コラム

 公開日: 2016-03-25 

売買契約が無効・取消しとなる場合 消費者契約法による取消し。①

消費者契約法による取消。


○不実告知と断定的判断の提供。(消費者契約法4条1項1号・2号)

1.不実告知。
・事業者が契約の締結を勧誘するとき、消費者に対して重要な事項について、
事実と異なることを告げ、消費者がその告げられた内容が事実であると誤認して
契約した場合には取消しが可能となります。

*宅地建物の取引での例。
・宅地建物取引業者の従業者が、物件購入予定の消費者に対して「この住宅
は築後3年です。」と説明して契約したところ、実際は築後10年を超える住宅で
あったような場合には、不実告知により契約が取消される可能性があります。

また、不実告知には事業者の故意・過失は問われません。よって、事業者が築後
3年であると信じてその告知をしていたとしても、取消しが可能となることに注意が
必要です。

2.断定的判断の提供
・事業者が契約の勧誘に際し、物品・権利・収益等について、将来の価格、将来
消費者が受け取ることになる金銭、その他の将来における変動が不確実な事項に
ついて断定的判断を提供し、消費者が提供された断定的判断の内容が確実で
あると誤認して契約した場合には、取消しが可能とされています。

*宅地建物の取引での例。
・宅地建物取引業者の従業者が、物件購入予定の消費者に対し、「この土地は
将来必ず2倍に値上がりします。」と言ったような場合、断定的判断の提供として
契約が取消される可能性があります。

「断定的判断」とは、確実でないものが確実である(利益が出るのが確実でないのに
確実である)と誤解されるような決めつけ方をいいます。
その決めつけ方には「絶対に!」「必ず!」のようなフレーズを使うか否かは問われま
せん。よって、「この土地を購入すれば、100万円儲かります。」と言っても、「この
土地を購入すれば、必ず100万円儲かります。」と言っても、どちらにしても断定的
判断の提供とされます。
なお、断定的判断の提供は、宅地建物取引業法においても禁止されています。

宅地建物取引業者の社会的信頼を確立するには。


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成29年2月25日先月、赤穂神社で無病息災をお願いしたばかりなのですが・・・(笑)不注意で右足首を痛め、自宅と事務所の往復で精一杯の状態でした。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

借家のリフォームの相談

借家が古くなり、なかなか入居者がきまりません。リホームし...

K・A
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
手付金の立替え、後払い、分割払い、は禁止される行為です。

 信用の供与による契約の誘引行為とみなされる行為。 (事例)宅地建物取引業者Aは、分譲地の現地売出の...

[ 売買契約の注意点。 ]

不動産に関する価格の表示と規制。

 公正競争規約。 ●価格表示の規制。① 土地の価格・土地の価格については、1区画当たりの価格を表...

[ 不動産は奥深い。 ]

借地と借家 その契約形態は?

 借地と借家。 ●借地の場合土地の利用が、建物を建てる目的であれば、民法の適用はもちろん、借地借家法...

[ 不動産は奥深い。 ]

貸家バルコニーの修理費 家賃との相殺は可能か?

 修理費用を家主が払ってくれない! (事例)「築30年の古い借家、2階のバルコニーの床一部が割れ、ま...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

売買契約 公租公課の精算、その起算日は?

 売買決済時の公租公課精算。 ●公租・公課とは、固定資産税、都市計画税等の土地建物に課せられる税金です。...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ