子どもが「自ら考え解決する」本物の学力を育てるプロ

増本真一

ますもとまこと

算数パズル教室 てらこや

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-07-10  最終更新日: 2015-07-11

本を読んでいるのに読めていない?!

本がとても好きな1年生のお子さんがいるのですが、
日頃はお母さんが感想を尋ねてもあまり多くを語りません。
でも、ある日、お母さんに漫画で描かれた「小公女」をねだって買ってもらったところ、
ずっと泣きながら読んでいたそうです。

いつもの本と「何」が違っていたのでしょうか?

字が読めるようになれば、文字ばかりの長いお話を読むこともできます。
でも、お子さんによっては、極端に言えば、字面を追っているだけで、
本の内容を感じるまでに至っていない場合があるのです。

読書をしていると、いつの間にか映像が頭の中で見えて、
字を追いかけていたことを忘れていたという経験はありませんか?
読書が楽しいと言える人は、このイメージができる人なのです。

でも、読書をすればイメージができるようになるというわけではないのです。
やはり、そこには語彙があり、言葉を一つ一つイメージしているのです。

低学年のお子さんは、まだまだ語彙が少ないです。
このお子さんも、読んでいる本のレベルより語彙が少ないので、
本を読んでいてもイメージするには限界があったのです。
漫画がイメージできない部分を補い助けてくれたので、
もう少し深い部分まで入って読むことができたのでしょう。

読書において、語彙が乏しければ、イメージできるものが少ないので、
当然イメージ自体も乏しくなります。

まずは、日頃から語彙を増やす努力をしてみてはいかがでしょうか。
語彙集もよいのですが、やはり日頃の会話でいろんな言葉を使うことです。

そして、イメージするには、言葉を正しく理解しないとできません。
大人は、ついこれくらいの言葉の意味は分かっているだろうと思って、
子供たちに使ってしまいます。

でも、意外とわかっていなかったり、勘違いして解釈していたり、
「○○ってどういう意味か分かる?」と聞くと、
びっくりする答えが返ってくることがあります。

日常の会話でも、できるだけいろんな言葉に言い換えたり、
辞書で調べたりしながら会話をするようにしてください。

そして、「もしかしてわからないかな?」と思う言葉は、
「○○の意味わかる?」とお子さんに尋ねあげるようにしてみてください。


この記事を書いたプロ

算数パズル教室 てらこや [ホームページ]

塾講師 増本真一

岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL:086-224-9677

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
てらこや|増本さん

「思考力」「言語表現力」「問題解決力」を独自のプログラムで育成(1/3)

岡山市街地のビル2階にある明るく広々とした教室「算数パズル教室 てらこや」(岡山県岡山市北区野田屋町)は、増本真一さん、香織さん夫妻が運営する教室です。「てらこや」は、開校以来ぶれることなく、学習を通して、子どもが自ら考え、試行錯誤しながら...

増本真一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

子どもたちが「自ら考え解決する」本物の学力を育成

屋号 : 算数パズル教室 てらこや
住所 : 岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL : 086-224-9677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-224-9677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増本真一(ますもとまこと)

算数パズル教室 てらこや

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
算数パズル教室ですが、実は国語も頑張っています
イメージ

「算数パズル教室てらこや」という名前ですが、教室では論理思考力と共に論理的に表現できる力を鍛えるため、国語...

パズル道場開発者 山下善徳先生教育講演会 & パズル道場体験会

パズル道場開発者の山下義徳先生が教育講演会をされます。今回のテーマは「ズバリ!伸びる子どもと受かる子ど...

「問題に挑戦してみよう!」(チラシサンプル問題の解答)

頑張って一人で問題にチャレンジしましたか?人に教えてもらわずに、自分で作戦を考えて解いた人はちゃんと賢く...

“円”マジック

小学生の低学年で苦労するのが、数字の“桁”です。百のくらいまではなんとかいけるのですが、千、万となると、...

算数ノートの使い方

数年前に「東大生ノート」や「できる子のノート」など、本や雑誌で取り上げられ、話題になったことがありました...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ