お客様の声

一度は、ダメになるとまで言われた歯がもう20年近くもっています。

イメージ

--インプラントを知ったきっかけは?

守屋歯科が開業して間もない頃に、主人がインプラントをしてもらい、
これはいいからと、歯槽膿漏で悩んでいた私に勧めてくれました。
「これはいいから、お前もやってもらえ」と主人に言われ、
それじゃあやってみよう。と思ったことがきっかけです。

--不安感はありませんでしたか?

実際にインプラントをした主人から「これはいいぞ」と勧められたということで、不安は感じませんでした。
また、その頃は、歯槽膿漏で困っていたので、どうにかしたいという気持ちもありました。

--以前は、歯槽膿漏で悩んでいたそうですね

インプラントをする前は、歯槽膿漏で歯が悪く困っていました。
勤め先に近くの病院に行っていたのですが、
すぐ治してはいただけるものの、すぐに壊れてたりで何度も通っていました。
そういうこともあり、守屋歯科に行くまでは、いろいろな歯科医院を転々としていました。
「歯がすべてダメになる」というようなことも言われたこともあります。
それが、50代の時でした。
その頃は、アイスクリームなど冷たいものを勧められても「私は嫌いです」 と断っていました。
好きなのですが、歯に沁みて食べられません。
それが今では気にせず食べられます。

--インプラント手術はどうでしたか?

インプラントをした頃は、インプラントをしている医院も少なく、 今と比べて設備もあまり整っていませんでしたが、
手術後の痛みなどもほとんどなく、痛み止めもそれほど飲みませんでした。
2度目にインプラントを入れた時などは、すぐ終わり簡単にできたように感じました。

--インプラントを実際に使ってみての感想を教えて下さい。

インプラントをしたら、本当に何でも噛めるようになりました。
食事がよく食べられるっていうのは本当に良いことだと思います。

インプラントをする前は、更年期ということもあって、あまり調子がよくなかったのですが、
食事もよく噛んで食べれるようになり、身体も元気になったように感じます。


インプラントにする前、部分入れ歯をしていた時は、ちょっと硬いものを食べるとすぐ痛くて食べられなくなっていました。
出かけている時に、外して洗うわけにもいかないので、とても不便に感じていました。
それが、今では、どこに行っても困りません。
本当にありがたいです。


歯槽膿漏も、まだある程度はあるけれど、 このぐらいなら進んでないから大丈夫ですよ。と言われる程度。
以前は、すぐに膿が出たり、歯磨きをしたら、ものすごい血が出たりすごいことになっていましたが、
この頃は、血が出ることもありません。

一度は、ダメになるとまで言われた歯ですが、それが、もうだいたい20年近くもっているじゃないでしょうか

この記事のURL

インプラントにしてから、歯に対してのほとんど心配がないですね。

イメージ

--インプラントをしようと思った動機、きっかけを教えてください。

学生のころ、ちょうど大学三年の時かな。
歯が痛くなったんだけど、クラブに入っていて、定期演奏会の前で休めなかったんです。
そしたら、大変なことになって…。
虫歯が化膿し、歯科医院で、もう少し放置すれば命に関わると言われました。

歩く度にすごい痛みがひびいて、あれは痛かったですね
治療の時も、麻酔が効かないから、そのまま切られて。
三日間痛くて、口も動かないので、食べられないから、点滴をしていました。
人間の顔ってすごい腫れるんですね。

早く歯医者に行っておけばよかったんだけど、歯医者も嫌いだったので。
それからは、歯に対して、すごく真剣になりました。
今では、毎月ブラッシングに通っています。

そういうこともあり、インプラントのことは以前、歯医者で教えてもらって知っていたので、
ずっと歯が持つなら、長持ちするならと、インプラント治療をしていただきました。

かぶせはどうしても取れますし。
ちょっと痛いだけでも、食べ物がおいしくないですから。
今はおかげさまで何でも食べられます。

--インプラント治療を始めるにあたって、不安、心配はありましたか?

インプラント治療はちょっとした手術に近いものとの認識があり、
やや不安な面はありましたが、説明でこういう風になりますよっていうのを聞いていたので。
麻酔もありますし、化膿した時の痛みを考えれば、大きな不安はありませんでした。
化膿した時は、ちょっと触るだけで痛く、夜も寝れなかった。
--インプラント治療にどのようなことを期待しましたか?

一度、インプラント治療をすれば、その歯は半永久的に治療を要しないことを期待しました。
かつての自分の歯と何ら変わらない状態となれば、良いと思いましたね。
虫歯になった時などの、歯の痛さは、これは、もう、普通の痛さと違いますでしょう。

--実際に、インプラント手術をしてみて

かかった時間は思ったより短かかったと思います。
切った後は、少しは痛かったですが、痛み止めを飲めば、治まる程度。
そんなに痛かった痛かったという覚えもないですね。
あまり覚えてないので、気にならない程度だったのだと思います。
ただ、切ったところはどうしても腫れるのでそれがつらかった。
(営業をしていて)お客様相手の仕事なので、見た目が気になり、手術の直後は笑顔を作れませんでした。
--治療が終わって感じたことについて教えてください。

健康な歯の時と同じように、食べ物が何でも思いきり咀嚼でき、おいしく食事ができる満足感を覚えた。
少なくとも、インプラント治療の歯について心配することはなくなくなりました。
インプラント治療をしてから、10年以上経っていますが、何ともないから助かります。
--インプラント治療をして良かったところを教えてください。

私が一番良いと思うのは、入れ歯しなくていいことが、「インプラントをして良かったなあ」と思います。
両親が入れ歯なんですが、入れ歯は一度作っても、
その時はあっているけれど、合わなくなり、また調整して、作り直さなくてはならないでしょう。
それを見ていたら、入れ歯は大変だなあと思いますね。

噛む力も、入れ歯では全然でしょう。
やっぱり食べる時に、がっと思いきって食べれない。
食べ物もすべて柔らかい食べ物で、歯ぐき間にはいると、痛くて、硬いものは食べれないと聞きますし。
それじゃあ、おいしく食事もとれないですね。

インプラントをして、ほとんどの方は良かったというんじゃないかな。
インプラントにしてから、歯に対してのほとんど心配がないですね。
口の中が、まったく気にならなくなりました。

健康でおいしく食べれるのが一番だと私は思います。

この記事のURL

今では、どの歯がインプラントだったけ?って考えている時があります。

イメージ

--インプラントをしようと思った動機、きっかけを教えてください。

小学校の時に、虫歯の治療をしてた際に、「子どもの歯だから」ということで抜いちゃって、
そのままずっと生えなかった歯が奥歯にありました。

若い時は、歯がまっすぐ立っていたから、食べ物が挟まることもなく、
食べることに不自由はなかったので、そのまま放っていました。

それが歳をとって、60歳を過ぎた頃から、前歯にだんだん隙間ができてきて、物が挟まりだしました。
あれは、歯元が変わってくるのが分かりますね。

それに、以前行っていた歯医者で「あなたの歯は薄いから」と言われていて。
前歯も転んで折ったりしていたので、歯が折れるぐらい薄いっていうのは自分で自覚していました。
ですから、ブリッジなどで他の歯に負担をかけたくない。
奥歯も悪いし、なんとかしなきゃ。と思っていたところ、 守屋先生にインプラントについて、教えていただきました。
そんなことができるのなら、やろうかなあ。とインプラントを決意しました。

嬉しかったですね。
10年も歯がなかったところに歯ができると思うと。

--インプラント治療を始めるにあたって、不安、心配はありましたか?

先生の話を聞いて、すぐしてみたいと思いました。
ただ病気を持っているため、薬を飲んでいるので、不安はありましたが、先生におまかせしました。
薬を前もってやめなければいけなかったので、先生に相談して「大丈夫です」と言ってもらいました。
それでも、やっぱり怖かったけどね。
--インプラント手術はどうでしたか?

はじめての手術は、死んでも良いわっていうぐらいの気持ちで…。
手術はそのぐらい不安でした。

やったらどうってことはなかったけど、その時は心臓もどきどきするし。
そしたら、先生が早くやっちゃいましょう。とすぐやってくださって。
だから、安心してお任せしました。
それでも、2度目の手術も同じぐらいドキドキしましたね。
知ってはいても、やっぱり不安はありました。

実は、1回は寝ている時に、ポロっととれちゃったことがあります。
埋めてもらっていたのが、だんだん長くなってきて、
痛んでいたのが治ってきたのかなと思っていたら…口の中にカラカラって。

驚きましたが、逆に、それが入っているというのが分かって嬉しかったです。
こんなねじが入ってるんだあ~って気がつけたので。

先生から説明を受けていても、骨に歯を埋めるなんて想像もつかなかった。
とれたものはすぐ埋め直してもらいました。
--もう1回とれると不安になりませんでしたか?

それは、思わなかったなあ。
自分じゃそういうことは全然思っていなかったけど、口の中に雑菌が多いとかあったみたいですね。
口の中の状態が悪いと、雑菌がたくさん増えるというのを、その時はじめて知りました。
身体に病気があったから、先生は苦労されたと思う。

そういうことも、インプラントをしたおかげで自覚できたので、良かったです。
今では、どの歯がインプラントだったけ?って考えている時があります。

--インプラントを実際に使ってみての感想を教えて下さい。

嬉しかったですよ。
孫に言いました。
おばあちゃん歯が生えた!って。
大事にしなきゃだめよって。
インプラントも良いけど、やっぱり、今ある歯を大事にしないとと思います。
歯ブラシも家のそこら中に置いています。
私はエプロンのポケットにも入れているし、10歳の孫もむし歯がない。
家族みんなよく磨きます。
それは私が撒いた種かなあって思いますね。

友達にも、インプラントの話をするんですよ。
インプラントしたらいいよって言いますけど、怖くてできない人もいますけどね。
自分の体に便利なものがあるなら、考え方を変えていかないと。
考え方も人それぞれ違いますけど、自分のためにお金使うの良いと思う。
歯は車なんかよりもっと大事だと思います。
しゃべる時も、たべる時も、毎日何度も使うものなので。

友達にも、歯医者でいろいろしてもらっている人がいますが、 後、メンテナンス全然してくれない。
時々、行くと、何時間も口を開たまま、唇も切れたりもう困った。
という話を聞きます。
いろいろあるんだなあって思います。

今までは、歯医者さんっていうのは虫歯になってから行くもので、
メンテナンスなんていうものは行ったことがありませんでした。
歯医者さんにブラッシングで気持ちよくなって帰るなんて守屋歯科に通うようになって初めてです。
歯医者さんに対する考え方が違うのが分かりました。

良い歯医者さんに出会えて本当に良かった。
守屋先生もたくさんの手術件数やって来られているし、経験も違う。
そんなにやっている歯医者さんもあまりないんじゃないかな。

良い巡り会いに出会えて本当にありがたかった。

「こんな歯医者があるぞ」って、主人に言われたときに、
行ってみようと思わなかったらインプラントについても知らず、そのままだっただろうし。

たまには、流されてみるのも大事ですね。

この記事のURL

"インプラント"という意識はないです。 まさに自分の歯

--なぜ歯を抜くことになったか教えて下さい。

20年ぐらいずっとお世話になっていた他の歯医者さんで
かぶせが取れた時に、「もう歯を抜くしかない」と言われ、歯を抜くことになりました。

それまでは、歯には苦労したことがなく、
定期的に歯医者にも通っていて、根がとても良いっていつも褒められていたので、
私がまさか歯を抜く!考えてもみなかった。
思いがけず、突然のことでショックでした。

抜いたらどうなるかという知識もまったくなかったというか
抜いたらどうなるのかということも考えてなかったから
抜いた直後に、「抜いたらどうなるんですか?」って先生に聞いたんです。

「そりゃ入れ歯よ」って言われて…。
「え!入れ歯!」
その時は、本当に、信じられなかった。

その一言があまりにもショックで思い出すたびに何日も泣きました。

--入れ歯以外の治療法の説明はありませんでしたか?

歯を抜いたその日は、時間が遅くなり、
抜いたままで、何も聞かず、すぐに帰りました。

それ以来、そこの歯医者には1回も行ってないです。
もうちょっと、なんか信じられないというか…
実は、歯がなかなか抜けなくて、2時間ぐらいかかったんです。

私も、抜いている途中で根が尽きて「先生今日はもう良いです。」って言ったんですが、
「抜きかけて途中ではやめられない」って先生は言われて、
先生も汗だくで、本当にもう必死でした。

カナヅチみたいなものでガンガンガンと叩いたり、
先生も一休みしたりして、やっと抜きました。
こわかったです。

もの凄く大変でした。

抜けないようなしっかりしている歯を抜かなければいけなかったのか
今でもそれが不思議で、抜く前にちゃんと説明が欲しかったな。
相談して欲しかったです。

今思えば例え抜かないといけない歯でも、「抜く」って言われた時に、
「ちょっと待って。考えます」と言えば良かったと思います。
椅子に横たわると、先生が言われた通り「はい」としか言えなくなってしまって
それを後悔しています。

--インプラントをしようと思った動機、きっかけを教えてください。

きっかけは、テレビの特集です。
大学の先生が、歯を抜けた所には、
ブリッジにしたり、いろいろな方法があると話していて、
でも、インプラントの場合は、自分の良い歯を削らなくて済む。
結果、健康な周囲の歯を、維持できるということ。
健康な自分の歯を削らずに出来る。というところに決心を促されました。
それが、私は一番のきっかけだったと思います。

それに、私の気持ちの中では、
守屋先生の記事を見える所に貼って
折々、読み返していましたので、
いつしか自然に「インプラント」にという気持ちに傾いて来ていました。

--守屋先生の話してみての印象を教えてください。

最初から、パソコンを使って納得がいくまで説明して下さって
私の中で「これだったらいいな」と納得できました。
不安感が全然なかったです。

本を読んでも、たくさんの手術されているし
先生をすごく信頼していました。

例えインプラントにするにしても
今は、どこの歯医者さんでもしているし、
先生もいっぱいいらっしゃいますけど
他の医院は考えられなかった。
やっぱり守屋先生と思ったのは、何かの縁だと思います。

--インプラント手術は大変でしたか?

手術当日は、えっ!もう終わったんですか?と言ったくらい。
手術とは私は思えなかったですね。

普通の治療する方がまだこわいかも知れません。
こわいとか明日は手術だ!っていう思いもなくて
普通に来て、普通に終わって
痛みも怖くもなく何もなかった。

翌日から物を噛めたことに驚き、
自分の体の一部であることを実感しました。

--インプラントにして一番良かったこと

自分の歯と変わりなく、何でも噛める 即噛めるということ。
「インプラント」という意識はないです。
まさに自分の歯、肉体の一部になりきってくれています。

反対側の自分の歯で噛み締めると、歯茎にちょっと堪えるものがあって
インプラント側で噛むと何でも食べられると実感します。
自分の歯よりいいかも知れない。

入れ歯は、噛み合わせがいいようにいくまでは苦労するという話を聞いていて
入れ歯はちょっと…と思っていました。
それが、インプラントなら、1回で何もしなくても即噛める。
精神的な苦労がないですね。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

--インプラントを知ったきっかけは?守屋歯科が開業して間もない頃に、主人がインプラントをしてもらい、これはいいからと、歯槽膿漏で悩んでいた私に勧めてくれまし...

 
このプロの紹介記事
虫歯や歯周病の予防の大切さを語る守屋さん

もっと元気になれる歯科医院を目指します(1/3)

 「一日にいらっしゃる患者さんの4割は虫歯や歯周病の予防が目的です」 倉敷や岡山で歯科医院8院を展開する東風会の理事長、守屋啓吾さんはインプラントや矯正の高い専門的知識を持ち、多くの症例を経験したベテラン歯科医師ですが、一番力を入れてい...

守屋啓吾プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : 医療法人社団 東風会
住所 : 岡山県倉敷市連島町矢柄5859 [地図]
TEL : 086-446-6400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-446-6400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

守屋啓吾(もりやけいご)

医療法人社団 東風会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
これを読めばすべてがわかる!インプラントQ&A
イメージ

 インプラントについて書いた本が、本日発売されました! インプラントについて書いた本が本日発売されました!...

歯が溶ける・・・・・
イメージ

『歯の先端の色が、薄くなっているような気がします。クリーム色のエナメル質?がなくなり、白というよりも透明...

「歯みがき」っていつしたらいいの?

よく聞かれる質問だ。ところがなかなか答えるのがむずかしい。まず、そもそも何のために歯みがきをするか?だ。...

静脈内鎮静法ってご存知ですか?

歯医者さんがどうしても怖い。歯医者に行くと、極度に緊張してしまうという方にオススメなのが、静脈内鎮静法です...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ