>   >   >   >   >   >  不動産のトラブルいろいろ。

コラム一覧 :不動産のトラブルいろいろ。

1件~15件(116件)

過去の15件

その手付金、申込証拠金は認められるのか?

 認められない手付金?認められる申込証拠金? ●手付金(事例)宅地建物取引業者Aは、分譲地の現地売出の広告を行い、広告を見て来場したBさんに対し、熱心に分譲地の購入をすすめた。Bさんは「お金も用意していないし、しばらく検討したい」と申し出たが、手付金100万円のうち... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-12-07

抵当権付き物件の賃貸借と迷惑行為の立証方法

 原則的な考え方は? ●抵当権の実行所有権は売買や相続に限らず、抵当権が実行されて競売で買受人が不動産を買受けた場合にも、新所有者(買受人)に移転します。抵当権が実行された場合の借主と新所有者(買受人)との優劣は、抵当権設定登記と賃借権の取得との先後によって決まります。... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-12-05

顧客(消費者)の期待と不安

 宅地建物取引業者に対する期待と不安 ●期待と不安不動産は高額な買い物です。そして簡単に買換えたり、仕方ないと諦められるものではありません。また、不動産の中でも特に住宅は自身や家族の生活の大切な基盤ともいえます。そこで顧客は時間をかけて研究し、比較検討を繰り返し慎重... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-12-03

素敵な庭が気に入った! 借家、庭木の剪定や草取りは誰がする?

 貸主と借主 どちらの負担 ●特約にて負担者を定めることが重要です。借家の庭木剪定や消毒、除草は貸主・借主、どちらの負担?ごく希ですが、「借家の契約を解除したところ、原状回復費用の一部として、庭木の剪定費用と消毒、除草費用を請求された。」との話を聞くことがあります。... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-24

越境物 見えるもの 見えないもの

 擁壁の基礎の越境 ●越境物越境物は「隣地へ越境している場合」と「隣地から越境されている場合」があります。また、擁壁の基礎の一部等が地中の見えない部分で越境している場合もあります。(目に見えない越境物の発見、確認は困難です)不動産取引においては、引渡し時までに越... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-23

マンションの媒介 規約の確認 ペットのケース

 媒介時の規定確認は不可欠です 途中で飼育が可になることもよくあります ●事例買主のAさんは、媒介業者の仲介により、中古マンションを購入しました。買主Aさんは極端な犬嫌いであり、媒介業者に、「ペットの飼育が禁止されているマンション」を第一条件と伝えており安心して入居しまし... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-19

入居者の長期不在 行方不明  その対応

 長期不在と行方不明 ●長期不在入居者と行方不明入居者の対応は次の通りとなります。①長期不在の事前連絡義務賃貸借契約において、入居者が賃借建物を長期(1ヶ月以上)に不在する場合には、貸主に対して文書や口頭で通知することが定められているケースがあります。実はとても... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-18

オーナーチェンジ 考え方と借主の対応

 オーナーチェンジ ●所有者が変わる オーナーチェンジアパートが売却されて、その所有者がAからBになり、Bが新たな貸主になった場合、アパートの所有者であるBは、前所有者Aと借主との間で締結されている賃貸借契約に関する権利や義務の一切を承継することになります。つまり、... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-17

サブリース方式の管理   賃料改定の周期

 賃料改定周期の明確化 ●サブリース方式とは①原賃貸借契約締結貸主(所有者)⇔サブリース業者(借主兼転貸人) ②賃貸借契約締結サブリース業者(転貸人兼貸主)⇔一般借主    ●サブリース(転貸)標準契約書では、「原賃貸借契約の賃料は、2年ごとにその賃料の改定を... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-13

宅地建物取引業法 広告の規制

 宅地建物取引業法における規制 ●不動産の広告宅地建物取引業者は、その業務に関して広告をするときは、次の8項目について、著しく事実と異なる表示をし、または、実際のものより著しく優良であり有利であると誤認させる表示をすることができません。① 所在 (地番、住所、場所等... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-05

賃貸借契約更新後、連帯保証人は拒否したい

 契約更新後の保証人の責任は ●賃貸借契約更新後の連帯保証人は拒否できるのか?裁判所の判断は、「建物の賃貸借は、長期間にわたる存続が予定された継続的な契約関係にあり、借主が望む限り、更新により賃貸借関係を継続するのが通常であり、借主のために保証人になろうとする者にとっ... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-03

意思能力と成年後見制度

 意思能力 ●成年後見制度の利用意思能力、判断能力に問題のある人が、必ずしもすべて成年後見制度を利用しているとは限りません。デリケートな問題となりますが、次のような注意が必要となります。成年後見制度を利用していない場合、売主や買主に意思能力がないと判断されれば、そ... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-11-01

新築マンション1階を購入 専用庭の前に町内会のゴミ置場が設置された!

 ゴミ置場に関するトラブル。 ●専用庭とゴミ置場(事例)買主Aさんは、居室の専用庭が気に入って1階の新築分譲マンションを購入しました。ところが専用庭の前に、隣の町内会のゴミ置場が設置されることになりました。(買主Aさんの言い分は)●マンションの販売業者から、専用... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-10-26

自死・事故物件と瑕疵

 契約の判断に重要な影響を及ぼすこと ●不自然死は全て瑕疵となるのか過去の自死・事故物件(以下、事故等)についてその事実を知っている媒介業者は、そのことを秘匿することは許されず「契約の判断に重要な影響を及ぼす事項」として買主に説明しなければなりません。しかし、全ての... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-10-25

ローン特約なし 危険な個人間直接取引

 ローン特約 不可 ●ローン特約なしローン特約を認めない(不可)売買契約も存在します。一般的には入札方式の大型物件の売買契約のケースで、「ローン特約不可」との条件が付いていることが多いです。(主に買主は法人となります。)通常の不動産売買でも、「ローン特約不可」が条件... 続きを読む

不動産のトラブルいろいろ。

2017-10-18

1件~15件(116件)

過去の15件

RSS
コンサルタント料金表

●[不動産のコンサルタント]●不動産の売買・賃貸・管理・収益に関するご相談をお受けいたします。1件 60分 ¥3,000円●[その他、不動産に関する相談...

お知らせ
イメージ

●不動産買取りのご相談はお気軽に!☎086(253)1217  メール[買取りの条件]●土地 岡山市内の市街化区域のみ 面積制限あり●建物 岡山市内の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

転勤が決まりマンションを貸し出したく相談

2年前に分譲マンションを購入しましたが、主人の転勤が決ま...

M・I
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(35

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「賃貸借契約」 契約期間と更新 更新拒絶の正当な事由

 契約期間と更新 更新拒絶の正当な事由 ●契約期間と更新①契約の期間民法では賃貸借契約の期間は20...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

「不動産」 権利に関する調査と嫌悪施設の説明

 「不動産」 調査と説明 ●不動産の権利関係は、登記を調べることでかなりのことがわかります。しかし、...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

「売買契約」 契約書の効用と告知書の意味

 契約書と告知書 契約は口頭でも成立するとされていますが、一般的には契約書を作成し当事者が署名捺印しま...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

消費者トラブル その原因

 トラブルその原因 ●トラブルの原因不動産取引に伴う宅地建物取引業者と消費者のトラブルは依然として発...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

不動産調査 法務局での調査と法令上の制限

 不動産の調査 ●法務局での調査対象となる土地の所有者、所在地番、地目、地積、及び抵当権、借地権、地...

[ 不動産は奥深い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ