コラム

 公開日: 2016-03-10  最終更新日: 2016-04-09

上品なインテリアが作れる『 フレンチデコ 』体験会

上品なインテリアが作れる「フレンチデコ」体験会

美しい布を縫ったり、貼ったりしておしゃれで上品なインテリアアイテムが作れる「フレンチデコ」。
桐箱を使った茶箱を作る『フレンチデコ』体験を開催。

フレンチデコ 茶箱
●日時:2016年4月9日(土)
①10:00~12:30 ②13:30~16:00
●定員:各回10人
●会場:第一セントラルビル1号館 5階C会議室
(岡山市北区本町6-36)
●受講料:2500円(材料費含む)
●持参品:カッターマット、裁ちばさみ、金定規(約30cm)、刷毛(3~4cm)、水性チャコペン、手芸用ボンド、鉛筆またはシャープペンシル。

フレンチデコ
※2016年5月21日より『フレンチデコインストラクター資格取得講座』スタート!
http://mbp-okayama.com/setouchi-hanaclub/seminar/1441/

POINT※1
わかりやすいカリキュラム
POINT※2
資格取得講座で憧れの先生になる
POINT※3
特別価格で教材が購入できます

今人気の房飾り・タッセルやソフトファニシング、フランスの伝統的な手芸・カルトナージュなど幅広いテクニックを応用した作品づくりが学べます。

●申し込み&お問い合わせは、せとうち花倶楽部 まで
(TEL:086-242-6116)

この記事を書いたプロ

せとうち花倶楽部

大中英嗣

岡山県岡山市北区今3-20-27 [地図]
TEL:086-242-6116

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
アイテム紹介
イメージ

【プラントアートとは…】○好きな植物で標本を作る。○出来上がった植物標本をインテリアに取り入れる。○樹脂に閉じ込めれば素敵なナチュラルアクセサリー。プラ...

作品紹介
イメージ

ガラスフュージングで作ったオリジナル時計☆ガラスフュージング資格取得講座人気の作品です。資格取得講座にて制作致します。【 ガラスフュージング 】とは...

 
このプロの紹介記事
大中英嗣 おおなかひでじ

「手芸の楽しさを多くの人に伝えたい」事業を継承し、各種手芸の普及に努める(1/3)

 最新の手芸を岡山で紹介し、多くの資格取得の指導者、愛好者を増やしている「せとうち花倶楽部」。代表の大中英嗣さんは、「手芸の楽しさ、ものづくりの楽しさをもっと多くの人に伝えたい」と、資格取得指導者の育成や愛好者への教室紹介、イベントの企画な...

大中英嗣プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

趣味をいかした資格取得、育成のプロ

会社名 : せとうち花倶楽部
住所 : 岡山県岡山市北区今3-20-27 [地図]
TEL : 086-242-6116

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-242-6116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大中英嗣(おおなかひでじ)

せとうち花倶楽部

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
プレモを使ってかわいい文房具作り体験会
イメージ

『 プレモを使ってかわいい文房具作り体験会 』今人気のクレイクチュールの楽しさを体験しませんか?プレ...

[ クレイクチュール岡山県事務局 ]

短期資格取得講座 ~2017年秋開講講座一覧
イメージ

せとうち花倶楽部では、趣味を生かして資格を取得し、より多くの方々に手作りの楽しさを伝えて下さる方々を応援し...

[ 資格取得講座 ]

中国・四国・九州 『 押し花アート展 』 
イメージ

中国・四国・九州 『 押し花アート展 』 中国地方・四国地方・九州地方でご活躍の押し花インストラクター...

[ 押し花岡山県事務局 ]

中国四国九州押花アート展 2日目
イメージ

中国四国九州押花アート展☆二日目二日目の今日は昨日のテレビを観てきました~♪と言うお声もたくさん頂きま...

[ 押し花岡山県事務局 ]

押花アート展開催 テレビ取材
イメージ

昨日から、中国四国九州押花アート展がスタート致しました。初日の昨日は、テレビやラジオの取材が入り、押し花...

[ 押し花岡山県事務局 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ