吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

コラム

 公開日: 2011-01-27  最終更新日: 2018-01-08

【声を大切に】喉の調子の整え方。予防。


スーパーマーケットで買い物をしてきました。
入ってすぐの野菜と果物のコーナーに金柑がたくさん並んでいました。
もちろん、そのままでも食べられるのですけど
今日は蜂蜜も買いまして、こんな夜遅くに煮ております。
きんかんは昔から喉にいいと聞きますね。
焦がさないように気をつけながらパソコンに向かっています。

この季節。乾燥しています。
風邪をひきやすい季節ですね。
ひどくなると喉も痛いし声も出なくなってきます。
風邪かな?喉がおかしいかな?って思ったらなるべく早く対処した方がいいですね。
私の仕事は歌ったり喋ったりすることが多いですからとても気をつけています。
風邪にも気をつけないといけないですが、長時間練習してのどがすっかり調子悪くなることもありますよね。
やはり予防と早めの対処が大切だと思います。

ここで私が日常気をつけていることを少し書かせていただきます。

まず、当たり前のことかもしれませんが
外から帰ったらうがい、手洗いを念入りに。
また、寝る時には口にテープを貼り、のどの乾燥を防ぎます。

もし少しでも喉に違和感を感じたら大きな声を出さない。静かに過ごす。
もちろん歌の練習もしない方がよいです。

そして、このことがとても大切なのです。
それは、「音楽を聴かない」ということ。
音楽を聴くと、特に知っている歌、好きな歌だったりすると
実は声は出さなくても声帯が一緒に歌ってしまうんです。
だから、黙っていることと、なるべく無音で過ごす。
それからマスクをする。

あとは、悪化しないうちにお医者さんに行く。
薬を飲む。
暖かくしてゆっくり過ごす。

睡眠不足もよくないです。睡眠時間の不足は喉にもお肌にもすぐに影響が出てしまいます。

喉のケア。日々気をつけてみてくださいね。

吉井江里HP
ブログ
コラム索引ページ
講座案内

この記事を書いたプロ

ソット・ヴォーチェ [ホームページ]

教師 吉井江里

岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL:090-4147-4303

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
音楽の楽しさを語る吉井さん

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(1/3)

 「たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えたい」と話すのは、「吉井江里音楽教室」(事務局:岡山県岡山市北区丸の内 岡山禁酒会館3階)を主宰する吉井江里さん。 「すべての音楽の基本は歌うことにあると考えています。みんなで一緒に歌うことで、最高に...

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生のピアノが好きです

吉井先生の講座に参加して2年ほど経ちますが いつも先生の素...

k
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
岡山シンフォニーホール ミュージカルワークショップ 楽しむコースの魅力 1
イメージ

岡山シンフォニーホールのミュージカルワークショプが新しいスタイルでスタートして三年目を迎えます。私は「...

[ 岡山シンフォニーホールミュージカルワーク ]

春の講座案内 第1、3水曜日午前中 山陽新聞カルチャー本部教室「歌って健康いきいきライフ」
イメージ

2011年4月に開講した、山陽新聞カルチャー本部教室の「歌って健康いきいきライフ」おかげさまで受講生は最初から...

[ 講座 ]

指揮者の背中ではなくて、、、【第九の合唱に参加して嬉しかったこと】
イメージ

今日は三月十五日。七十二候では青虫がモンシロチョウになって羽ばたく時期になりました。春になるとお問い合わ...

[ ベートーヴェン第九 ]

仕合わせ【めぐりあい】 音楽を通して出会った人との絆
イメージ

中島みゆきさんの「糸」の歌詞の中には「仕合わせ」という言葉が出てきます。曲の一番最後に「人は仕合わせと、...

[ 元気で長生きしたい!その願いを叶える為に ]

本当に深刻なのは高齢者より若い世代の声のこと
イメージ

私の家族の中にはIT関連の仕事に就いている者がおり、まだ新人の社会人のこの家族にどんな風に働いているのか今...

[ 声について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ