コラム

 公開日: 2010-10-29  最終更新日: 2014-07-03

ペットロス症候群


 2005年の今日、その頃は「何にも代えがたい大切な存在」だったネコが、約3年間続いた闘病生活の後に亡くなりました。
 そして、私は何カ月もペットロスの症状に捉われていました。
 とにかく辛くて、寂しくて堪りませんでした。
 まだ私の側には3匹のネコ達が居てくれて、じっと私が立ち直るのを待っていてくれているのに、それでも長い月日、亡くなったネコのことを中心に考えていたように思います。
 「忘れてはいけない」と思い込んでいて、「いつまでも一番大切な存在だよ」と語りかけていました。

 そんな私に、「いつまでも思いを繋ぎ止めていることを、亡くなったネコは決して喜ばない、楽しい時間を共有できてありがとう、と言って送ってあげて」ということを教えてくれた人がありました。
 そして、「今、そばに居るネコ達を正面から受け止めてあげなさいね」とも言われました。
 落ち着いて自分の周りを見ると、その通りでした。

 共に暮らしていた動物が亡くなったら、辛い、悲しい、寂しいというような形容しがたい思いがあるのは当たり前です。
 私には、まだ3匹のネコ達が居てくれましたが、1匹飼いだった場合は、「辛いから、もう飼わない」と言われる人もいます。
 でも、動物達はほとんどの場合、私達人間とは違った「死」の受け入れ方をしているように思います。
 いろんな死生観がありますが、「自然の流れ」として、動物達は「死」を受け入れているのかな…と感じます。

 イヌやネコは、人間よりはるかに寿命は短いです。
 一緒に暮らし始める時、それは分っていたはずでした。
 そのことをもう一度思い出して、そして納得して、一緒に暮らしている時間はしっかり愛情を持って向かい合い、同時に動物達からも愛情+アルファをいっぱいもらって、限られた「時」を過ごしたいと考えるようになりました。

 愛していた動物を亡くされて、「もう飼わない」と考えている方たちも、また「あの笑顔と暖かな体温」を感じながら暮らす勇気をもってもらえたら、と思います。

この記事を書いたプロ

ペットケア SoundK [ホームページ]

ペットシッター 金田邦子

岡山県岡山市北区津島福居2-19-19 [地図]
TEL:086-254-4984

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
愛猫と一緒にポーズ! の金田さん

お留守番のペットに安らぎを(1/3)

 「お留守番するワンちゃんネコさんが無事に飼い主さんと再会できるまで、ストレスなく過ごせるようサポートする。考えていることはこれだけです。シンプルでしょ?」 そういって笑うのは岡山市北区津島福居のペットケアSoundK代表でペットシッタ...

金田邦子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

訪問時の各動物の状況をその場で判断し対応します。

会社名 : ペットケア SoundK
住所 : 岡山県岡山市北区津島福居2-19-19 [地図]
TEL : 086-254-4984

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-254-4984

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金田邦子(かねだくにこ)

ペットケア SoundK

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ペットシッターの仕事
アメリカンショートヘア、ティグちゃん

 動物と暮らしている人達が、旅行や出張などで1日以上家を留守にしなければならないとき、先ず考えるのは「わが家...

新たに家族を迎えるとき
イメージ

 犬や猫を、既に成犬・成猫が暮らしているところに新しく家族として迎えることになった場合、先住動物と新入動物...

熱中症から守るために
イメージ

 立秋も過ぎ、深夜には涼しい風が吹くこともありますが、太陽が顔を出している間は、まだまだ猛暑が続いています...

避難生活も動物と一緒に
イメージ

 昨年の東北大震災から早1年が過ぎました。 地震・津波だけの被害ではなく原発事故の影響もあり、まだまだ以前...

子犬と暮らした1週間
イメージ

 この秋の初め頃、知人の家の子犬を1週間ほど預かりました。 私の家には猫が3匹いましたので、本来なら知人...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ