吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2011-12-14  最終更新日: 2012-01-16

コバケン第九@本番を終えて その1

コバケン第九@本番を終えて その1

ベートーヴェンの第九交響曲の合唱は、4楽章になってはじめて歌います。
合唱の歌う時間はとても短いものです。
第九はハマると毎年歌わないと年が越せないようになるらしく
何度も経験された方が多いです。
暗譜で歌うのですが、もうしっかり頭の中に歌詞もリズムも入っていて
どこでもどなたが指揮でも歌えそうだ、と勘違いされがちなのですが
指揮者によって解釈が違います。
ですから、我々合唱はそのたびにその指揮者の解釈を理解しようとして
本番までの短い時間、集中して本番に臨みます。

特に今回は指揮者が「炎のコバケン」こと小林研一郎先生ということで
研究に研究を重ねた、情熱的な、そして声の出し方ひとつひとつにもイメージを持って大切に歌うご指導でしたので
控え室でも「ここはこうだったかしら?」「ここのテンポは?」と
楽譜を開いてお互い確認し合う姿があちこちで見られました。
こういう光景は今迄にはあまり多くなかったように思います。
指揮者の想いをくみとらないといけない
指揮棒に、指揮者にくらいついていかないといけない
すごい集中力でみんなが歌おうとしたのは
やはりコバケンが全身で、またさまざまな言葉で一生懸命伝えて下さったからだと思います。もちろん、どんな指揮者もそうなのですが、今回はまた特別なものを感じました。

ゲネプロ(舞台上での当日リハーサル)で舞台から客席を見ながら歌いますが
コバケンが「木星の横を通ってず〜っと向こうに(ちょっとはっきりした言葉は忘れましたが)神様がいらして光が見えて、そしてその音をコバケンが捕まえます。それがフォールゴ〜〜〜〜ッttのこのttです」と長くのばす音への注意と止め方、子音の説明を全身で表現して下さると
なんだか宇宙にいるみたい…….と思ってしまったのです。
シンフォニーホールの天井の明かりが星のように思えて
ああ、この曲は惰性で歌ってはいけないんだ。ひとつひとつの言葉にもイメージを描いて声にしないといけないんだということが強く心に残ったのです。
そして、合唱団には美しく立つこと。
オーケストラには美しく座って楽器を構えて「僕らは夢を売る仕事をしてんですよ〜」とおっしゃってました。

続く

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

合唱クラブに参加して

合唱。これが楽しみです。頑張って来ています。 コンサートに...

M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

自己紹介のとき、一回できちんと名前を聞き取ってもらえるようにするには【子音をはっきり発音する】
イメージ

自己紹介は得意ですか?自己紹介では最初に名前を言うことが多いですがその名前が聞き取れないことが多いと...

[ 声について ]

新しい講座がスタートします 山陽新聞カルチャー本部教室 体験レッスン11月18日開催
イメージ

岡山市北区柳町にある山陽新聞本社ビル内の山陽新聞カルチャープラザ。2011年から「歌って健康いきいきライ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ