コラム

 公開日: 2012-02-07 

「歯みがき」っていつしたらいいの?

よく聞かれる質問だ。ところがなかなか答えるのがむずかしい。
まず、そもそも何のために歯みがきをするか?だ。
虫歯予防のためなのか?歯周病予防のためなのか?

歯周病予防のためのブラッシングならばいつでもいい。
1日に1回はきちんと長めの時間をかけてブラッシングすることによって、歯と歯の間の粘膜が強くなり出血しなくなる。そうするとそれをエサにしている歯周病菌が繁殖できなくなるのだ。

虫歯予防の場合、食後すぐに口の中のphは下がっていくが30分もすると唾液の緩衝能によって再びph5.5以上になっていく。わざわざphが下がっている時にブラッシングする必要はないと思うのだが、このあたりは見解の分かれるところだ。

糖の濃度が高くて長時間phが下がるようなものを食べた時は早めにそれを取り除いて唾液の働きを助けてあげた方がいいだろう。キシリトールガムなども有効だが主な作用はphを下げずに唾液を活発に出すことらしい。

「朝、起きてすぐの歯みがきが、あなたを守る」の著者の川合満先生によると、口の中の最近のタンパク分解酵素によってインフルエンザの表面にあるHA(ヘモアグルチニン)という突起が針のようになり体の細胞に感染しやすくなるという。

また東京歯科大の奥田克爾名誉教授らの研究によると口腔ケアをすることによって高齢者のインフルエンザの発症率が10分の1になったとのこと。口の中を清潔にすることが健康を守ることに直結するのだ。

ちなみに川合先生によると「朝、起きたばかりの口の中は、ウンチ10グラムに相当する細菌でいっぱいです!」とのこと。朝一のブラッシングをあなたの習慣に組み込んでみませんか?

この記事を書いたプロ

医療法人社団 東風会 [ホームページ]

歯科医 守屋啓吾

岡山県倉敷市連島町矢柄5859 [地図]
TEL:086-446-6400

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

--インプラントを知ったきっかけは?守屋歯科が開業して間もない頃に、主人がインプラントをしてもらい、これはいいからと、歯槽膿漏で悩んでいた私に勧めてくれまし...

 
このプロの紹介記事
虫歯や歯周病の予防の大切さを語る守屋さん

もっと元気になれる歯科医院を目指します(1/3)

 「一日にいらっしゃる患者さんの4割は虫歯や歯周病の予防が目的です」 倉敷や岡山で歯科医院8院を展開する東風会の理事長、守屋啓吾さんはインプラントや矯正の高い専門的知識を持ち、多くの症例を経験したベテラン歯科医師ですが、一番力を入れてい...

守屋啓吾プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : 医療法人社団 東風会
住所 : 岡山県倉敷市連島町矢柄5859 [地図]
TEL : 086-446-6400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-446-6400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

守屋啓吾(もりやけいご)

医療法人社団 東風会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
これを読めばすべてがわかる!インプラントQ&A
イメージ

 インプラントについて書いた本が、本日発売されました! インプラントについて書いた本が本日発売されました!...

歯が溶ける・・・・・
イメージ

『歯の先端の色が、薄くなっているような気がします。クリーム色のエナメル質?がなくなり、白というよりも透明...

静脈内鎮静法ってご存知ですか?

歯医者さんがどうしても怖い。歯医者に行くと、極度に緊張してしまうという方にオススメなのが、静脈内鎮静法です...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ