吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-18 

ベートーヴェン第九合唱【初めて歌う方の不安をどうするか】❷

ベートーヴェン第九ベートーヴェン交響曲の合唱の指導を担当して十年以上が経ちましたが
何度も思うことがある。
「第九を歌うのはやっぱり難しい」という気持ちだ。
技術的に難しいということである。

いつも会う人ごとに「本当に素晴らしい経験をすることができるから
ご参加ください。待っています」と言ったり書いたりしているけど
簡単なことではないことはわかっている。

今年も数人お誘いした人の中には
「難しくて無理かもしれない」「どうしたらいいのか?」と練習が始まってから
ご連絡くださる方も多い。
それではと、今まで何度か歌って来られた方に、
どのような工夫をして本番の日までを過ごしたかを話してもらうことにしてみた。

先週の稽古では、第九に何度も参加している方、
2回目、3回目などの方から少しずつ練習のコツやアドバイスをいただいて実は私は感動した。
そんなに頑張ってくれていたんだ、、、と、とても嬉しく思った。
指導者ができることは少ない。あとは自分での練習しかない。
そして、やっぱりいつも思い出す言葉は
以前合唱指揮で来ていただいてた大阪の岩城拓也先生のおっしゃったことばだ。
「第九を歌うのは本当に難しいことやねん。だから毎年毎年歌って
できるところを増やしていくんや」という
先生の言葉が胸に残っている。

今まで参加してくださった方の多くは、今の形で岡山の第九の演奏会が開催される
それよりもずっと前からの継続の方だ。
実はその頃、私も大学を出てすぐの時にオーディションを受けて合唱団員ちして参加しようと
したことがある。オーディションに受かり、アルトの合唱練習に少し参加したのだが
その時は卒業後すぐで音楽の仕事は1つだけだったので
実はアルバイトをしており、一日中の立ち仕事の上、
残業もあったので間に合わず、参加が難しくなった。
やっぱりきちんと練習には参加しないといけない。
だから途中で辞退させていただくことになったので非常に残念に思っていた。

大学で第九の授業を受けたり、よそで合唱団員として歌ったりした時はピアノ伴奏。
ピアノ伴奏でしか歌ったことがなかったのである。
オーケストラと第九を歌った経験は指導を始めてからだ。
同じ舞台で一楽章から三楽章までオーケストラを聴き(途中で入場するパターンもあります)
第四楽章になってやっと歌える。その経験は四十代になって初めてのことだったのだ。
(他の宗教曲などでは経験がありました)

また、三十代の中程の時に「第九のピアニストが足らないの」という
電話をいただいて、数回だが練習にピアニストとして参加したことが何年かある。
しかし、とても全体合わせで弾かせてもらうような勇気はなかった。
それほど実は第九のピアニストの仕事は難しいと思う。
弾くのには高い技術を要する。それはピアノ曲用にピアノで弾くことだけを目的とした楽譜ではないからだ。とても難易度が高い。
合唱団員の皆さんの練習が始まるまでにオケの部分を練習してくれている
稽古ピアニストの皆さんにはとても感謝している。

誰でも最初ははじめてで、スムーズに進まないことはある。
ましてやそんなに難しく、奥が深い「第九」ですもの。
次では具体的な練習の方法や、歌い終わった時の感動などの声をご紹介いたします。

昨年の指導様子です

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

合唱クラブに参加して

合唱。これが楽しみです。頑張って来ています。 コンサートに...

M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
楽屋での過ごし方 ギリギリまで楽譜を確認することを伝えたら〜親子deクラシックより〜
イメージ

先月の終わり、岡山シンフォニーホールで行われた「親子deクラシック」指導を担当している「ミュージカルワーク...

[ やっぱり楽譜 ]

いきいき健康ボイトレ 本日の禁酒会館での様子
イメージ

岡山市内の中心部にある禁酒会館。大正十二年に建てられたこの素晴らしい建物の二階の集会室で、7月から健康ボイ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ