吉井江里

よしいえり

ソット・ヴォーチェ

[ 岡山市北区 ]

職種

プロTOP:吉井江里プロのご紹介

ピアノの生伴奏に合わせて歌い、楽しく健康に(2/3)

指揮者や講師として活躍中

みんなの呼吸を一つにするピアノ伴奏のよさを体感して

 「音楽のあふれる生活を皆さんにお届けしたい」という信条を胸に指導を続ける吉井さん。幼少の頃からピアノを習い、小学校3年生の時に合唱団に入団。山陽女子高校の音楽科を経て国立音楽大学の教育音楽学科へ。両校の在学中に合唱やピアノ、声楽をしっかり習得しました。卒業後、27歳で結婚し、主婦の傍ら子どもを対象にピアノや歌のレッスンを始めました。ところが2008年にご主人が他界。2010年から「仕事として」本格的にピアノと声楽のレッスンをスタートしたといいます。

 そんな吉井さんがライフワークにしているのは、毎年12月半ばに岡山シンフォニーホールで大合唱するベートーベンの『第九』の指導。毎年6月に募集を開始し、9月にオーディション。年末に披露する。「厳しい練習を重ね、第九を歌い切ったときの達成感は何ものにも替えがたいものがあります。歌わないと年を越せないほど」と笑顔で話す吉井さん。吉井さんにとっては非常に思い入れのあるイベントで、「私にとっては『ベートーベン第九の合唱指導者』だということが誇りなんです」。

 また第九の合唱団のみならず、現在レギュラーで5つの合唱団の指揮・指導もしています。「歌を歌うとストレス解消になりますよ。さらに大勢で歌えば楽しくてイキイキします」。合唱団には40~80代の男女約10~30人がそれぞれ所属しており、最年長は90代。生伴奏なら呼吸に合わせることもできるので、みな気持ちよく歌えるのだそう。「呼吸は、心。皆さんの心に寄り添いながら伴奏しています」と吉井さんは話します。

<次ページへ続く>

【次ページ】 音楽を通じて、心豊かな人生を送ってほしいから

最近投稿されたコラムを読む
吉井江里担当の講座案内

・山陽新聞カルチャー天満屋教室「心を癒すなつかしの童謡、唱歌、愛唱歌」第1、3木曜日の午前10時半から12時迄「吉井江里のピアノで歌おう パーソナルレッスン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

吉井江里プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心に合わせたピアノ伴奏で笑顔になれる歌唱を指導します

会社名 : ソット・ヴォーチェ
住所 : 岡山県岡山県岡山市北区丸の内1-1-15(岡山禁酒会館3階) [地図]
TEL : 090-4147-4303

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4147-4303

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

歌いに行くのが楽しみです。

歌は幼い頃から好きなのですが、なかなか歌う機会はありませ...

K.K
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップ 新年度のお知らせ(2017年4月より)
イメージ

岡山シンフォニーホールミュージカルワークショップについて[[新年度の詳細 オーディション情報など http://w...

[ ミュージカル ]

どうして第九を何度も歌うの?飽きないの?
イメージ

どうして何回も第九を歌うのか?飽きないの?ベートーヴェンの交響曲第九番が日本中あちこちで演奏され、大...

[ ベートーヴェン第九 ]

いきいきシニアライフ 6 ワクワクすることを見つけて出かけて行こう
イメージ

はじめの一歩を踏み出すのは大変なこと。家でゆっくりゆったりと過ごすのも決して悪いことではないですが楽し...

[ 介護予防 ]

いきいきシニアライフ 5 女子力アップのアクセサリー作り
イメージ

私の講座に来られる方の多くが女性です。女性の皆様は手作りが大好きです。中でも編み物とブローチ作りは人気...

[ 介護予防 ]

いきいきシニアライフ4 コラージュは手軽に達成感を得られます
イメージ

前回は「メモ魔になろう」というテーマでお伝えしたシニアライフの楽しみ。前回のシニアライフのコラムメモを...

[ 介護予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

吉井江里のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は吉井江里さんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2017-02-20
facebook
Facebook
ページの先頭へ