コラム

 公開日: 2015-12-18 

宅地建物取引業の開業をご検討の方へ!宅地建物取引業者になるための要件とは。

3つの要件。


宅地建物取引業の開業と要件。

宅地や建物は、一般の人にとって極めて貴重で重要な財産となります。生活の基盤となり、
他の財産に比べてもその価格は高額なものとなります。
このように個人にとって、貴重な財産である宅地や建物を業として行う者は、次の3つの要件
が必要とされています。

① 社会的にも信用がある。(社会的信用)
② 宅地、建物の取引に関する、深い知識と経験を持つ。(専門知識と経験)
③ 万一、事故等が発生したとき、依頼者に生じた損害を補てんする資力がある。(資力)

よって、宅地建物取引業法では、都道府県知事または国土交通大臣のいずれかに、免許
を与えられた者のみが「宅地建物取引業」を営むことができるとされています。
宅地建物取引業の免許を与えられる、これは、①の(社会的信用)を担保しています。

また、宅地や建物の取引に関する事故や紛争についても、事故後に処罰するよりも、未然に
防止することが効果的なので、宅地建物取引業を営業することを一般的に禁止した上で、
所定の要件を満たし、手続きをを経た上で免許が取得でき、営業できるとされています。

そのうえで、宅地建物取引業者は「宅地建物取引士」の試験に合格し、条件の実務経験
を有した宅地建物取引士を、従業員5人に対して1名以上の割合で設置しなければいけ
ません。
そして取引の際は、宅地建物取引士をして「重要事項の説明」が義務づけられています。
これらは、②の(専門知識と経験)を担保しています。

さらに、一定額の営業保証金を供託し、万一事故が発生した場合の最終的な損害の
補てんを可能なものとしなければ、宅地建物取引業を営業することはできないとしています。
これは、③の(資力)を担保しています。

このように、3つの要件を具備することで、始めて「宅地建物取引業」を開業し営業できる
ことになります。

会社を定年退職後、宅地建物取引業の免許を取得し、今までの人脈を生かし仲介業務
に励んでおられる先輩方も大勢います。
宅地建物取引業を開業するには 岡山県宅地建物保証協会。

所定の手続きは、書類関係など結構煩雑な作業となりまが、宅建協会の担当者職員
さんが親切・丁寧に教えてくれます。


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の不動産コンサルタント 宮本裕文
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

有限会社富商不動産販売

不動産コンサルタント 宮本裕文

岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL:086-253-1217

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルタント料金表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○全て1件につての料金となります。○秘密厳守。面談によるコンサルタント・相談は予約要。○不動産のト...

私の雑記帳
イメージ

平成29年8月6日汗だくの二日間でしたが、おかやま桃太郎まつり( 第44回納涼花火大会、うらじゃ祭り)を満喫しました。○営業時間 平日9:00~17...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
取締役社長でコンサルタントの宮本さん

不動産のあらゆるお悩みを、豊富な知識と経験でスッキリ解決!(1/3)

 不動産業界に入って約30年を迎える「有限会社富商不動産販売」(岡山県岡山市北区富町)代表取締役社長の宮本裕文さん。これまで岡山市北区富町の石井中学校区で地域に密着した不動産業者として売買や賃貸の仲介業、土地・建物の管理業などを幅広く手がけ...

宮本裕文プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

豊富な経験。知識と実績。岡山市の不動産コンサルタント。

会社名 : 有限会社富商不動産販売
住所 : 岡山県岡山市北区富町2-3-29  富商ビル1階 [地図]
TEL : 086-253-1217

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不動産のセカンドオピニオンを利用

長男の小学校入学までには家を建てたいと思い、住宅会社から...

K・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(24

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
重要事項の説明と書面交付は義務です。

 重要事項説明と売買契約書 ●重要事項の説明は、買主が不動産を購入する意思決定の最終判断の材料として提...

[ 私の不動産コンサルタントに対する想い。 ]

不動産売買契約 あらかじめ定める損害賠償額の予定とは?

 損害賠償額の予定とは? 「損害の賠償」●損害賠償額の予定。・損害賠償額の予定とは、契約の当事者...

[ 売買契約の注意点。 ]

建物の老朽化による立退き要求は、正当な事由になるのか?

 老朽化による立退き要求。 (事例)貸主から「建物が築後35年を経過し、老朽化により安全が保てない。...

[ 不動産のトラブルいろいろ。 ]

戸建住宅の外壁。

 外壁 ちょっと一息しませんか。●モルタル仕上げ・伝統的な仕上げ方法には「吹き付け」と「かきおと...

[ ちょっと一息しませんか。 ]

不動産についての正常価格とは。

 正常価格 ●市場性のある不動産について、実際の社会経済状況の下で合理的と考えられる条件を満たす市場で...

[ 不動産は奥深い。 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ