子どもの算数センスとさまざまな思考力を向上させるプロ

増本真一

ますもとまこと

算数パズル教室 てらこや

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-10-31 

意外と多い?! 足し算引き算の苦手な子

3年生くらいで初めてレッスンに来る子供たちを見ていると、
意外と足し算や引き算が苦手なお子さんが多いことに気がつきます。
中には、机の下で指折り数えながら計算しているお子さんもいます。

そして、そういうお子さんは、掛け算になった途端に勢いが良くなり、
計算のスピードが上がります。どうしてでしょう。

それは、足し算や引き算と違い、掛け算は暗記すればできるので、
すでに九九を暗記している彼らにとってはとても楽なのです。

そこで、計算を苦手にしている子供たちに、ある質問をしてみました。

「7+8って、どうやって計算している?」

すると、彼らは、
「15って、覚えている。」あるいは、「7+7=14で、それに1を足している。」などなど。
彼らなりの苦肉の策でしのいでいました。どうも計算を覚えようとしているようです。

「でも、本当は、もっと簡単な方法があるのよ。
例えば、7に後いくつ持ってくれば10ができる?」
「3」
「じゃあ、8のうち3あげて10を作ったら、のこりは?」
「5。」
「そうだね。できた10と残った5を合わせれば、答えは?」
「あっ、15になる。」

こんな基本的な計算の仕方を指導するだけで、彼らの計算は格段に早くなります。

小学校に入って、10の補数(あわせて10になる数)を習っています。
それは、繰り上がりの足し算や繰り下がりの引き算の計算のもとになるからです。
数を分解したり合成したりして、
10になるように、または、10を使って計算すれば、決して難しくないのです。

けれど、計算が苦手と思っているお子さんは、なぜ10の補数を習ったのか、
それをどう使うか、その使い方をわからないままになっているのです。

計算が苦手と思っていらっしゃるお子さんは、このやり方を試してみてください。
きっと計算が楽になり、苦手意識が軽減されると思います。

この記事を書いたプロ

算数パズル教室 てらこや [ホームページ]

塾講師 増本真一

岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL:086-224-9677

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
てらこや|増本さん

「子ども自身が、考え、理解し、問題を解決する力」を育成(1/3)

  「てらこや」は、増本真一さんが奥さまの香織さんと2人で運営する教室。でも、算数や国語など教科学習がメーンの教室ではありません。主に指導するのは、「パズル道場」という頭脳開発プログラムです。このプログラムを通して、算数以外の全教科にもつな...

増本真一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

子どもが本来持つ「考える力」を伸ばす

屋号 : 算数パズル教室 てらこや
住所 : 岡山県岡山市北区野田屋町2-11-13 旧あおば生命ビル2F [地図]
TEL : 086-224-9677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-224-9677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増本真一(ますもとまこと)

算数パズル教室 てらこや

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
パズル道場開発者 山下善徳先生教育講演会 & パズル道場体験会

パズル道場開発者の山下義徳先生が教育講演会をされます。今回のテーマは「ズバリ!伸びる子どもと受かる子ど...

「問題に挑戦してみよう!」(チラシサンプル問題の解答)

頑張って一人で問題にチャレンジしましたか?人に教えてもらわずに、自分で作戦を考えて解いた人はちゃんと賢く...

“円”マジック

小学生の低学年で苦労するのが、数字の“桁”です。百のくらいまではなんとかいけるのですが、千、万となると、...

算数ノートの使い方

数年前に「東大生ノート」や「できる子のノート」など、本や雑誌で取り上げられ、話題になったことがありました...

パズル道場体験会

先日のコラムでご紹介しました11月20日の「山下善徳先生教育講演会」に、同時開催で、「パズル道場の体験...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ