吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2011-12-23  最終更新日: 2012-01-16

コバケン第九@本番を終えて その2

コバケン第九@本番を終えて その2

ベートーベン(ベートーヴェンとも書きますが、新聞ではべだそうです)作曲第九交響曲は4つの楽章にわかれています。
合唱団が歌うのは第4楽章だけなんです。
だから、入場してからしばらくの間は舞台上の山台に座って4楽章が始まる迄聴いています。
目の前で繰り広げられる指揮者とオーケストラの音楽の中に浸りながら待ちます。
少しの動きでもお客様からは見えてしまうので、じっと待っていないといけません。
ソリストの方は4人いらっしゃいますが、彼らは2楽章が終わるまでは舞台袖で待機、その後入場してきておなじく3楽章は座って待っています。

さあ。いよいよ4楽章。
4つの楽章はただ順番に演奏されるのではなく
前の曲の終わりの音の余韻も大事ですし、その後の間もとても大切。
3楽章が終わったからといって、ざざっと立ち上がるなんてことはいたしません。
4楽章が始まってからマエストロ(指揮者)がお決めになったところで200人以上の合唱団が一斉に立ち上がります。
そ場所は指揮者によって違います。
今回のところはちょっとぼ~っとしていてはわからない場所で、それはちゃんとマエストロが指示を出して下さるのですが、きれいに皆で立つために非常に集中&緊張して指揮を見ていました。
ただでさえ、美しい明かりが点るホール内ですが、
いよいよその場面になって立ち上がったときに
照明が、天井にある照明のかたまり(星のかたまりのように見えました)が
ジャーン!とついて(これもはじめて)私たちはまたこれでテンションが上がりました。まるで宇宙の星の中に漂っている中に、きらきらと輝く大きな宇宙船があらわれて私たちを見守ってくれているような、そんな感じでした。
それなのに、また音楽が少し変わったところで照明がバン!と一段階さらに明るく私たちを照らしました。
この照明による演出はどなたが仕掛けられたのでしょうか?やっぱりマエストロ?
シンフォニーホールは開館20周年を迎えたので、照明その他の機器を新しくされたと聞きました。今迄にない明かりによる演出に感動しました。
そして、マエストロとオーケストラとソリストと合唱が一緒になって第4楽章があるときはうねるように、あるときはささやくように…..マエストロの指揮に必死で食らいつき、歌いながら感動していつの間にか最後に近づいてしまっていて、合唱が歌い終わったあと、オケはまだ少し演奏が残っているのですが、もういてもたってもいられないような情熱に溶けそうになりながら最後の音が鳴り、空白があり、そして割れるような拍手!!!今迄でひょっとしたら1番大きな拍手かしら?と思うほどでした。
まだいまだにそのときの感動が心に残っています。
あまりに緊張&興奮したので次の日は体調を崩してしまいました。
あとから聞いてみると、そういう人はたくさんいました。
まだ演奏会の余韻が残っています。
それほどコバケンはすごかった。オケも合唱も。

吉井江里

ソットヴォーチェブログ→http://sotto-voce.petit.cc/banana/
マイベストプロコラム→http://mbp-okayama.com/sotto-voce/column/
各種レッスン、歌声喫茶等 音楽のことなら何でもご相談ください
ソットヴォーチェ音楽事務所 090-4147-4303

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

先生に出会って良かった 歌うことで救われました

先生。最初にこの講座を見学に来た時、私はとてもストレスが...

A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

自己紹介のとき、一回できちんと名前を聞き取ってもらえるようにするには【子音をはっきり発音する】
イメージ

自己紹介は得意ですか?自己紹介では最初に名前を言うことが多いですがその名前が聞き取れないことが多いと...

[ 声について ]

新しい講座がスタートします 山陽新聞カルチャー本部教室 体験レッスン11月18日開催
イメージ

岡山市北区柳町にある山陽新聞本社ビル内の山陽新聞カルチャープラザ。2011年から「歌って健康いきいきライ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ