吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2013-11-04  最終更新日: 2015-10-05

講座生のみなさんとの遠足のことと、このごろ感じていること

携帯電話の普及はめざましく
スマホはたとえば、地下鉄の乗り換えや地図から、LINE、mixi、 twitter 、FacebookなどのSNS
スケジュール、メール、ゲームなどやその他様々なアプリが便利です。
もはや手帳の代わりになっているのではないでしょうか?
ついつい時間があると触ってしまいます。

片手に収まるサイズということでつい外出先でも見てしまいますね。
ある駅で待ち合わせをしていると、そのあたりに立っている人がみんなスマホを持っていて
顔が同じ角度に傾斜している姿なのには少しびっくりしました。

先日、ある練習を終えてその部屋を出ました。
出たところがちょうど椅子やテーブルが置かれているところで
学校から帰った小学生たちが集まっていました。
すこし前なら、漫画を持って集まったり、カードなどで遊んでいたのでしょうが
最近はみんなゲームを持っています。
みんなで集まっているのに、各々が別々にゲームに向かっている…
これはちょっと異様な光景だと思うんですが
どう思われますか?

私たちが小学生だったころとは時代は違い、子ども達をとりまく環境も違ってきています。
昔とまったく同じではなくてもいいと思いますが
この現象はあまりいいことではないと私は感じています。

何もなくても工夫して遊べたあの子どもの頃。
日が暮れるまで外で遊んだ日々。
童謡や唱歌にも出て来る、季節のうつろいや自然の美しさ。
そういったものよりゲームやスマホに気をとられてはいませんでしょうか?
子供も大人も。

外で遊ぶのが危ないとされるようになってきましたね。最近は。
交通の事以外にも、子どもを狙った犯罪も多くて、安心して外で遊ばせることができないのも現実ですし、昔のようにお母さんが家にずっといらっしゃる家庭が少なくなっています。
子どもは放課後孤独な場合が多いのです。
孤独な上にこんなに便利で楽しいものを与えられてしまったのです。夢中になるなと言う方が無理です。



写真は私の歌の講座のみなさんとの「歌声遠足」の様子です。

道中のバスの中でも歌い、外でも歌い、ご飯を食べて温泉や足湯を楽しみに行きましたが、途中に立ち寄ったお茶の製造をされているところの広場がありましたので
そこでも歌わせていただいたのですが
広いのでこんな機会はめったにないと思いまして
50人弱の人数で手をつないでまるくなってもらいました。歌に合わせて手をたたいたり握ったりして、そのうちに3つほどのグループにわかれてまるくなってもらって私が鍵盤ハーモニカを吹くと
みなさん歌いながらフォークダンスをはじめられたのです。

ぐるぐるまわったり、ステップしたり、アーチをつくったりして
それぞれの輪で即興でフォークダンスです。
そのときの楽しそうな笑顔と活発な動き。
頬が紅く染まり、生き生きとした表情。
まるで小学生の遠足の引率をしているような気持ちになってきました。



何もなくても工夫して遊ぶ術をみなさんは持っています。
そして、花を愛でて、自然の美しさに感動し
音楽に心はずませ
心に潤いのある今このときを謳歌しているように私の目にはうつります。



便利さに慣れてしまった子ども達。
なんとかこの中高年の持つ「ゲームや便利な物に左右されない力」や
「何もなくても工夫して遊ぶ術」を伝える方法はないでしょうか?
もちろん、小学校などでもいろいろと工夫してそういった世代と一緒に何かすることを実践されているところもあります。

子ども達の生活これでいいのでしょうか?

写真は遠足の様子です。
私も楽しかったです。ちっとも疲れませんでした。
こんな風に校庭で遊びまわった日々を懐かしく思い出しました。



写真は受講生の塩見さんから拝借しました。
いつもありがとうございます

吉井江里

http://sotto-voce.petit.cc/
https://www.facebook.com/sottovoceERI.Y
http://erisotto.exblog.jp/

2015年10月5日に追記しました。

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [[[ホームページ http://sotto-voce.petit.cc/ ブログ http://erisotto.exblog.jp/  http://eri3005.wix.com/sotto-voce]]]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

コーラスは達成感が魅力

歌は聴くもの、と思っていましたが、ある人に誘われて吉井先...

A.A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ〜トップページを更新しました〜
イメージ

トップページ、写真などを更新いたしました。「音楽を楽しく伝えるプロ」から「歌って笑って元気になれ...

[ 音楽雑記 ]

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップ 新年度のお知らせ(2017年4月より)
イメージ

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップについて[[新年度の詳細 オーディション情報など http://w...

[ ミュージカル ]

どうして第九を何度も歌うの?飽きないの?
イメージ

どうして何回も第九を歌うのか?飽きないの?ベートーヴェンの交響曲第九番が日本中あちこちで演奏され、大...

[ ベートーヴェン第九 ]

いきいきシニアライフ 6 ワクワクすることを見つけて出かけて行こう
イメージ

はじめの一歩を踏み出すのは大変なこと。家でゆっくりゆったりと過ごすのも決して悪いことではないですが楽し...

[ 介護予防 ]

いきいきシニアライフ 5 女子力アップのアクセサリー作り
イメージ

私の講座に来られる方の多くが女性です。女性の皆様は手作りが大好きです。中でも編み物とブローチ作りは人気...

[ 介護予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ