吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-10-09  最終更新日: 2017-10-10

音楽のシーンでは教える時も演奏する時も服装は大事【衣装選びから】

衣装のこと、音楽の世界ではとても大切なこと。
なんだ、当たり前のことを言う、というご意見もあると思いますが
教える時や人前に立って何かをする、話す時の服装、ドレスほどではないけど
普段着のままではいけない時
その服装選びも仕事には大切なことだと思います。そして結構難しい!
手間を惜しまないこと。これが仕事獲得につながっていきます。

以前、あるところで会が開かれ、ある講師が演奏することになりました。
もちろん事前にその話は伝わっていました。
小さな会場です。ドレスを着用するほどの必要はない会と言うのは結構難しい。
その方は普段着そのままで演奏をされました。
パンツや上衣が少しくたびれた印象の普段着だったのです。
家からそのまま来られた様子の服装。
靴もあまり綺麗ではないスニーカーのまま。ちょっとだけ違和感を感じました。

ほんの少しの段差があるだけとはいえ
楽器の演奏を人前でするのですから、いつものままではよくないかもしれません。
ちょっとの時間ではありますが、人の前に立つからには
清潔感やマナーは大事ではないかと。

そして、例えば私は大学の先生から「レッスンを受ける時はジーパンはだめ!」
と強く言われていましたが、それは30年以上も前のことで
ジーンズも似合って入れば良いし、清潔で、個性を生かしたおしゃれをしていれば
構わないのではないかと思います。

要するに、その人に似合っていて、そして清潔感があるもの。

毎日のように講座で受講生の前に立ちますが
やっぱりちょっと考えて衣装を選択しています。
私は体がかなり太いので、なんでも似合うわけではない。
自分に似合うもの、を心がけています。

音楽の仕事の現場ではいつも上機嫌でキラキラしていたい、と思いませんか?
服装はそれを上手に演出してくれると思います。

子供さんのレッスンをする時も
「ピアノの先生」って特に夢がないといけません。
ピアノを頑張って先生のようになるんだ、と言う
希望あふれる子供にとっての憧れの存在でいたいですね。
もちろん、指導の内容も性格も大事ですが。

家でレッスンしている先生も、家着そのままではなく
ちょっと着替えたり、何かちょっと(スカーフなど)足したり、口紅を塗り直したり、
アクセサリーをつけたりして
レッスン=お仕事への切り替えをすると魅力がアップ。

私は失敗したことがあります。娘たちの授乳が必要だった時期のことです。
出張レッスンに行くのに、つい、授乳しやすい上衣のままで、下のスカートだけ履き替え
出かけてしまいました。
小学生低学年の生徒が「先生、いつもとちょっと違うねえ」と言い
お母様も「赤ちゃんがいるとどうしてもそういうのになるのよ」と説明。
ああ、そうか、それまでの服装と違いすぎたかもしれないな、と思いました。
子供は敏感です。

ピアノや歌を教えるシーン以外にも音楽の現場に出たときにも注意が必要になります。
舞台の裏方をするときは黒っぽくて動きやすい服装にかかとの低い靴。
特に靴は大事だと感じます。コツコツと音がしないものが望ましいです。
発表会の受付などを頼まれたら、それに合った服装も。

それぞれのシーン、TPOに合わせて洋服選びも楽しみながら。

王様と私 スカート
この赤いスカートは私が二十代の時に演奏会で着用したものですが
この度11月の岡山シンフォニーホールで行われる公演の中でミュージカルワークショップの
受講生が着て出演します。何十年もタンスで眠っていた衣装が活用できて嬉しいです。
「王様と私」の中のいくつかのシーンを受講生たちが歌い、踊ります。

岡山シンフォニーホール 親子deクラシック

秋吉光恵さん 1

秋吉光恵さん
ファミリーコンサートでの秋吉光恵さん。
颯爽とサングラスに背中にヴァイオリンで現れましたが
内輪でのコンサートでもきちんとドレスを用意されていました。
「着替えるのは面倒くさい」と思ってもやってみるとそうでもないかもしれません。

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

合唱クラブに参加して

合唱。これが楽しみです。頑張って来ています。 コンサートに...

M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
11月19日朝、青森放送ラジオで「点字のラブレター」を聴いていただけます
イメージ

明日、11月19日日曜の朝、6時40分から7時の間の番組RAB青森放送ラジオの「耳の新聞」で番組の担当をされる板橋...

[ 作曲 ]

岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ29年度受講生が出演「親子deクラシック」
イメージ

11月26日 岡山シンフォニーホールで「親子deクラシック」が開催され、今年度の受講生が「王様と私」から三...

[ ミュージカルの指導 ]

大きな声で声援【おかやまマラソン】大きな声を出すチャンス
イメージ

今年こそは!と、日曜の早朝から起きて支度しておかやまマラソンのコース上の道へ向かいました。あまり普段はマ...

[ 声について ]

自己紹介のとき、一回できちんと名前を聞き取ってもらえるようにするには【子音をはっきり発音する】
イメージ

自己紹介は得意ですか?自己紹介では最初に名前を言うことが多いですがその名前が聞き取れないことが多いと...

[ 声について ]

新しい講座がスタートします 山陽新聞カルチャー本部教室 体験レッスン11月18日開催
イメージ

岡山市北区柳町にある山陽新聞本社ビル内の山陽新聞カルチャープラザ。2011年から「歌って健康いきいきライ...

[ ヴォイストレーニングで誤嚥性肺炎予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ