吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-19 

べートーヴェン第九合唱【初めて歌う方の不安をどうするか】❸

初めて第九を歌われる方の不安な気持ち。わかります。
誰でも最初は随分困られて、工夫して練習されたことだと思い
今年ははじめにその練習それぞれの工夫や舞台に立った時、その後の感想などを
話していただきました。
とても貴重な生の声。ありがとうございました。

練習の方法、工夫

パートのCDや稽古の録音などを利用して練習しておぼえていった。
中にはカセットテープで巻き戻しを何度もしながら練習された方も。

ここ岡山では車での移動の方が多いですが、車の中ではいつも聴くように
心がけたという方も多かったです。中には犬の散歩の時に聴いていらっしゃるようです。
くれぐれも車などに気をつけてください。

「巻き舌ができなかったが、自転車に乗りながら練習するとできるようになった
ドイツ語に限らず、他の言語で歌うとき、r の巻き舌が重要になってきます。
できるといいなあ、と思ってらっしゃる方は諦めずに練習してみてください。
この方はかなり自転車に乗りながら、通勤時間に頑張ったそうです。
私も大学生の時にできるようになりましたが
自転車に乗れるようになったらずっと乗れるように、一度習得したら
ずっとできます。できるまで始終 r を言ってた思います。息のスピードや強さ
舌の細やかな動きなどが関係しているのでとにかくやってみましょう。

「オーケストラの入ったCD(練習用ではなく)をよく聴くようにしている」
これも大事ですね。私たち合唱の歌うところはトータルでいうと
実はとても短いのです。でも、合唱前にソリストの歌唱があったり
オーケストラの低く静かな部分、闘うような部分なども魅力があり、
聴いておくと全体が見えてくるので是非聴いて欲しいです。
また、四楽章だけでなく一楽章から三楽章までも是非。
これはもしも第九をはじめて聴きに行かれる方にもお勧めです。
ちょっとだけでいいから予習していくと楽しみの幅が広がります。

第九の合唱についての想いや本番を終えて感じたこと


「5回目の参加でも毎回初心者のつもりで参加している」という方。
これはやはり期間毎年9月から12月と決まっているので
9月の練習開始、発会の式で気持ちを初心に戻してあらためてスタートしていくことができます。

「ちゃんと歌えるようになるまでに最低でも三年はかかると思う」というご意見も。
そうです。一年目でも達成感はありますが、完成度は三年目の方が高く
細部がよくわかってくるのではないでしょうか。

「健康のバロメーターに思っている」
長い練習、特に夜の稽古が多いですから
仕事の後であったり、家族の食事のことなどの準備、また稽古の間には立ったまま歌うこと
また、本番の前の日の指揮者合わせやオーケストラとの合わせ。
当日も本番の前に一度歌います。待っていることも多く、移動も階段を使ったり、と
健康であることが実感できるのではないでしょうか。


途中で病気や家族のことで出られなくなって諦めた経験を持つ人も多いことがお話から
わかりました。ご自身が元気であってもご家族の体調や突然のことで
出られなくなることもあるのです。

そしてこの実感のこもった感想とこれからに寄せて


「オーケストラで歌ったあんな幸せ、他にない」
「なるようにしかならないので楽しもう!」
「終わった時の感動が忘れられない それは次につながっていく」

ますます皆さんとの合唱稽古が楽しみになってきました。
ありがとうございます。そして、毎回の稽古、私も大切に精一杯努めさせていただきたい。
私も初心に戻って!

第九 本

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

コーラスは達成感が魅力

歌は聴くもの、と思っていましたが、ある人に誘われて吉井先...

A.A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
楽屋での過ごし方 ギリギリまで楽譜を確認することを伝えたら〜親子deクラシックより〜
イメージ

先月の終わり、岡山シンフォニーホールで行われた「親子deクラシック」指導を担当している「ミュージカルワーク...

[ やっぱり楽譜 ]

いきいき健康ボイトレ 本日の禁酒会館での様子
イメージ

岡山市内の中心部にある禁酒会館。大正十二年に建てられたこの素晴らしい建物の二階の集会室で、7月から健康ボイ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ