コラム

 公開日: 2011-05-06  最終更新日: 2011-09-08

006☆相続税がかからないのに申告が必要?

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。

私たちが運営する「SCB遺言・相続サポートセンター岡山( http://www.yss-scb.com/ )」では、お客様の「幸せ相続」を全力でサポートしています。

今日は、相続税がかからないのに申告が必要な場合について考えてみましょう。

結果的に相続税はかからないけれども、そのためには申告が必要という場合があります。
これを「申告要件」といいます。

(1)小規模宅地の評価減の特例を受ける場合
これは、前回005で書きましたね。自宅の相続税負担は軽くしてあげよう、という制度でした。これも、実は申告書を提出することで受けられる特典なのです。

(2)配偶者に対する税額軽減を受ける場合
被相続人の配偶者が、遺産分割や遺贈により、実際に取得した正味の遺産額(財産-引き継いだ借金)が、次の金額のどちらか多い金額までは、配偶者に相続税はかかりません。

①1億6千万円
②配偶者の法定相続分相当額

この制度は、金額的にとても大きな特典です。配偶者がいる相続(いわゆる一次相続)で相続税がかからないのは、この制度によるところが大きいですね。
この制度も、申告書を提出することで受けられる特典なのです。だから、遺産分割協議で揉めないで、きちんと期限内(10ヶ月以内)に申告をするということが大事です。

さらに、お父さんが先に亡くなられるか、お母さんが先に亡くなられるかで、相続税のかかり方が変わってくるのがお分かりでしょうか。
通常、資産を有しているのがお父さん、お母さんはそれほど資産を持っていない、というケースが多いことを考えてみましょう。

もし、お母さんが先に逝去された場合。
お母さんには、相続税がかかるほど財産はありません(一次相続)。
そして、お父さんが亡くなられました。当然、基礎控除は受けられます(二次相続)。
しかし、お父さんが先に逝かれていたなら受けられたはずの「配偶者に対する税額軽減」がありません。基礎控除も2回受けられたはずです。当然、相続税の負担は軽かったはずです。

日本の相続税は、資産が次の世代に移る際に課税される制度ですが、資産家が先に逝き、次に配偶者が逝くという前提で課税の構造があります。

なので、夫婦間での財産の持ち方なども、生前贈与の問題など未来志向の戦略が必要となってくるのです。

生前贈与や資産運用で相続税のかかり方は変わってきます。二次相続まで考慮した相続税の試算など無料相談を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

【過去のコラム】
001☆相続税がかからない方の相続の考え方 ⇒ http://mbp-okayama.com/scb824/column/1623
002☆亡くなられた方の財産はどうする? ⇒ http://mbp-okayama.com/scb824/column/1649 
003☆財産をもらえる相続人ともらえない相続人 ⇒ http://mbp-okayama.com/scb824/column/1652 
004☆相続財産はどうやって分けるか? ⇒ http://mbp-okayama.com/scb824/column/1653 
005☆相続税の簡単計算をしてみよう ⇒ http://mbp-okayama.com/scb824/column/1662


【私たちの運営サイト】
●SCB遺言・相続サポートセンター岡山   ⇒ http://www.yss-scb.com/  
●SCB会社設立・決算サポートセンター岡山 ⇒ http://www.sks-scb.com/
●社福経営サポートクラブ          ⇒ http://www.ssc-scb.com/
●創明コンサルティング・ブレイン公式サイト ⇒ http://s-cb.jp/

この記事を書いたプロ

(株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所 [ホームページ]

公認会計士 宮﨑栄一

岡山県岡山市中区桑野713ー10 [地図]
TEL:086-274-6177

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演実績・参加者の声
イメージ

未来決算書による財務勉強会(社内研修)

サービス・料金表

更新作業中

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮﨑栄一社長

~すべてはお客様の笑顔のために~ 未来会計・幸せ相続ナビゲーター(1/3)

 親しみやすい笑顔を絶やさない宮﨑さんは、自ら「中小の社長の応援団」と名乗り、中小企業の経営を「未来決算書」でサポートしています。「税理士・会計士は決算書類をつくるだけが仕事ではありません。そこから見える数字を経営に生かす手段をアドバイスし...

宮﨑栄一プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

社会福祉法人新会計基準に精通し、27年度までの移行支援に強み

会社名 : (株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所
住所 : 岡山県岡山市中区桑野713ー10 [地図]
TEL : 086-274-6177

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-274-6177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮﨑栄一(みやざきえいいち)

(株)創明コンサルティング・ブレイン/公認会計士・税理士宮﨑会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

目からうろこの決算書による経営診断でした!

いままでの税理士には、固定費は『とにかく下げろ!』と散々...

K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
売上を上げ、お金を残す仕組みづくり! 【オープンセミナー】

【未来会計マスター協会 オープンセミナー】業績を上げたい中小企業の経営者の方へ。継続して集客し、売上...

[ 未来会計マスター協会 ]

すべての人が決算書を未来志向で活用できるように。 【協会を設立しました!】

【一般社団法人 未来会計マスター協会を設立しました!】■未来会計マスター協会とは「未来会計マスター協会...

[ 未来会計マスター協会 ]

【平成24年分】SCB年末調整実務セミナー2012を開催します♪
プロフィール写真

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。さて、今年も早いもので、年末調整の時期がやって...

[ SCBセミナー ]

未来決算書が海を渡ります♪【韓国語版への翻訳出版決定!】
イメージ

こんにちは♪創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。さて、今年の1月10日に発売した著書『未来決算書で...

[ 未来決算書で会社は儲かる! ]

012☆実質0円で設立サポートできる理由

こんにちは。創明コンサルティング・ブレインの宮崎栄一です。私たちが運営する「SCB会社設立・決算サポートセン...

[ 得する会社設立@岡山 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ