コラム

 公開日: 2017-12-05 

部分入れ歯に使われるクラスプについて

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



「入れ歯を入れていることが他の人にわからないようにしたい」
このようなご相談をよくお受けします。
特に部分入れ歯をご使用の患者さんの多くの方が思われている事なのでしょう。

その原因は金属製の口もとに光るクラスプという入れ歯の維持装置です。
かなり多くの歯科医院で使われているクラスプですが、
口もとの自然さ気にする現代の風潮にはやはり合っていないようです。

しかしこのクラスプは確かにメリット、デメリットがありますが、
保険の入れ歯や自費の入れ歯などで使用された長い歴史があるのも確かです。
当歯科医院でもクラスプ仕様の部分入れ歯が多いわけです。
(保険の入れ歯はクラスプ仕様となっています)

でも使いやすい、現代の患者さんの要求に合った入れ歯を考える時に、
また若い患者さんの生活スタイルを支えるための部分入れ歯の設計を考える時、
審美性を重要視せざるを得ません。
津谷歯科医院では、「カチッと入れ歯」「やわらかい部分入れ歯金属床タイプ」など
患者さんの希望と現状に合わせた部分入れ歯を提案させていただいております。

入れ歯でお悩みの方も多いのが現実ですが、
入れ歯は快適にお過ごしいただくための道具ですのでもちろん調整は欠かせません。
特に部分入れ歯は金属床仕様のものが、患者さんには馴染みやすいと思います。

審美性と快適性を大切に、
また残った歯に負担の少ない部分入れ歯をご提案させていただきたいと思います。
是非お悩みの方はご相談ください。

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

父に総入れ歯を作ってもらいました

総入れ歯の83歳の父のことで津谷先生に相談し、新しく入れ歯...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

入れ歯に付く黒い色(着色)について
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。あなたはどのように入...

[ 入れ歯のクリーニング ]

急激な歯の喪失には要注意!
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。口の中の残存歯数が少...

[ 定期健診 ]

歯石って何?
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。皆さん歯科医院で歯石...

[ 歯周病 ]

スリープスプリント使用の患者さんの声
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。当医院のスリープスプ...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ