コラム

 公開日: 2011-04-26  最終更新日: 2014-07-03

ネコとの暮らし方

 ネコと暮らすスタイルは、「完全室内飼い」か「外出自由飼い」かに分かれます。
 最近は完全室内飼いをされている方が多いですが、まだまだ「出入り自由」にさせている方もいらっしゃいます。
 「閉じ込めるのはかわいそうだから」とか「外に出たがるから」というのが、出入り自由にされている大きな理由のようです。
 確かに、外で生活することを強く望むネコもいますが、ほとんどの場合は、家の中だけの生活に順応してくれると思います。
 家の外に出ない生活の良いところは、①いろいろな感染症に罹患したり寄生虫に感染したりする危険性が大幅に減ること、②交通事故・喧嘩によるケガや農薬などによる被害に遭わないこと、③他人に迷惑をかけないこと、などがあります。
 ①と②は主にネコ自身と家族の問題ですが、③は全く関係のない人や動物に迷惑をかけたり、時には傷つけたりすることもあります。

仲良し

 今年の3月、1週間ほど留守中のお世話をさせていただいたワンちゃん(ヨークシャーテリア)は片方の眼を摘出していました。以前、散歩中にネコに襲われたのが原因だそうです。
 私もヨーキーと暮らしていたことがありましたが、散歩中に、通りがかった家の中から出てきたネコに襲われて、イヌも私もケガをしたことがあります。すごく怖かったです。
 しかし、「ネコの完全室内飼い」は、ネコが外に出ることのマイナス面を防ぐためだけではありません。何よりお互いの理解度が深まると思っています。
 一緒にいる時間が多くなれば、やはり双方が、どこに居るのかな?とか、何をしているのかな?と気にかけるようになりますから、そうなればなるほど、言葉や表情を理解し合えるようになるはずです。

 ネコは「気まぐれ」で「自分勝手」なだけではないのです。
 とてもよく家族を観察しています。
 「出入り自由」にしているネコの生活スペースを室内に限定することによって、たくさんの新たな楽しみが見つけられると思います。

この記事を書いたプロ

ペットケア SoundK [ホームページ]

ペットシッター 金田邦子

岡山県岡山市北区津島福居2-19-19 [地図]
TEL:086-254-4984

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
愛猫と一緒にポーズ! の金田さん

お留守番のペットに安らぎを(1/3)

 「お留守番するワンちゃんネコさんが無事に飼い主さんと再会できるまで、ストレスなく過ごせるようサポートする。考えていることはこれだけです。シンプルでしょ?」 そういって笑うのは岡山市北区津島福居のペットケアSoundK代表でペットシッタ...

金田邦子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

訪問時の各動物の状況をその場で判断し対応します。

会社名 : ペットケア SoundK
住所 : 岡山県岡山市北区津島福居2-19-19 [地図]
TEL : 086-254-4984

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-254-4984

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金田邦子(かねだくにこ)

ペットケア SoundK

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ペットシッターの仕事
アメリカンショートヘア、ティグちゃん

 動物と暮らしている人達が、旅行や出張などで1日以上家を留守にしなければならないとき、先ず考えるのは「わが家...

新たに家族を迎えるとき
イメージ

 犬や猫を、既に成犬・成猫が暮らしているところに新しく家族として迎えることになった場合、先住動物と新入動物...

熱中症から守るために
イメージ

 立秋も過ぎ、深夜には涼しい風が吹くこともありますが、太陽が顔を出している間は、まだまだ猛暑が続いています...

避難生活も動物と一緒に
イメージ

 昨年の東北大震災から早1年が過ぎました。 地震・津波だけの被害ではなく原発事故の影響もあり、まだまだ以前...

子犬と暮らした1週間
イメージ

 この秋の初め頃、知人の家の子犬を1週間ほど預かりました。 私の家には猫が3匹いましたので、本来なら知人...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ