吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2018-02-25  最終更新日: 2018-04-04

本当に深刻なのは高齢者より若い世代の声のこと

私の家族の中にはIT関連の仕事に就いている者がおり、
まだ新人の社会人のこの家族にどんな風に働いているのか今年のお正月の帰省のときに聞いてみた。

✳️昔と比べて作業の変化で喋る事が減っているのでは?
昔とは違い、今はパソコンでの作業が当たり前なのでそれぞれのデスクにはパソコンがあり、パソコンに向かって仕事をしており、互いに用事があるときは画面では作業と並行してチャットで社員同士が会話しながらすすめていく様子。
声を出して会話することは少なくなってきているのではないだろうか?あくまでも以前と比べてであるが。
もちろん職種や部署によってはもちろん「声」や「喋り」が大切なツールであることは変わりない。プレゼンテーションというシーンや営業では特に。

✳️スマートフォンの出現、メールやLineの出現は便利であるが、、、、
プライベートでもメールやラインなどの出現によって圧倒的に声を出すことが少なくなっている。
また昨今の SNSの発展。
実際に会って話すということが少なくなっている若い世代が年齢を重ねていくと
今の高齢者よりも口腔、呼吸、筋肉の低下などがもっと深刻な状態になるのではないか?
電話での会話も以前にくらべて少なくなってきているのでは?
喋らなくてもことが足りてしまうことは口周りの筋肉や声を退化させていく。
今はそれでも大きな影響はないが、年齢を重ねた時にどうなるか。ちょっと心配である。

✳️引きこもりがちな息子さんがいらっしゃる方にお聴きしたこと
自室から出にくい状態で、仕事をしていない、他との接触がほぼないとおっしゃる男性のお母さんからある紙をいただいたことがある。
それには「ディクション」と書かれており、唇や舌、舌の付け根などを使って発声するトレーニングの表で、引きこもりがちな人たちが社会復帰を目指すために集まってトレーニングを受ける時にこの紙を使っている、とおっしゃっていた。
それはカラオケボックスに集まってトレーニングするらしい。

なぜそういったトレーニングをするかというと、いざ「外に出よう」「働きたい」と思っても
会話をほとんどしないでいると自分の思っていることを人に伝えるときに口がよく動かなくて想いを伝えることができない、受け答えがスムーズにいかないということ。
声が出にくくなってしまい喋る事が以前のようにできなくなっていて、せっかくのチャンスややりたいと思う気持ちが萎えてしまうからだそう。ちょっとした失敗もやっとの想いで外にでて機会を持った状態であるとダメージは大きい。

もしも喋らなくてもいい職種だとしても、面接や仕事を教わるシーンではかならず会話が必要になってくる。
いざというときに声が思うように出ないというつらさを感じるとせっかくの心が前向きになっているのにその方向が変わってしまうかもしれないのだ。

じゃあ「トレーニングしなさい」とまだその時期が来ていないのにすすめても
それは大きな心の負担になるだけで、まずはまわりや本人が
「ずっと喋らなかったら声が出にくくなるかもしれない」「トレーニングすれば改善できる」ということを知っておくとよい。心の片隅に置いておいてほしい。
若い世代の方の中には「いや、そんなことはない。自分はちゃんと会話している」と思われる方も
いらっしゃるかもしれない。
しかし私が若かったときの連絡手段は(私は55歳です)家の電話、公衆電話、手紙しかなかった。
あとは対面で直接言葉をかわすことが当たり前。

わたしたちが今携帯やスマートフォン、パソコンと向き合っている時間はトータルでどのぐらいになるだろうか?その時間は私が20歳の頃には生活の中にはなかった時間、、、、
じゃあ何をしていたのだろうか?
待ち合わせがうまくいかないときは、駅の伝言板に「先に行きます ○○さんへ」など書いたり
じっと30分待ったりしていて(そんなことは信じられないのでは?)今現在とは随分違った生活をしていた。
テレビも白黒だった時代もあり、本当に現在とは違う生活をしていて
「会話」を楽しむことがもっと毎日行われていたと思う。
コンビニもなく、夜はもっと暗くて静かだった。
逆に夜は飲みに行ったり踊りに行ったりして騒いでいた。これは会話を直接楽しんでもいたの。
便利になった今日では様々な技術も発達してそれはとても素晴らしいこと。便利になった現代、人間の体が持つ本来の力にもう一度目を向けてみる必要があるかもしれない。
自分のからだの声に耳を傾ける必要が。



遊び1
幼い頃に遊んだように
何もなくても遊べる世代の受講生の皆さんの様子です

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

歌声喫茶「東京」講座に参加して

私が二週間に一度楽しみに通うクラシック喫茶「東京」はどこ...

F
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(23

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お問い合わせありがとうございました ご体験について

お問い合わせをいただきました。メールの返信がパソコンからしかできませんので(パソコンのアドレスでスマ...

[ 講座 ]

童謡、唱歌を楽しむ テーマを決めて〜母の日によせて〜
イメージ

懐かしの童謡唱歌を楽しむ会(岡山市北区昭和町 済生会カルチャー&フィットネス)2018年5月10日(木...

[ 童謡、唱歌、愛唱歌の魅力 ]

童謡が誕生して100年 1 「歌はかたちがないものだから残っている」
イメージ

2018年は童謡が誕生してから100年の年幼い頃に口ずさんだ歌 童謡あの頃は楽譜や歌詞を見なくても...

[ 童謡、唱歌、愛唱歌の魅力 ]

コンサート案内「戸澤采紀ヴァイオリンリサイタル」若さ溢れる演奏を聴いて心に栄養を
イメージ

 生演奏の魅力 生演奏を聴くと感動のあまり涙が出てくることがあります。また、私の場合は「早く帰ってピア...

[ 音楽鑑賞 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ 楽しむコースの魅力 1
イメージ

岡山シンフォニーホールのミュージカルワークショプが新しいスタイルでスタートして三年目を迎えます。私は「...

[ 岡山シンフォニーホールミュージカルワーク ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ