コラム

 公開日: 2016-08-25 

賃貸借契約 原状回復ガイドライン 経過年数を超えた設備等の残存価値は1円?

経過年数を超えた設備等の扱いは?


国土交通省 原状回復ガイドラインでは、耐用年数経過時点で残存価値が
1円となる設備を想定しています。

●耐用年数5年のもの
・流し台
●耐用年数6年のもの
・エアコン(冷暖房機器)・ガス機器・インターホン
●耐用年数8年のもの
・主として金属以外の家具、(備え付けの書棚、タンス、戸棚)
●耐用年数15年のもの
・便器、洗面台等の給排水・衛生設備
●その建物の耐用年数が適用されるもの
・ユニットバス・浴槽・下駄箱(建物に固着されているもの)

などとなります。

このようなガイドラインの考え方に基づけば、経過年数を経過した設備等については、
価値が1円とされ、実質原状回復費用は発生しないため、どのような使い方をして
も構わないという誤解を生じかねません。

そこで、ガイドラインでは、経過年数を超えた設備等を含む賃借物件であっても、借主
は善良な管理者として注意を払って使用する義務を負っていると示しています。

よって、経過年数を超えた設備等であっても、借主が故意や過失にて設備等に損害
を与えた場合、その修繕費用(工事費や人件費)などについては、借主の負担である
と考えられています。

*原状回復ガイドラインは、法的強制力があるというものではありません。*


原状回復トラブルの防止は物件確認の徹底。

○岡山市 不動産コンサルタント 宮本裕文
○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成28年12月5日●2014年の「第11回本屋大賞」に輝いた和田竜の『村上海賊の娘』で有名となった、戦国時代最強の村上海賊(水軍)! 「村上海賊の娘」とは?...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

駐車場の経営について

実家が空き家となり取壊すことになりました。 駐車場を検討し...

S・S
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
意外ですが、宅建業者に契約書(37条書面)の説明義務はありません!

 意外なこと 契約書の説明は義務ではありません。 ●宅地建物取引業者にはその取引において数々の義務が課せ...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

賃貸借契約 契約における確認事項とは。

 当事者と対象物件の確認。 ●土地または建物を目的物件とする賃貸借契約において、少なくとも次の事項は事...

[ 契約の意味と意義とは。 ]

賃貸借契約 借家権 期間の定めがない場合の解約は?

 存続期間の定めがない場合。 民法では、貸主は「いつでも解約の申入れをすることができる」とされています...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

不動産の売主等による「告知書」の提出の協力。

 不動産の売主等による「告知書」の提出について ●その考え方・宅地建物の過去の履歴や隠れた瑕疵など、...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

権利関係の調査は基本的な義務です。

 真の所有者。 ●登記簿上の所有者となっている売主からの売買を媒介する場合は、所有者と称する人が売却権...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ