コラム

 公開日: 2016-02-19 

宅地建物取引士(宅建士)の業務とは。

宅建士。


宅建士は、実際の不動産取引において、極めて重要な役割を果たしていると言えます。

まず、宅建士しか行えない業務が2つあります。(宅地建物取引業法、以下 業法。)
① 重要事項を説明し、説明書に記名押印をする。(業法第35条)
② 契約成立後に交付する書面(契約書)に記名押印をする。(業法37条第3項)

そして、取引の関係者から求められたとき、または、重要事項を説明するときには宅建士証
を提示する義務も課せられています。

業法上では、業者は、契約成立までの間に、取引の相手方(買主・借主)などに対して、
物件に関する事項や取引条件などの一定の重要事項を、宅建士より説明させなければ
ならないとされています。(業法第35条第1~3項)。

これが、「重要事項の説明」といわれるものであり、必ず書面を交付して行わなければならず、
宅建士の記名押印が必要とされています。

よって、重要事項の説明は、宅建士でない者が行った場合は、業法上の義務を果たしたとは
いえません。

また、宅地建物取引業者は、物件の売買などの契約が成立したときは、その相手方に遅滞
なく、一定の事項を記載した書面を交付しなければならないとされ、これを「書面の交付義務」
といわれています。
通常は、書面=契約書とされ、契約書にも宅建士をして記名押印しなければならないとされ
ています。

このように業法では、取引の重要な過程において宅建士に責任と義務を課せることにより、
公正な不動産取引の実現を図っています。

宅地建物取引士試験は難しいのか?


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

●[不動産のコンサルタント]●不動産の売買・賃貸・管理・収益に関するご相談をお受けいたします。1件 60分 ¥3,000円●[その他、不動産に関する相談...

最新のお知らせ

●媒介業者を介さない取引個人間(当事者)の取引 市販の契約書では少し不安!その取引に応じた契約書等の作成をコンサルタントします。「賃貸借契約書」 ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

祖母からアパートの管理をお願いされました。

事情があり、祖母からアパートの管理をお願いされました。将...

太田
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(27

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「差押え」・「仮差押え」登記がなされている不動産 取引の注意点

 差押え・仮差押え=処分の制限の登記 ●「差押え」・「仮差押え」登記がなされている不動産 注意して取引?...

[ 不動産は奥深い。 ]

再契約!定期建物賃貸借契約の建物明渡し、原状回復義務及び敷金の精算方法

 「再契約」の意義 ●定期建物賃貸借契約の「再契約」定期建物賃貸借契約の場合は、期間の満了により契約...

[ 賃貸借契約の注意点。 ]

「守秘義務」と「言わざる」

 守秘義務 ●言わざるは社会人のマナー?宅地建物取引業者及び従事者は、「正当な理由」がある場合でなけ...

[ 不動産は奥深い。 ]

「成年後見制度」 意思・判断能力に問題のある人がすべて利用しているとは限りません

 意思能力・判断能力 ●「成年後見制度」の利用意思能力、判断能力に問題のある人が、必ずしもすべて成年...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

借主が負担した造作物 解約時に家主に買取りを要求できるか?

 造作物の買取り ●造作物の買取りは強制か?任意か?貸主の同意を得て建物に付加した畳や建具、その他造...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ