吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2012-09-18 

コンサートのマナーについて 1

コンサートのマナーについて 1

昨日は県立美術館のホールに行って来ました。
アンドリュー・フォン・オーエン ピアノリサイタルです。

曲目は
 ベートーヴェンのソナタ 「悲愴」 と「ワルトシュタイン」

休憩後は

 ショパンの 「舟歌」 「ワルツ」 「エチュード」 「幻想即興曲」

 ラヴェルの 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 「ラ・ヴァルス」
 でした。

とても素晴らしい演奏で、お席も満席で、非常によい時間を過ごせました。
それでちょっと気がついたのですが
拍手のことです。
いつ拍手したらよいかって結構難しいのではないでしょうか?
もうそんなのわかっていますという方もいらっしゃるでしょうがちょっと確認してみませんか?

昨日の前半は
ベートーヴェンのソナタが2曲でした。
ソナタというのは第一楽章から始まり、第3楽章までのものもありますが
曲によっては第4楽章以上のものがあります。
「悲愴」ソナタと「ワルトシュタイン」と続きますと
「悲愴」の第3楽章まで終わると拍手してよいのです。
でも、悲愴の1楽章で一度は音楽が終わるものですから、ちょっと迷いますね。
1番いいのはその曲を知っていたり、予習をするといいのですが
そういう簡単に聴ける、予習できるものばかりではありませんから
プログラムをご覧になるといいですね。
プログラムにはそのソナタや組曲が何楽章まであるか書かれています。
でも、プログラムはプロの演奏家のリサイタルなどになるとチケット料金とは別に会場でプログラムを買い求める必要があります。
ですから、よくわからないとき(拍手をするタイミング)はとにかく音が終わってすぐに拍手せず、まわりの人の様子をうかがってからすると失敗がないと思います。

それから、昨日の2部の場合
どうやらピアニストさんはショパンの「舟歌」から「幻想即興曲」まで一気に弾いてしまいたい様子でした。
というのも、「舟歌」が終わって、素晴らしいものですからついついみんなが拍手したのですが、座ったまま軽くおじぎをされ、次に進まれました。
小品をいくつか演奏する場合
その数曲のかたまりはできれば続けて演奏したいものです。
一曲一曲で拍手が来ると緊張感が保てないし
それぞれの演奏家は曲間のことまで考えて演奏しています。
昨日の場合はその「舟歌」のあとは、弾き終わっても手をおろさず、しばらく間(ま)をとって次の曲に進まれていました。
曲によっては間に少し大きな間(ま)が必要なときもありますから、ちょっと手をおろさずに行くのはしんどかったかもしれない。
そんな、気を遣いながらコンサートを聴くなんて…..と思われるかもしれませんが、演奏家と同じ空間にいて、その時間とその世界観を共有できることは何ものにも代え難い素晴らしい時間ですので….

それから拍手のタイミングですが
音楽には余韻というものがあります。最後の音を弾いてもまだペダルが踏まれたままですと、響いています。その音が消えてしまうまで待っておくとよいし、曲によってはこちらも音が終わるかどうかのところで拍手をしてしまっていいと思います。
もう、拍手をせずにおられない!というときもありますからね。
オーケストラの場合は音だけでなく、指揮者の動きをよく見てください。最後の音を切る動作のあと、指揮者が動かなかったらちょっと待ってみてください。
やっぱり余韻が残るので、すぐに拍手にかき消されてはもったいないなと思う事があります。

こういうマナーは「とにかくコンサートに足を運び、体でおぼえる」のが1番いいと思いますね。

また、ロックやPAを使ったコンサートでは事情が違います。

オペラやバレエも少し上記とは違いますのでマナーについての2をお楽しみに。

秋冬はホールに足を運んでみてはいかがでしょうか?
チケットを入手してわくわくしながら待つのもいいですし
完売してなければ当日の都合や体調でパッと飛び込むのもいいですね。
学生さんにはユースシートがあります。

また、大人でも岡山シンフォニーホールなどは、3階席がとてもいい音です。絵画と同じで近くから鑑賞するのもよいし、遠く離れて鑑賞するのもよいです。どちらも意義がありますね。

お子さんがいらっしゃる方はコンサートによっては託児付きのものもありますし、岡山フィルハーモニック管弦楽団のように子どもさんと一緒に楽しみませんか?というコンサートもあります。
10月7日(日)の「親子deクラシック」などがおすすめですよ。
http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/event/jishu_concert.html

吉井江里
http://sotto-voce.petit.cc/

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

先生に出会って良かった 歌うことで救われました

先生。最初にこの講座を見学に来た時、私はとてもストレスが...

A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

自己紹介のとき、一回できちんと名前を聞き取ってもらえるようにするには【子音をはっきり発音する】
イメージ

自己紹介は得意ですか?自己紹介では最初に名前を言うことが多いですがその名前が聞き取れないことが多いと...

[ 声について ]

新しい講座がスタートします 山陽新聞カルチャー本部教室 体験レッスン11月18日開催
イメージ

岡山市北区柳町にある山陽新聞本社ビル内の山陽新聞カルチャープラザ。2011年から「歌って健康いきいきライ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ