コラム

 公開日: 2015-06-26  最終更新日: 2015-10-15

『話す』ことは『想いを伝えること』

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。


ジャパネット高田さんをご存じない方は少ないと思うのですが、先日、日本経済新聞に高田社長の記事が出ていました。



話の仕方、また特長のある声、リズミカルな口調、とても記憶に残りますよね。


大学をご卒業後、サラリーマンをご経験されお父様が経営される会社に入社後、どんどんご自身で改革され、急成長されています。その中でおっしゃっておられることが、話すということは想いを伝えること。


話すということは、ただ口から言葉を発するだけではなく、想いを伝えることであると言われています。つまり話をするのがうまいということは自分の想いを伝えることが上手な人ですと言われていました。


商品の先にある『生活』や『感動』と伝えることがミッションであると。社員さんには『夢を想いに、想いを言葉に、そして感動できる』ことを求めておられるそうです。


おっしゃるとうりだなと感じました。商売をしていますとついつい私見が入ってしまいがちですが、やはりお客様の想いを形にさせて頂くこと、また当然ですが喜んで頂くこと、またそのことが感動に繋がれば最高の商売かなと思います。


解りやすく、時には面白可笑しく、想いをお聞きして形としてご提供する。


私はとても地味な男ですので高田社長様のようにはなれませんが、そのような想いのある言葉が伝えれるようになりたいと思います。そのことがお客様の感動に繋がれば・・・同じことを繰り返していますね・・・


ふとそんなことを感じました。


生かさせていただきまして、ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

(株)田岡仏壇店 [ホームページ]

仏壇アドバイザー 田岡良一

岡山県岡山市東区藤井259-2 [地図]
TEL:086-279-1813

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

私の家にはまだ仏さんはいませんが、生前に仏壇とお墓の準備をしておきたいと父が言い出したため、田岡仏壇店にお世話になりました。理由は、私が以前から田岡社長...

 
このプロの紹介記事
田岡仏壇店|「「仏壇選びや修理の相談に“心”で対応します」と社長の田岡良一さん

お客様の気持ちを大切に、お仏壇・墓石の準備をお手伝いします。(1/3)

 「人とのつながりを大切に」をモットーに、設立来40周年を迎える田岡仏壇店。ほとんど宣伝をしないのに、地元はもとより他県からもお客様が訪れます。「ご紹介で来店されるお客様が多いのは、当店を認めていただいている証と受け止めています。1軒1軒の...

田岡良一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

仏事の頼れるパートナー

会社名 : (株)田岡仏壇店
住所 : 岡山県岡山市東区藤井259-2 [地図]
TEL : 086-279-1813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-279-1813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田岡良一(たおかりょういち)

(株)田岡仏壇店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
切子灯籠(きりこ とうろ)について
イメージ

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。平成29年度の切子灯籠の価格についてご案内させていただき...

[ 提灯 ]

お供えに「線香」ではなく「献米」はいかがでしょうか?
イメージ

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。お盆が近付いて参りますと皆様お供えのお線香を...

[ 雑学 ]

30号 屋久杉製仏壇を展示致しております。
イメージ

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。現在弊社に展示しています30号屋久杉の仏壇で...

[ 仏壇について ]

『家系図の作り方』について

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。昨日、祖父母の墓参りに行ってまいりました...

[ 雑学 ]

『オリーブウオールナット』という木で作った唐木仏壇
イメージ

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。先日のコラムで『槐』えんじゅのお仏壇の紹...

[ 仏壇について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ