吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2018-04-29 

コンサート案内「戸澤采紀ヴァイオリンリサイタル」若さ溢れる演奏を聴いて心に栄養を

生演奏の魅力

生演奏を聴くと感動のあまり涙が出てくることがあります。
また、私の場合は「早く帰ってピアノ弾きたい!歌いたい!」という衝動にかられます。
生演奏を聴く機会を見つけてぜひホールで鑑賞して感動を味わってください。

戸澤采紀 ヴァイオリン・リサイタル2018のご案内


戸澤さん ヴァイオリン1
最年少で日本の音楽コンクールを制し、現在東京芸術大学付属高校で学び
同時に活動の幅を海外にも広げている戸澤采紀さんのリサイタルが8月10日に岡山で開催されます。

若くて情熱的な演奏を聴くことは大きな感動や勇気(私の場合は私も頑張らなくっちゃ!という気持ちです)を与えてくれます。
彼女の場合はただ若いだけではなく、インタビュー記事を拝読してみると
マーラーがお好きだったり演奏前のエピソードなどはとても大人っぽい印象を受けます。
昨年行われたリサイタルは聴きに行くことができなかったのですが
動画で聴くその音色、音程には安定感があると感じます。
ぜひ間近でその音色を聴いてみたいと思います。

海外での演奏の動画をご覧ください(コンクール スイス・シオンで行われたティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクールで最高位である第2位を受賞。併せて現地の音楽学生が選出する、Youth Jury賞を受賞)





彼女のお母様は岡山のご出身。また、伯母様は岡山在住の音楽家で、伯母様とは交流があります。
その伯母様との演奏もこちらにアップされております。
どうぞご覧くださいませ


【岡山公演】
2018年8月10日(金)
早島町町民総合会館  「ゆるびの舎」文化ホール
19時開演
「ゆるびの舎」は駐車場があります。

【東京公演】
2018年9月21日(金)
浜離宮朝日ホール

ヴァイオリン 戸澤采紀 ピアノ 丸山晟民

プログラム
モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 第18番 ト長調 K.301
ミルシテイン/パガニーニアーナ
イザイ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ト長調 Op.27 No.5

~ 休 憩 ~

ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ 第8番 ト長調 Op.30,No3
プーランク/ヴァイオリンソナタ FP 119

最年少で日本音コンを制したヴァイオリニスト戸澤采紀 ←インタビュー記事

チケット販売サイト

戸澤采紀 (ヴァイオリン)プロフィール
2001年生まれ。
6歳より母の手ほどきによりヴァイオリンを始め、7歳より保井頌子氏に師事。
現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校2年在学中。
第30回神奈川音楽コンクール大賞、部門別最優秀賞および神奈川県知事賞受賞、
第15回大阪国際音楽コンクールAge-J部門第1位受賞、第2回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール第1位。
第69回全日本学生音楽コンクール バイオリン部門中学校の部東京大会第1位、
全国大会第1位を受賞。ならびに、横浜市民賞、兎束賞、東儀賞を授賞。
翌年2016年、第85回日本音楽コンクールバイオリン部門を最年少15歳で制覇。
併せて黒柳賞、鷲見賞、レウカディア賞を授賞。

2017年、スイス・シオンで行われたティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクールで最高位である第2位を受賞。併せて現地の音楽学生が選出する、Youth Jury賞を授賞し、本格的にヨーロッパ進出を果たす。
2014年、室内楽の分野でヨーロッパ最大規模のフィンランド・クフモ室内音楽祭ミュージックコースに参加し、オレグ・カガンメモリアルファンドスカラシップを授与される。
その後2回音楽祭に参加し、2016には招待を受け、ヤングアーティストとして多くの世界的演奏家と共演を果たす。2017年には、ドイツ・クロンベルクアカデミーにて開催されたアナ・チュマチェンコ氏のマスタークラスをオーディションに勝ち抜き受講、選抜者コンサートに出演するなど、活動の幅を世界に広げつつある。
エコール・ジェラール・プーレ第6期特待生B。

これまでに、ローザンヌ室内管弦楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、東京シティフィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団と共演。
2017年度ヤマハ音楽奨学支援奨学生。

使用楽器は、文京楽器の協力により、イギリス・Beare Internatinal Societyより貸与されている、J.B.Vuillaume。

現在、玉井菜採、ジェラール・プーレ、保井頌子の各氏に師事。

丸山晟民 (ピアノ)
1998年、福岡市に生まれる。福岡県立筑紫丘高校を経て、現在 東京藝術大学器楽科に在学中。第15回東京音楽コンクール 第3位。第22回 日本クラシック音楽コンクール 中学校の部 全国大会第1位。第11回 北本ピアノコンクール 全部門においてグランプリ、市長賞受賞。その他多数受賞。第6回秋吉台音楽コンクール 室内楽部門入選。2015年に東京交響楽団と共演。これまでに、城戸美紀子、藤田道久、福田伸光、原博子の各氏に師事。現在、東誠三、黒川浩、鈴木慎崇の各氏にピアノと室内楽を師事。

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生に出会って良かった 歌うことで救われました

先生。最初にこの講座を見学に来た時、私はとてもストレスが...

A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お問い合わせありがとうございました ご体験について

お問い合わせをいただきました。メールの返信がパソコンからしかできませんので(パソコンのアドレスでスマ...

[ 講座 ]

童謡、唱歌を楽しむ テーマを決めて〜母の日によせて〜
イメージ

懐かしの童謡唱歌を楽しむ会(岡山市北区昭和町 済生会カルチャー&フィットネス)2018年5月10日(木...

[ 童謡、唱歌、愛唱歌の魅力 ]

童謡が誕生して100年 1 「歌はかたちがないものだから残っている」
イメージ

2018年は童謡が誕生してから100年の年幼い頃に口ずさんだ歌 童謡あの頃は楽譜や歌詞を見なくても...

[ 童謡、唱歌、愛唱歌の魅力 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ 楽しむコースの魅力 1
イメージ

岡山シンフォニーホールのミュージカルワークショプが新しいスタイルでスタートして三年目を迎えます。私は「...

[ 岡山シンフォニーホールミュージカルワーク ]

春の講座案内 第1、3水曜日午前中 山陽新聞カルチャー本部教室「歌って健康いきいきライフ」
イメージ

2011年4月に開講した、山陽新聞カルチャー本部教室の「歌って健康いきいきライフ」おかげさまで受講生は最初から...

[ 講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ