吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-04-08  最終更新日: 2014-07-03

音楽つれづれ  1

新年度なので
ある講座で自己紹介と一言二言スピーチをしていただきました。
同じ講座に通っていても、こちらはお顔がわかるのですが
並んで一緒に歌っていると受講生同士ではお顔がおぼえられないこともありますので時々行なっています。

「歌が好き。ずっと好きで、50年以上楽しんでいます」
「声が出にくかったけど通っているうちにだんだん出て来た」
「この会が好き。新しい歌は難しいけど頑張っておぼえています」
「ずっと歌には自信がなかったけど、歌いに来てよかった」
「ぼけ防止に頑張って通っています」
などいろんなお話を聞く事ができました。
実は、こうやって一人ずつ喋るような機会のときに声が出にくかったり
話す事がいやだったりすると気が重くなりますね。
歌いに通っているから声も出るし、一緒に歌っている仲間の中だからみなさん笑顔で話せるのではないでしょうか?
「懐かしい歌もいいけど、新しい歌も歌いたい」
新しい歌はリズムが細かくて難しいです。
でも、それを細かく区切ってわかりやすく指導していきます。
何度も何度も同じことを繰り返すと、できなかったところもできてきます。
だけどクラッシックではない曲の場合は、まるで定規で測ったようなぎっちぎちの正確さはもとめなくていいと私は思っています。

また、「語り」の曲では
きちんと歌い過ぎると不自然ですね。
話をするように歌う(これが難しいのですが)。
話をするとき、ひとつひとつの音は同じ長さや同じ強さや高さではないです。
楽譜の音符がずっと八分音符♪であったり、十六分音符♬の連続であったとしても
きちんとそのまま歌うとなんとなく変です。
そういう細かいニュアンスを考えながら歌うといいと思います。

また、いつもアドバイスすることは
同じ事(ことばや旋律)を何度か言う(歌う)ときのことです。
同じ事が二度あっても二度ともまったく同じようにハンコを押すように歌っては魅力がないのです。

そのことはこのように説明します。

「たとえば、よそのお家の玄関でチャイムを押しても出ないので
こんにちは〜。と言ってみる。返事が無い。
それでもう一度 こんにちは〜と言う。でも、それは一回目とは同じ言い方ではないはずです。
それでも出て来ない。返事もない。
あれ?いないのかな?と思いつつ、もう一回 こんにちは と言うとしたら
私は小さい声になってしまうかもしれません。
まったく同じように同じ強さで言う事はないと思うので
歌でも強さや息の使い方、歌いかける方向などを変化させるとおもしろいです」

そういう話をさせていただきますと
みなさんの目がキラキラとして
さささっとメモをとる方が多いです。

「今学ぶことが楽しい!」そんな感じです。

昨日はある地域の老人会の皆様と一緒に歌ってきました。
「久しぶりに心肺を使った〜〜」とうれしそうな顔で話して下さった男性がいらっしゃいました。

この地区では月に二回、公会堂に集まって歌う会を開催していて
講師として参加させていただいています。
カルチャークラブや公民館まで出かけていくのもいいけど
地域の方と仲良く歌っていらっしゃるのも楽しそうです。
声かけ合っているお姿はほほえましいです。

吉井江里


この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [[[ホームページ http://sotto-voce.petit.cc/ ブログ http://erisotto.exblog.jp/  http://eri3005.wix.com/sotto-voce]]]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

合唱クラブに参加して

合唱。これが楽しみです。頑張って来ています。 コンサートに...

M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
はじめて第九の合唱に参加しようかな?という方に「楽譜に慣れるためには」
イメージ

今年、はじめて第九に合唱で参加しようかな?と思う方。オーディションを受けて、練習が始まるのですがオー...

[ ベートーヴェン第九 ]

生徒さんのつぶやきより〜童謡唱歌を歌って〜夕焼け小焼け
イメージ

童謡や唱歌を歌う講座を担当しておりますが、講座終了後にお声をかけて下さる方が必ずあります。ほんの小さな気...

[ 童謡、唱歌 ]

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ〜トップページを更新しました〜
イメージ

トップページ、写真などを更新いたしました。「音楽を楽しく伝えるプロ」から「歌って笑って元気になれ...

[ 音楽雑記 ]

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップ 新年度のお知らせ(2017年4月より)
イメージ

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップについて新年度の詳細 オーディション情報など http://www...

[ ミュージカル ]

どうして第九を何度も歌うの?飽きないの?
イメージ

どうして何回も第九を歌うのか?飽きないの?ベートーヴェンの交響曲第九番が日本中あちこちで演奏され、大...

[ ベートーヴェン第九 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ