吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-13  最終更新日: 2017-09-14

童謡や唱歌の作詞者、作曲者 歌詞における漢字について

童謡、唱歌、愛唱歌を歌うとき、言葉の意味がわからないことが多いです。
また、漢字が普段使うものではないもの、場合によっては読めないような漢字が使われています。
それに加えて、人名はとても読みにくい。

歌の勉強だけど、「国語の勉強になる」と言うことがよくわかります。

日本は江戸時代は鎖国で、その後は明治という近代化の時代、
西洋を受け入れながら「日本」の文化を発展させていくのに、歌が重要なものとして扱われていた様子。
日本語と「唱歌」をめぐる歴史とはどんなことだったのか。

日本の唱歌は、どのように歴史の中で生まれて行ったのだろうか。
数々の唱歌の作詞に関わった伊沢修二、稲垣千頴(ちかい)などの方たちは、
日本語も同時に模索したと言われています。
唱歌と国語の発展については日本の歴史の中でどのように進んでいったのか?
「知りたい」と言う気持ちが大きくなる。
そして「この素晴らしい日本の歌を歌い継いで行きたい」と言う気持ちが溢れてくる。

最近はパソコンや携帯電話機器などのおかげでとても便利になりましたが
漢字が書けなくて筆が進まないことが多くないでしょうか?
私は恥ずかしながら漢字がかけずに
思わずスマートフォンで漢字を打ってみて、それから紙に書いたりするようなこともあります。

童謡や唱歌、特に唱歌の楽譜を見ると、読めない漢字や意味がよくわからない言葉がいっぱいあります。
楽譜の中にあるものすべて、楽語も含めて全部わかるようにするにはちょっと時間が必要ですが
調べがいがあります。

子供の頃に、先生や家族に教えてもらって、楽譜や歌詞を見ずに耳コピーで覚えた曲も
楽譜や歌詞を見てみると、ああ、こういうことだったのか。と思うこともあり
とても面白いです。
子供の頃に「はるこうろうのはなのえん」と意味もわからず歌っていて
「はるこう」って?「めぐるさ かずき」って?と思いながら、覚えた通りを歌っていましたが
「春高楼の花の宴 めぐる盃」と歌詞を見てやっと理解できたことも思い出します。
日本語の歌詞は縦書きで書いてあることが多いので
それもポイントです。
歌の勉強は奥が深い。おすすめです。



西條八十編集

古本屋さん(大学町 ながいひる  さんで見つけました)で
西條八十(やそ)さん関連の歌集を見つけて嬉しくて購入しました。
(ブログより岡山市北区大学町(大学病院すぐそば)ながいひるさんへ行った日
尋常小学唱歌などはインターネットのオークションなどを利用して探しています。
八十(やそ)さんもなかなか読めませんね。苦労をしないようにと「九」を抜いて、
8、10という数字をお名前につけられたらしいです。
一番難しい漢字の方は 松島彝さん。さて、どう読みますか?

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

合唱クラブに参加して

合唱。これが楽しみです。頑張って来ています。 コンサートに...

M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

自己紹介のとき、一回できちんと名前を聞き取ってもらえるようにするには【子音をはっきり発音する】
イメージ

自己紹介は得意ですか?自己紹介では最初に名前を言うことが多いですがその名前が聞き取れないことが多いと...

[ 声について ]

新しい講座がスタートします 山陽新聞カルチャー本部教室 体験レッスン11月18日開催
イメージ

岡山市北区柳町にある山陽新聞本社ビル内の山陽新聞カルチャープラザ。2011年から「歌って健康いきいきライ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ