コラム

 公開日: 2016-03-08 

オフィスビルの賃貸借。通常損耗まで原状回復する特約が認められるケースもあります。

オフィスビルのテナント契約と原状回復。


一般的に、オフィスビルの賃貸借においては、契約の終了後、新たな借主に賃貸する
必要から、借主に賃貸物件のクロスや床板、照明器具、また場合によっては天井を
塗り替えることまで原状回復義務とする特約が認められるケースがあります。

オフィスビルの原状回復費用の額は、借主の建物使用方法により異なり、損耗の状態
によっては相当な額が予想されます。このように使用方法によって原状回復の費用が
大きく異なることがオフィスビル(テナント)の特徴となります。

このことが、居住を目的とした物件の原状回復より、その範囲を広げた特約が付く理由
とされています。

そして、このような原状回復費用の一部は、通常賃料に含まれると考えられていますが、
オフィスルの場合、その使用方法を正確に貸主が予測するのは困難となり、適正な原状
回復費用をあらかじめ賃料に含めて徴収することは不可能となります。

よって、賃料に原状回復費用を含めないで、借主が退去する際に契約時と同等の状態
までに原状回復させる義務を負わせることは経済的にも合理性があると考えられています。

○ オフィスビル(テナント)の使用方法が予想しにくい理由。
・テナントは単純に事務所として使用する場合、また店舗として使用する場合と大きく2つ
に分けられます。店舗も物品販売や飲食店等の使用方法があり、原状回復の費用は
大きく異なります。

○ 経済的にも合理性がある理由
・予想しにくい原状回復費用をあらかじめ賃料に含めようとすると、賃料の額に反映し、
賃料の高騰に繋がり貸主にとっても借主にとってもデメリットとなります。

離婚して賃貸マンションを出て行った元夫、私は住めるのか?


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成29年1月15日8:00に自宅を出発、まずは備前伊里漁港、「真魚市」へ目当ての、牡蠣と焼き穴子を購入、夕食は蒸し牡蠣と穴子丼に決定!伊里漁港 真...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

貸家の原状回復

長く住んでいた入居者の人が引越ししましたが、室内をかなり...

m・h
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(16

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
違反建築物の仲介。

 連棟式長屋での建築確認を取得していたケース。 Q 10年前に宅地建物取引業者の仲介で売主業者から中古...

[ 売買契約の注意点。 ]

民法は、すべての不動産取引において適用される法律です。
イメージ

 民法について。 ●民法は、すべての不動産取引において適用される法律であり、また、利用関係等にも適用さ...

[ 不動産は奥深い。 ]

損害賠償責任保険等への加入は義務か任意か?

 損害賠償責任保険等への加入。 ●賃貸借契約書に、「入居者は損害賠償保険に加入すること」という条項があり...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

手付とは認められない手付金とは?
イメージ

 信用の供与による契約の誘引とみなされる行為。 ●(事例)宅地建物取引業者Aは、分譲地の現地売出の広...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

重要事項の説明義務とポイント。

 重要事項の説明と理解のポイント。 ●宅地建物の取引において、その取引物件について、権利関係がどのように...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ