吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-03-31  最終更新日: 2017-08-19

「歌いに来てよかった」はじめて歌いに来られた方から

先週の木曜日
はじめて歌いに来て下さった方が
帰りに建物から出られる時に声をかけて下さいました。

「ずっと声が出にくくなってね
高い声も出ないようになって
○○さんに何度も誘ってもらってたけど、もう声が出ないからと来なかったの。
でも、今日、来てみてよかった。
なんかね、声、出るみたい。歌えた」と言われました。

そう。そこ!なんです。
声は使わなかったら出にくくなります。
それは特別な歌の訓練のことではなく、普通の日常の会話が少なくなるのです。
やっぱり家にいてもそんなにはしゃべらないとおっしゃる方が多いのです。
日常の会話がどんどん少なくなってくると、いざ何かで声を出さないといけないシーンで「声がでにくい」ことがあり
それが気になると心が重たくなることがあるそうです。
だからそういう方には「新聞の、たとえば山陽新聞なら滴一滴」などを毎日声に出して読んでみてはどうでしょうか?などのご提案をしていますが
そんなに毎日きちんとできる人は少ないでしょうね。
歌がいい。と言われても
そんなに長くは歌えません。一人では。
だから気軽に参加できる「歌声」や「歌の講座」や「合唱」や「カラオケ」などがおすすめです。

話は変わりますが
私がこの「マイベストプロ」に登録するときに
かなり迷いました。
なぜならば、私の歌の講座や歌う会に参加されるであろう年齢位の方は
当時はインターネットを使うことは少ないのではないか?と思ったのです。
それから、名前も顔も匿名性であったネットでの世界で
名前も顔も出して色々と書く ということに不安がありました。

特に音楽の世界では自分から宣伝するということは少ないような気がしました。
でも、数年経ってみて
私たちを取り巻く環境はどんどん変わってきて
いまや幼い人からご高齢な方迄スイスイとスマホを操り
お問い合わせもインターネット上からいただきメールで連絡をいただいたり
写真のやりとりをしたり…..
そして、匿名ではないフェイスブックなどで自分を発信することが普通に行なわれる世の中になってきました。
でも、まったくそういうものを使用されない方もたくさんいらっしゃいます。

そして、自分はよそで家庭を持ったり仕事をして親と離れて暮らしていて
親のことは気にはなるけど……ということ。ありませんか?
まめに様子を見に帰ってあげたいけど
なかなか…
家に閉じこもりがちになっていないだろうか?
忘れやすくなってはないだろうか?と気になりますね。
親は子どものことをいつまでも心配ですし、子どもも親のことが心配です。
インターネットで何かを探して積極的に出かけていく人もいるけど
そうでは無い人もいっぱいいると思います。
それぞれの地域で歌う会や歌声喫茶、カルチャークラブや公民館
そういうところに歌いに行く事をすすめてさしあげてください。
(歌が嫌いな方には無理にすすめないでくださいね)

歌う事が健康や心にいいこと。は上記に書いた通りなのですが
「人との出会い」「会話」が大事なのです。
私はいま数百人の方々と「出会って」一緒に「歌って」お話もしていますが
来られた方同士の輪がひろがり、それが「ワクワク感を感じる」「生きる力がわいてきた」「元気が出た」「楽しい」という風なことになっているのを実感しています。
だから私も「私にできることならなんとかしてあげたい」という気持ちで
毎日頑張って準備や研究をしています。

そして、輪がひろがるだけではなく
「準備や片付けのお手伝いをしよう」「何か会があったら集金などはまかせて」などの声も上がり、どんどん皆さんが積極的に動いてチームワークがうまれてきています。

それぞれの得意分野もみえてきますので
「じゃあ、今度おひな様を和紙で折って色紙にはるのをおしえてあげるから集まろうか?」とか
「思い出のボタンを使ってブローチをつくってみようか?」など
歌の講座からどんどん展開していって、「楽しみ」を見つける。そんな動きも出て来ています。

私も中年ですが、友達と会うとこんな会話になります。
「親は元気?」
「家族はどう?」
「体の調子どう?」
「音楽ずっと続けていたいよねえ……でもどうかな?」
ちょっぴり不安なお年頃です。
でも、私はそんなに不安は感じていません。
だって、人生の先輩方に毎日お目にかかっていますが
「いきいき」と歌って、楽しんで下さっているのを間近に見ているので。

長くなりましたが
「歌の力、音楽の力」を感じて毎日過ごしています。

吉井江里


昨年9月に行なった「吉井江里感謝デー」で「70の手習い」の父と共演



「歌声遠足」でみんなでフォークダンス。楽しい楽しい時間を過ごしました。




「ことぶき大学」での講演




クリスマス会はほとんどの講座で行ないました。なかったところは忘年会で盛り上がります







七夕の時に短冊に書いていただきました。

私の方こそ皆様に出会えて最高です!

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

1人暮らしになって、喋る事も少なくて

1人暮らしになって人と喋ることが少なくなりました。このまま...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
そろそろ出身の学科で区切らないようにしませんか?歌とピアノの垣根を取っ払おう
イメージ

年齢を重ねてきますと大学に入るまでの期間よりその後の人生の方がどんどん長くなります。出身学科で区切る...

[ 音大出身者と音楽の仕事・好きな事を続ける ]

好きなことを続けていればきっと仕事になる 5 もしもどうしてもコードネームが苦手なら
イメージ

さあ、コードネームでは全然弾けなくて固まっていた私がどうしてできるようになったか。いくつかのポイントが...

[ 音大出身者と音楽の仕事・好きな事を続ける ]

両親と一緒に訪問演奏 デイセンターハイライフ(岡山市中区山崎)様へ
イメージ

70の手習いシリーズその1 http://mbp-okayama.com/sotto-voce/column/5385/その2 http://mbp-okayama.com/...

[ ワクワクする生き甲斐作り ]

好きなことを続けていればきっと仕事になる 4 全くできなかったコードネームで弾くこと

自分の実力のなさ、今まで勉強してきたことだけでは仕事ができないことを痛感した出来事がありました。オーディ...

[ 音大出身者と音楽の仕事・好きな事を続ける ]

好きなことを続けていけばきっと仕事になる 音大を卒業後 3 合唱団の伴奏で得たもの

ファッション関係のアルバイト→音楽教室の先生になる→講師を指導する先生と巡り合う音楽教室で出会った、講師...

[ 音大出身者と音楽の仕事・好きな事を続ける ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ