コラム

 公開日: 2017-12-30 

年末のご挨拶…2018年『戌年』とは…

2017年も残すところ、あとわずかとなりました。
今年は、せとうち花倶楽部では、毎年行われます『クラフトフェスタ』に加え、『中国四国九州押花アート展』の開催地としてのお役目を果たすことができました。これも、せとうち花倶楽部に所属の先生方、受講生の方々、ご協力下さいました皆様方のお蔭だと感謝しております。


本年度、皆様に賜りましたご厚情に暑く感謝いたしますとともに
来年度も変わらぬご指導のほど 宜しくお願いいたします。


【 2018年『戌年』とは… 】
来年2018年は『戌年』ですね…「戌」は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)で、草木が枯れる状態を表しているとされ、後に、覚え易くするために動物の犬が割り当てられたのだとか…実際は「まもる」「植物が育っていき、花が咲き、実をつけ食べごろが過ぎた後、自分の実を落として、本体の木だけは守る」という意味だそうです.

・犬は社会性があり、忠実な動物。人との付き合いも古く、親しみ深い動物ですね。
・戌の干支の特徴として、“勤勉で努力家”なんだそうです。

新年度は、既存のお客様方を守り、信頼と発展へとつながっていきます様、より一層努力して参ります。


2018年1月9日(火)より通常営業いたします。
来年度もせとうち花倶楽部を宜しくお願い致します。
新年も皆様方にとって良いお年となりますように…

この記事を書いたプロ

せとうち花倶楽部

大中英嗣

岡山県岡山市北区今3-20-27 [地図]
TEL:086-242-6116

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
アイテム紹介
イメージ

【 ガラスフュージング 】とは・・・複数枚のガラスを重ねて溶かして一体化させ、アクセサリーやお皿など、美しいガラス作品を作ります。ガラスの組み合わせにより...

作品紹介
イメージ

クレイクチュールで作るつまみ細工風 扇作りクレイを使って、まるでちりめんで作ったような”つまみ細工風モチーフ”色彩豊かで愛らしい”つまみ細工風モチーフ”は...

 
このプロの紹介記事
大中英嗣 おおなかひでじ

「手芸の楽しさを多くの人に伝えたい」事業を継承し、各種手芸の普及に努める(1/3)

 最新の手芸を岡山で紹介し、多くの資格取得の指導者、愛好者を増やしている「せとうち花倶楽部」。代表の大中英嗣さんは、「手芸の楽しさ、ものづくりの楽しさをもっと多くの人に伝えたい」と、資格取得指導者の育成や愛好者への教室紹介、イベントの企画な...

大中英嗣プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

趣味をいかした資格取得、育成のプロ

会社名 : せとうち花倶楽部
住所 : 岡山県岡山市北区今3-20-27 [地図]
TEL : 086-242-6116

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-242-6116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大中英嗣(おおなかひでじ)

せとうち花倶楽部

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ガラスで作ったアクセサリー
イメージ

昨日のセミナー☆ガラスフュージング資格取得講座 5回目/8回9月から始まったこの講座も早いもので、もう折り返...

[ ガラスフュージング岡山県事務局 ]

クレイ(樹脂粘土)で作るつまみ細工風 扇飾り
イメージ

本日のセミナー☆クレイクチュール セミナーNO.10『つまみ細工風 扇飾り』今日は、せとうち花倶楽部では、...

[ クレイクチュール岡山県事務局 ]

2018年 新春のご挨拶
イメージ

≪ 新春のご挨拶 ≫ 2018年度皆様 新年あけましておめでとうございます。昨年の皆様のご活躍に感謝し、本年...

[ ご挨拶 ]

ワンショルダーBAG作り 特別講座
イメージ

本日のセミナー☆ワンショルダーBAG作り 特別講座(人気のボンディング生地を使ったオリジナルBAG)今日は...

[ アートプリント岡山県事務局 ]

季節を楽しむ植物標本☆
イメージ

昨日のセミナー☆プラントアート資格取得講座 第二期生最終日~日本ヴォーグ社認定講座~昨日は、せとうち花...

[ プラントアート岡山県事務局 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ