コラム

 公開日: 2013-02-08  最終更新日: 2014-07-03

70の手習い その3 「知りたいということ」

70の手習い@その3

70の手習い1、2をご覧いただいた方
まだ続きます(笑)
その1http://mbp-okayama.com/sotto-voce/column/5385/
その2http://mbp-okayama.com/sotto-voce/column/5401/

実は私の家は実家の隣にあり、昼に家に帰ることが多いので(実はほとんど外食はしていなかったりします)
両親と一緒に昼食をとることが(要するにごちそうになるわけです♪)結構あります。
そのときに父親と音楽の話をすることが多いのですが

「コードはだいたいわかったので
今度は♯(シャープ)や♭(フラット)と調の関係がわからないこともあるので
一覧表を書いてほしい」と言う相談。

こういった音楽の理論は「むずかしい」と考えられがちですが
実はそうではないのです。
本に書いてあるのを読んでもわからないことはありますが
わかりやすい方法があるので説明しながら書いてみました。




「もっと知りたい」
「もっと上手になりたい」
「これはどういうこと?」

その気持ち。それが大切なんです。
でも、教え方によっては「これはだめだ。自分にはわからない」と遠ざけてしまわれると思います。
その人がわかるかたちで
じっくりと説明してさしあげること。は大事だと思います。

それから
私も歌詞等で生徒さんから質問があっても、上手に説明できない事もあります。
でも、それをそのまま放置してはいけないので
必ずメモして帰って、調べて
次の時にみんなで一緒に「知る事」にしています。

【知りたい】気持ち。
大切にしたいです。

そして
ただ「歌う」だけではなく
たとえば「早春賦」を歌うとしたら
全部の音を「まるで水道の蛇口から水がドバ〜ッて同じ調子で流れ落ちるように」歌わずに
たとえば、楽譜を見ますと
「強弱」の記号がついていて、「ときにあらずと声もたてず」という歌詞が2回繰り返されていますが
その二回目がPP(ピアニッシモ)になっていて、さらにrit.(リタルダンド)という記号がついているので
一回目とは違い「やわらかくちいさく、ゆっくり大切に」歌うといいんだなあ。ということがわかります。
そういう、楽譜の中にある【作曲者からのメッセージ】
こういうのも無視したくないですね。
もしも♪が苦手でも、楽譜の中に何かそういう楽語(強弱やテンポのことやニュアンス)が書いてあったら、少し「これは何かしら?』と思って
そして、それが【質問できる】ような
そんな教室でいたいです。

歌声喫茶でも質問は大歓迎です。
始まる前でも途中でも終わっても
【質問】でもいいですし
【お話】も受けつけておりますw
少しでも皆さんの音楽ライフがより充実しますように。そう願っております。

2月の歌声喫茶は23日。21日です
詳しくはこちらをご覧くださいませ
http://mbp-okayama.com/sotto-voce/column/5551/

歌の講座はこちらにあります
書き出してびっくりしました.....
こんなに多くなっていたのですね....
関係者の皆様方、ありがとうございます。

山陽新聞カルチャー本部教室
https://santa.sanyo.oni.co.jp/santa/pc/culture/showDetail.do?lectureId=40268
山陽新聞天満屋教室
https://santa.sanyo.oni.co.jp/santa/pc/culture/showDetail.do?lectureId=39779
「歌のひろば」公民館クラブ(御南、大元、京山、富山)
京山http://mbp-okayama.com/sotto-voce/service2/213/
大元http://mbp-okayama.com/sotto-voce/service2/214/
御南http://mbp-okayama.com/sotto-voce/service2/216/
富山http://mbp-okayama.com/sotto-voce/service2/215/
リビング新聞カルチャー倶楽部歌声喫茶「東京」
http://mbp-okayama.com/sotto-voce/service2/210/
済生会カルチャー
http://www.okayamasaiseikai-syowa.jp/culture/detail.php?lesson=376
http://www.okayamasaiseikai-syowa.jp/culture/detail.php?lesson=377
岡山シンフォニーホール「歌え!わが心』
http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/event/flyer/utae.pdf
歌声サークル富山(新設)2月26日無料体験会実施です
♪詳細は次回ご案内をいたします

吉井江里HP
090-4147-4303

この記事を書いたプロ

ソットヴォーチェ [[[ホームページ http://sotto-voce.petit.cc/ ブログ http://erisotto.exblog.jp/  http://eri3005.wix.com/sotto-voce]]]

教師 吉井江里

岡山県岡山市南区 [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

音楽の力と歌の楽しさ体感して(1/3)

 懐かしい唱歌や昭和の歌謡曲、クラシックの名曲、さらにはこのごろの流行歌を一緒に楽しく歌いませんか―。 岡山市南区万倍を拠点に音楽活動を続ける指導者の吉井江里さんは、岡山市内の公民館やイベントなどで合唱の指揮や講座の先生として歌の素晴ら...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

歌って笑って元気いっぱいな毎日を心をこめてサポートします

会社名 : ソットヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山市南区 [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソットヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生のピアノが好きです

吉井先生の講座に参加して2年ほど経ちますが いつも先生の素...

k
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オニビジョン「岡山弁でえすき(大好き)」の歌のコーナーに出演しています 12月〜
イメージ

4月からオニビジョンさんの「歌おうみんなで」に出演しておりますがこのたびは「岡山弁でえすき」でピアノ&...

[ 「歌おうみんなで」テレビ ]

山陽レディース倶楽部 きらり 第3回ステージイベントの第1部のコンサートを担当しました
イメージ

11月29日岡山シンフォニーホールで開催された「山陽レディース倶楽部 きらり」第3回ステージイベントの第...

[ 舞台 ]

いきいきシニアライフ 3 学ぶことをやめない〜メモ魔になろう〜
イメージ

わたしの講座に来られている方の年齢層は六十代から八十代が多いです。1番年上の層は九十代です。四十代から九...

[ 介護予防 ]

いきいきシニアライフ2
イメージ

わくわくすることってありますか?わくわくするような予定があるといいですね。見ているとわくわくするよ...

[ 介護予防 ]

福寿大学「歌って笑って元気いっぱい」岡山市旭東公民館高齢者講座
イメージ

11月18日、岡山市の芥子山のすぐ近くにある旭東公民館へ福寿大学の講師として参りました。数年前にも一度この講...

[ 介護予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ