コラム

 公開日: 2017-08-22 

入れ歯を作る限界を考えて

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



総入れ歯の方に「今食べたいものは何ですか?」と尋ねると、
「昔食べたぶ厚いステーキが食べたい」 ・・・・・・ 今の入れ歯では上手く食べられない
「硬い弾き豆をバリバリと音をさせて食べたい」 ・・・・・・ 元々硬いものが大好き
今の入れ歯はそこそこ食べられるが、もっと今の入れ歯で食べにくい物を食べたいと希望される方もいらつしゃいます。

もちろん噛みちぎりやすい人工歯や「やわらかい入れ歯」のようなクッションを使うことで、
ご希望の物も一般的に食べやすくなるとは思います。(健康保険外の治療となる)
でも人は高齢になると慣れるという順応性が落ちるものと思います。
それは患者さんの口腔内の問題(歯グキの退化や唾液の減少)や顎の動きの不確実さなど、
また認知症などである程度どうしようもないこともあるように思われます。

そのためか「90歳に近い方の入れ歯は作らない」という歯科医師もいるようです。
私は入れ歯がない場合は当然作るようにしますが、
やはり患者さんが果たして新しい入れ歯を使いこなす力があるかどうかを見極めるようにしています。

ご家族や介護されている方は入れ歯は作ると食べれるのが当たり前のように思われているようですが、
そんなことはありません。
そのため入れ歯を作っても、長期の調整期間と患者さんの体力も必要と考えています。

できればお元気の内にスペアーの入れ歯をお作り下さい。
もし体調が悪くなって、入れ歯の型が取れない場合でも、
スペアーの入れ歯の修理などで当座は食事を取ることが可能となります。

この記事を書いたプロ

津谷歯科医院 [ホームページ]

歯科医 津谷良

岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL:086-276-4911

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津谷良先生

「痛くない治療」を目指して、積極的に最適の技術を導入し続ける(1/3)

 お口の健康を維持する最善の方法は、「痛み」を感じてから治療に行くことではなく、日頃から専門家(歯科医)による定期検診や口腔内の清掃を受けておくこと。ただ、わかっていても雑事に追われて後回しになりがちです。もし「痛み」を感じてしまったら…、...

津谷良プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

美味しく食べられますか?痛くなく、快適な入れ歯を作ります。

医院名 : 津谷歯科医院
住所 : 岡山県岡山市中区海吉1807-14 [地図]
TEL : 086-276-4911

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-276-4911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

父に総入れ歯を作ってもらいました

総入れ歯の83歳の父のことで津谷先生に相談し、新しく入れ歯...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
下顎前歯の「カチッと入れ歯」のケース
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。「カチッと入れ歯」の特徴...

[ カチッと入れ歯 ]

スリープスプリント使用の患者さんの声
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。当医院のスリープスプ...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

スリープスプリントの使用のメリットの多さ
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。当医院でスリープスプ...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

家庭で出来るいびき改善方法について
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。今回は家庭で出来るい...

[ 睡眠時無呼吸症候群 ]

歯の抜歯の説明と同意の難しさとは
イメージ

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?津谷歯科医院 院長の津谷 良です。患者さんに歯の抜歯を...

[ むし歯 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ