子どもの算数センスとさまざまな思考力を向上させるプロ

増本真一

ますもとまこと

算数パズル教室 てらこや

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-10-10 

それって、単なる間違い? 間違いから見つかる意外な弱点

テストで間違いがあれば、テスト直しをすると思います。

でも、テスト直しって、間違えたところを直すだけではありませんか?

まず、テストが返ってきたら、間違った箇所をチェックし、
どうして間違ったか、解答を見て解き方を確認します。

この後、面倒かもしれませんが、間違えた問題を解けるようにしたら、
更に類似問題に取り組み、その単元の問題が解けるようになれば理想的です。

でも、本当はここから、もう一つ大切な分析があるのです。

間違いの中に、ケアレスミスはありませんか。
実は、このケアレスミスの中に、お子さんの弱点が潜んでいる場合があります。

お子さんによっては、
「またケアレスミスしちゃった」と、単なる「うっかりミス」で片付けているかもしれませんが、

実は、テストでケアレスミスしちゃったというお子さんの中には、

テスト会場の雰囲気にのまれてしまったり、
制限時間のプレッシャーに押されてしまったり、
大人には想像できないことで、お子さんの精神的な弱さが出てしまう場合もあるのです。

だから、ケアレスミスの理由を確認することが大切なのです。

実際に、いつもならなんてことない問題が、初めていく試験会場だとすごく難しく感じて解けなかったということもあります。

こんな自覚がなくても、「あれ今日はこんなに沢山間違ってる」という場合も、もしかしたら同じことが言えるかもしれません。

「こんなにケアレスミスして!」と注意する前に、「どうしていつもできるのに、今日はできなかったんだろうね?」とお子さんが試験場でどんな心理状態だったのかを聞いてみる必要があります。

自分の弱点を知れば、改善の方法が見えてきます。まずは、自分を知ることが大切です。

試験や検定を十分活用し、少しでも緊張する経験を意識的につくることで、自分の弱点を克服しながら成績が向上するように頑張ってください。

この記事を書いたプロ

算数パズル教室 てらこや [ホームページ]

塾講師 増本真一

岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL:086-224-9677

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
てらこや|増本さん

「子ども自身が、考え、理解し、問題を解決する力」を育成(1/3)

  「てらこや」は、増本真一さんが奥さまの香織さんと2人で運営する教室。でも、算数や国語など教科学習がメーンの教室ではありません。主に指導するのは、「パズル道場」という頭脳開発プログラムです。このプログラムを通して、算数以外の全教科にもつな...

増本真一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

子どもが本来持つ「考える力」を伸ばす

屋号 : 算数パズル教室 てらこや
住所 : 岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL : 086-224-9677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-224-9677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増本真一(ますもとまこと)

算数パズル教室 てらこや

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
パズル道場開発者 山下善徳先生教育講演会 & パズル道場体験会

パズル道場開発者の山下義徳先生が教育講演会をされます。今回のテーマは「ズバリ!伸びる子どもと受かる子ど...

「問題に挑戦してみよう!」(チラシサンプル問題の解答)

頑張って一人で問題にチャレンジしましたか?人に教えてもらわずに、自分で作戦を考えて解いた人はちゃんと賢く...

“円”マジック

小学生の低学年で苦労するのが、数字の“桁”です。百のくらいまではなんとかいけるのですが、千、万となると、...

算数ノートの使い方

数年前に「東大生ノート」や「できる子のノート」など、本や雑誌で取り上げられ、話題になったことがありました...

パズル道場体験会

先日のコラムでご紹介しました11月20日の「山下善徳先生教育講演会」に、同時開催で、「パズル道場の体験...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ