コラム

 公開日: 2016-03-17 

収益不動産の売買。過去の借主の不自然死の説明義務は?

媒介業者がその事実を知っている場合。


借主が自殺したことによる貸主の損害としては、①借主が自殺したこと自体よる
「建物の価値の減少」や、②新たな入居募集が困難になることで生じる「賃料利益
の喪失」が考えられます。(以下、事故)

収益不動産の買主が、過去に事故事件があったことを知り、「建物価値が減少し
ており、売買価格は高すぎた。」として、売主に対して価値減少分の売買価格の
減額を求め、媒介業者に対しては、説明義務違反があったとして仲介手数料の
減額を求めた場合の解決はかなり困難と言えそうです。

(売主の売買代金の減額は)
当該事故により、契約時においての、売買価格が高すぎたか否かについて、判断
することは困難(最終的には裁判所の判断)ですが、①収益建物としての予定さ
れる収益が確保されていること。②事故物件であることが入居者間において特に
問題になっていない場合。などであれば建物価値にさほど影響を与えているとは
考えられず、減少しているとまでは言えないと思います。

(媒介業者の仲介手数料の減額は)
媒介業者が事故物件であることを知っていた場合には、建物価値の減少の有無
の問題とは別に、その事実を買主に告知しておくことが望ましいと言えます。
しかし、賃料による収益が確保されており、過去の事故に対する嫌悪感も薄れ、
賃貸経営に特段の支障が生じていない場合などでは、媒介業者が直ちに宅地
建物取引業法上の説明義務違反に該当するとまでは言えないと思います。

しかし、トラブル防止の面からも、「知り得た事実」は客観的に説明しておくことが
望ましいとされています。

20年前の不自然死事故と告知義務。



○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成29年1月15日8:00に自宅を出発、まずは備前伊里漁港、「真魚市」へ目当ての、牡蠣と焼き穴子を購入、夕食は蒸し牡蠣と穴子丼に決定!伊里漁港 真...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

祖母からアパートの管理をお願いされました。

事情があり、祖母からアパートの管理をお願いされました。将...

太田
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
民法は、すべての不動産取引において適用される法律です。
イメージ

 民法について。 ●民法は、すべての不動産取引において適用される法律であり、また、利用関係等にも適用さ...

[ 不動産は奥深い。 ]

損害賠償責任保険等への加入は義務か任意か?

 損害賠償責任保険等への加入。 ●賃貸借契約書に、「入居者は損害賠償保険に加入すること」という条項があり...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

手付とは認められない手付金とは?
イメージ

 信用の供与による契約の誘引とみなされる行為。 ●(事例)宅地建物取引業者Aは、分譲地の現地売出の広...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

重要事項の説明義務とポイント。

 重要事項の説明と理解のポイント。 ●宅地建物の取引において、その取引物件について、権利関係がどのように...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

重要事項説明書は様式に頼ることなく作成することが大切です。
イメージ

 市販の重要事項説明書でも大丈夫か? 宅地建物取引業者は、不動産の媒介に当たり、物件の種別ごとに宅建業...

[ 不動産は奥深い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ