌が減って口の中が乾燥しやすいことや、歯の喪失などが原因です。

また、口から食道を経て胃に食べ物を送る力も低下しているため、ノドに詰まりやすくなっています。

まず、食事による窒息を防ぐには

1) 食べ物をノドに詰まらせない大きさに切り、少量ずつゆっくりと良く噛んで食べる。

2) 水やお茶で口の中を湿らせ、水分を取りながら食べる。

3) 食べている最中に話しかけない。

4) 確実に目覚めてから食べる。

5) 歯や入れ歯を噛みやすい状態に治療したり、保ったりする。

またもしノドに食べ物が詰まった時は

1) 咳が出なければ、119蕃に通報をする。

2) 詰まった食べ物が口の中に溜まっているときは、ハンカチなどを巻いた指で口からかき出す。
その後背後から両手を回し、みぞうちの下を片手」でにぎり拳を作って、腹部を上に圧迫する。

などです。

でも、お年寄りは本当に餅が大好きです。

くれぐれも窒息などを起こさないように皆さん注意をしてください、 

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

歯が無くなって始めて歯の有り難みが分かりました。

昨年、右上の前歯を折ってしまい、歯を1本抜きました。 口...

S・T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

スリープスプリント治療が向いていない方とは
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。当医院では2001年より...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

津谷歯科は快適な入れ歯作りを目指して今年で34年経ちます。
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です先週の入れ歯の話の続きです...

[ 入れ歯相談 ]

こんな入れ歯しか作れないのですか?
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。津谷歯科医院を入れ歯...

[ 入れ歯相談 ]

入れ歯で食べられる事を目指して!
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「入れ歯は使うのはイ...

[ 入れ歯 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ