コラム

 公開日: 2011-05-21 

007☆決算月はどのように決めるといいか?

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。

私たちが運営する「SCB会社設立・決算サポートセンター岡山(http://www.sks-scb.com)」では、“0円設立”と“節税・保険・資金調達”で、お客様の「得する会社設立」を全力でサポートしています。

今日は、会社設立において、決算月はどのように決めるといいか、を考えてみましょう。

個人事業では、会計年度(事業年度)は暦年(1月1日~12月31日)と決まっています。つまり、12月決算ですね。

しかし、会社の場合には、決算月は自由に決めることが出来ます。

まずは、決算月を会社の繁忙期から避けることが必要です。
出来れば、決算月自体ではなく、決算月終了後、法人税申告までの2か月間が忙しくなることを考慮する必要があります。

あわせて、在庫の少ない時期が、決算月になるように配慮します。
スーパーや百貨店などの小売業に2月決算が多いのは、在庫の一番少ない時期を決算月としているためです。

国税庁の統計では、20%程度の会社が3月決算を採用しています。
国や地方公共団体などの自治体、社会福祉法人などの公益性の高い法人などは、3月決算と決められていることが影響しています。

しかし、これから会社を設立されようとされる方は、3月決算はなるべく避けた方がよいと思っています。

一つ目の理由は、会計事務所の対応が悪くなります(笑
物理的に、3月決算が圧倒的に多いわけですから、3月決算の会社に対応する時間が短くなってしまうのは当然です。

二つ目の理由は、出来るだけ第1期目を長くなるように設定してほしいからです。
これは、特に消費税免除の措置期間を最大限活用するためです。

これは実際にあった、笑えない事例です。
決算月を9月に決めて、会社設立に必要な書類をすべて整えて、10月に入ったら、法務局に設立申請を行う予定でした。
しかし、あまりに順調に資料が揃ったために、司法書士の先生が(気を利かせて・・・)9月の下旬に、法務局に会社設立の申請を出してしまいました。
その結果、この会社の第1期は、数日間となりました(泣
第1期目を、なるべく1年に近い(長い)期間を取ることに意味があるということを知らないと、実際にこういうことが起きるのです。
(この事例の場合、実際には、法務局に事情を話して、9月の申請を取り下げて、10月の申請を再度、受け付けてもらうことが出来ました・・・)

このように、決算月の設定は、これからスタートするビジネスそのものに、非常に影響を受けることを知っておいて下さい。
詳細については、是非、私たちに相談して頂くことをおススメします。

“0円設立”と“節税・保険・資金調達”についても、「得する会社設立」の無料相談を受け付けています。お気軽にお問合せください。 

【SCB会社設立・決算サポートセンター岡山・おすすめサイトページ】
会社設立の流れ  ⇒ http://www.sks-scb.com/110/11030/
サポート別料金表 
 ★スタンダード(実質0円)プラン ⇒ http://www.sks-scb.com/110/11012/
 ★スピード設立(最短3日)プラン ⇒ http://www.sks-scb.com/110/11010/
 ★設立費用・完全0円設立プラン  ⇒ http://www.sks-scb.com/110/11005/
 ★会社設立+融資サポートプラン  ⇒ http://www.sks-scb.com/110/11015/
お問い合わせ   ⇒ http://www.sks-scb.com/contact/

この記事を書いたプロ

(株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所 [ホームページ]

公認会計士 宮﨑栄一

岡山県岡山市中区桑野713ー10 [地図]
TEL:086-274-6177

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演実績・参加者の声
イメージ

未来決算書による財務勉強会(社内研修)

サービス・料金表

更新作業中

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮﨑栄一社長

~すべてはお客様の笑顔のために~ 未来会計・幸せ相続ナビゲーター(1/3)

 親しみやすい笑顔を絶やさない宮﨑さんは、自ら「中小の社長の応援団」と名乗り、中小企業の経営を「未来決算書」でサポートしています。「税理士・会計士は決算書類をつくるだけが仕事ではありません。そこから見える数字を経営に生かす手段をアドバイスし...

宮﨑栄一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

社会福祉法人新会計基準に精通し、27年度までの移行支援に強み

会社名 : (株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所
住所 : 岡山県岡山市中区桑野713ー10 [地図]
TEL : 086-274-6177

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-274-6177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮﨑栄一(みやざきえいいち)

(株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

未来決算書は、社員とのコミュニケーションツールになる!

未来決算書の中でも、経営の実態がビジュアル化されている『...

S
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
売上を上げ、お金を残す仕組みづくり! 【オープンセミナー】

【未来会計マスター協会 オープンセミナー】業績を上げたい中小企業の経営者の方へ。継続して集客し、売上...

[ 未来会計マスター協会 ]

すべての人が決算書を未来志向で活用できるように。 【協会を設立しました!】

【一般社団法人 未来会計マスター協会を設立しました!】■未来会計マスター協会とは「未来会計マスター協会...

[ 未来会計マスター協会 ]

【平成24年分】SCB年末調整実務セミナー2012を開催します♪
プロフィール写真

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。さて、今年も早いもので、年末調整の時期がやって...

[ SCBセミナー ]

未来決算書が海を渡ります♪【韓国語版への翻訳出版決定!】
イメージ

こんにちは♪創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。さて、今年の1月10日に発売した著書『未来決算書で...

[ 未来決算書で会社は儲かる! ]

012☆実質0円で設立サポートできる理由

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。私たちが運営する「SCB会社設立・決算サポートセン...

[ 得する会社設立@岡山 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ