コラム

 公開日: 2016-03-14 

媒介業者の不注意でローン特約条項の解除期限が過ぎてしまった!ローン承認が受けられない!どうなる?

ローン特約 解除権留保型の場合には注意が必要です。


解除権留保型のローン特約とは。
・約定の期日までに融資の承認が得られない場合には、「買主は契約を解除すること
ができる。」というもので、この場合は買主が解除権を行使(売主に伝えて)初めて契約
の効力が失われます。

(例)
買主Aさんは、媒介業者Bの仲介により売主Cさん所有の中古マンションの売買契約を
締結しました。
しかし、住宅ローン融資の承認にむけて買主Aさんは努力しましたが、結局ローン特約の
解除期限内に融資の承認は受けられませんでした。

買主Aさんは、その旨媒介業者Bに伝え、売主Cさんに連絡し契約を解除するよう依頼
しました。
しかし、媒介業者Bの不注意により、売主Cさんに「ローン未承認による契約の解除」を
連絡したのは、その解除期限を2日過ぎてからでした。
 
● 媒介業者の不注意により、ローン特約条項の解除期限が過ぎてしまった場合には、
契約の解除は出来るのか否か?

(このケースでの結末の想定)
・もし、売主Cさんが解除に応じず裁判になれば、たとえ1日でも解除期限を経過してい
れば買主のローン特約条項による解除は認められないと思います。

結果、買主Aさんは、違約金等による契約の解除となりそうです。
また、媒介業者Bは債務不履行責任が生じ、買主Aさんが支払った違約金等について、
何らかの責任が発生すると思います。

このように、ローン特約条項には「解除権行使型」と「解除条件型」(注)と2つのタイプが
あるので、どちらのタイプなのか確認はとても大切です。

現在、売買契約書のローン特約約款は「解除条件型」が一般的となりますが、業者の
意向や取引内容により「解除権行使型」で契約することも当然あります。

(注)「解除条件型」とは。
・約定の期日までに、融資の承認が得られなかった場合には、「自動的に契約の効力
が消滅する。」というものです。この場合、当事者の意思表示がなくても、融資の承認が
得られなかったという事実にて契約の効力が失われます。

ローン壊しの防止。


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成29年6月4日この一杯を求めて、新倉敷駅近くの人気ラーメン店 にぼし家さんへ初訪問。 にぼし家さん。昼どきを避け14:00過ぎに到着・・・まさか...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

祖母からアパートの管理をお願いされました。

事情があり、祖母からアパートの管理をお願いされました。将...

太田
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
宅建業者に雨漏りやシロアリ被害の調査義務はあるのか?

 宅建業者は建物や建物検査の専門家ではありません。 ●宅地建物取引業者は建築士等の建物の専門家でもなく、...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

抵当権とマイホーム。

 抵当権とは? ちょっと一息しませんか。●抵当権債権者が目的となる「不動産」の引渡しを受けないで...

[ ちょっと一息しませんか。 ]

敷金の意義と貸主・借主の変更と敷金関係。

 敷金の法律関係。 ●敷金の意義・敷金とは、借主の賃料の支払い、その他賃貸借契約上の債務を担保する目...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

建物の原状回復 通常損耗の補修費用を借主の負担とする特約は有効か?

 ガイドライン 特約の問題。 ●特約の可否。ガイドラインでは、通常損耗分の補修費用を借主の負担とする特...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

賃貸借契約締結交渉が進んだ後に一方的な契約拒否をしたら。

 判例は? ●概要・借主と貸主との間で、店舗を美容室として賃貸借する交渉が進んでおり、借主は前借主...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ